イングリッシュカンパニーの3カ月全レべル対応コース(パーソナルトレーニング)の内容や効果、体験談まとめ。他のコースとの違いは何?

イングリッシュカンパニーのイメージ画像 イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニー全レベル対応コースは、3ヶ月間のマンツーマンコーチングコースです。

一般的なコーチングスクールでは、トレーナーの謳い文句が「海外経験が豊富」「TOEIC〇〇点以上」といったものであることが多いもの。

イングリッシュカンパニーのパーソナルトレーナーは、言語習得の科学「第二言語習得研究」を学んだ、英語の指導に秀でた講師を集めているのが特徴です。

本記事では、イングリッシュカンパニー全レベル対応コースの概要や他コースとの違い、受講者の体験談などを紹介します。

イングリッシュカンパニー全レベル対応コースの基本情報

イングリッシュカンパニーの運営元は株式会社スタディーハッカー。

90日間の集中トレーニングで、1年分の学習成果をあげると言われている全レベル対応コースの基本情報について、表にまとめました。

全レベル対応コースの基本情報
レッスン形態 マンツーマン
レッスン回数 90分×24
期間・料金
3カ月:495,000円
(1カ月165,000円)
入会金:50,000円
教材費:別途
教材 オリジナル、市販教材
公式 https://englishcompany.jp

(税抜き価格で表示)

なお、イングリッシュカンパニーのスクール全体の情報に関しては以下の記事を参考にしてください。

イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。
イングリッシュカンパニーは、レベルに関わらずパーソナルトレーナーをつけて、90日で1年分の英語力を上げると謳っている英語のパーソナルジム。 他にもレベル別に60日間のグループトレーニングを行っています。 90日で1年分を学ぶと聞...

イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。

期間・レッスン|3カ月/1回90分のマンツーマントレーニングを週2回

全レベル対応コースのレッスン期間は3ヶ月間。1回90分のマンツーマントレーニングを週2回受けられます。

他社と比較すると、たとえば大手コーチングスクールのライザップイングリッシュの3ヶ月コースでは、1回50分のレッスンが週2回。

イングリッシュカンパニー全レベル対応コースのトレーニング時間は、他社と比べて長めとなっています。

なお予約がいっぱいの場合、基礎固めをする最初の1ヶ月の段階では、複数人でレッスンを受けなければならなかったという話もあるので、気になる人は体験レッスンの段階で確認しておきましょう。

グループトレーニングが嫌だという人は最初に確認する方がいいでごんす。

プログラム内容|6項目(セッションは24回)

全レベル対応コースはコーチングプログラムなので、自分に合ったカリキュラム作成をしてもらい、レッスンだけでなく課題発見の分析を交えながら英語力アップを図るのが特徴です。

全レベル対応コースのプログラム内容は以下の通り。

  • トレーニングメニューのデザイン
  • トレーニングセッション45分間×48コマ
  • 自宅トレーニング進捗サポート(90日間)
  • トレーニングスペース利用
  • 自習用教材配信サービス(EC Prime スタンダードプラン)
  • オリジナル教材

トレーニングセッションは、簡単にいうとレッスンとカウンセリングのことです。

1回45分とありますが、毎回2コマ(90分)を続けて行うので全24回になります。

プログラム内容に関して、詳しくは「特徴」で説明するワン!

料金|3カ月で495,000円(1カ月165,000円)

全レベル対応コースの料金は以下の通りです。

全レベル対応コースの料金
3カ月:495,000円
(1カ月165,000円)
入会金:50,000円
教材費:別途

(税抜き価格で表示)

一般的なコーチングスクールの1ヶ月あたりの相場は15〜20万円程度。3ヶ月に換算すると45万円〜60万円ほど。

たとえば、大手ライザップイングリッシュの3ヶ月コースは528,000円(税抜)、プログリットは3ヶ月で468,000円(税抜)です。

イングリッシュカンパニーの全レベル対応コースは、教材費別で合計545,000円(税抜)なので、やや高めではあるものの、平均的な価格の中に収まっていると言えるでしょう。

全レベル対応コースは、トレーニングの時間が他社より多めになっているので、コスパはまずまずといったところでしょうか。

コーチングスクールはだいたいこんな感じでごんす。

他の60日間のレベル別のコースとの違いは?

ここでは全レベル対応コースと、他の60日間のレベル別コースとの違いをいくつかに分けて説明します。

トレーニングメニューはオーダーメイドで作成される

全レベル対応コースのカリキュラムは、生徒に合わせてオーダーメイドで作成されます。

人それぞれ抱えている課題や、どのように英語が使えるようになりたいかなどは違うもの。

たとえばカウンセリングを通して、生徒の課題が「発音の悪さ」だと判明した場合、以下のようなメニューをトレーナーは用意します。

  • ディクテーション
  • オーバーラッピング
  • シャドーイング

一方、リーディングのスピードが遅い生徒には以下のようなトレーニングを軸にプランを作成。

  • 音読
  • チャンク・リーディング
  • コンテンツ・シャドーイング

苦手分野や課題を最短距離で克服できるようなメニューを、「第二言語習得研究」の理論に基づいて個々に作成してもらえるのが全レベル対応コースの特徴です。

また、イングリッシュカンパニーはTOEIC対策のスクールではありませんが、生徒がTOEICアップを目指している場合、公式問題集の模擬試験3回分を解いて、そこから課題を細かく分析してもらったという受講者もいます。

一人一人に合わせた学習の仕方をするワン!

マンツーマントレーニングである

全レベル対応コースはイングリッシュカンパニーで唯一、マンツーマントレーニングが受けられるコースです。

他のコースは最大10名程度までのグループトレーニング。1週間あたりのトレーニング時間数も、全レベル対応コースが180時間で最長となっています。

マンツーマントレーニングは非常に人気のコースで、無料体験レッスンを受講後、レッスン開始まで数ヶ月待ちになることもあるようです。

まさかの待ちが発生するとは…思い立ったら即入会が吉でごんす。

トレーニングの中にカウンセリングがある

1日90分間のトレーニングに、カウンセリングの時間が設けられているのも全レベル対応コースの特徴です。

グループレッスンでは、トレーニングの時間は全て英語のレッスンに当てられるのでカウンセリングはなく、学習の進捗サポートも週に1〜2度程度。

全レベル対応コースのカウンセリングでは、その都度課題を発見してくれるだけでなく、改善されたポイントも指摘してくれます。

良くなった点を指摘してもらえたらやる気も出ますし、トレーニングに疑問があったら直接確認できるのもいいですね。

ちなみに全4ヶ月の中級インテンシブコースでも、後半の2ヶ月はカウンセリングを受けることができるワン!

90日間、毎日学習の進捗サポートが受けられる

全レベル対応コースの受講中は、毎日LINEで学習の進捗サポートを受けることができます。

レッスン内容のおさらいや宿題の確認ができるほか、毎日シャドーイングを録音してフィードバックを受けることも可能。

中級者向けコースにもシャドーイングのフィードバックサービスがありますが、2ヶ月で全16回、1週間に2回のペースと90日間コースに比べて少なめとなっています。

イングリッシュカンパニーのトレーナーは、物腰柔らかく丁寧な人が多いですが、ホームプログラムをやらなかったときなどは、進捗サポート上で厳しく指摘されることもあるようです。

一般教育訓練給付金制度の対象である

全レベル対応コースは、一般教育訓練給付金制度の対象となっています。

一般教育訓練給付金制度とは、一定の条件を満たせば、受講費(入会金+レッスン料金)の20%(最大10万円)が支給される制度のこと。

イングリッシュカンパニーで一般教育訓練給付金制度を受けることができるのは、全レベル対応コースと中級インテンシブコースのみとなっています。

条件の詳細については、以下の記事を参考にしてください。

イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。
イングリッシュカンパニーは、レベルに関わらずパーソナルトレーナーをつけて、90日で1年分の英語力を上げると謳っている英語のパーソナルジム。 他にもレベル別に60日間のグループトレーニングを行っています。 90日で1年分を学ぶと聞...

【マンツーマン・グループ】イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。

30日間返金保証制度がある

全レベル対応コースは、入会後30日以内であれば、入会金を除く全額返金補償が受けられます。

公式サイトによると、グループトレーニングを含むコースは対象外となっているため、実質全レベル対応コースのみのサービスです。

グループトレーニングと比べると、かなり高額になる全レベル対応コースで返金保証があるのは安心ですね。

もし合わなくても30日以内ならお金が返ってくるでごんす。

全レベル対応コースのトレーニング内容例

ここでは、全レベル対応コースの特徴的なトレーニング内容をいくつかピックアップして紹介します。

単語の暗記

全レベル対応コースでは、ほぼ全ての受講者が家庭学習(以下、ホームプログラム)で英単語の学習を求められます。

教材はアルク社の「キクタン」シリーズが利用されることが多いようです。

生徒によって覚える単語の量は違いますが、1日あたり50〜100単語、多いときには200語を暗記したという人も。

毎セッションのはじめに、学習した範囲の単語がランダムに出題するテストが実施されます。

キクタンアプリは英語の勉強におすすめ!無料と有料、本との違いや使い方、口コミなどを詳しく紹介
キクタンアプリは、通学中や通勤中に英語学習をするのに便利な人気アプリの一つです。 「キクタン」というベストセラーになった書籍が基になっていて、単語や熟語を「聞いて覚える」ことを重視して作られています。 本記事では、キクタンアプリ...

キクタンアプリは英語の勉強におすすめ!無料と有料、本との違いや使い方、口コミなどを詳しく紹介

認知文法

認知文法とは、ネイティブスピーカーが英語を理解するように、文法事項をイメージで捉える文法の考え方です。

グループレッスンでも取り扱われる内容で、「Core grammar(コアグラマー)」という100ページ弱のオリジナル冊子で学習します。

あやふやになりがちな前置詞の使い方なども、イメージで理解しやすいようにイラストでわかりやすく解説されているのが特徴。

第二言語習得研修に基づいたイングリッシュカンパニーのコーチングでは欠かせないものと言えます。

文法の問題集

(画像引用:Amazon

認知文法を定着させるために、ホームプログラムで文法の問題集を出されることもあります。

問題集はアスク出版の「TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問」を使うことが多く、問題集を解いたノートの写真を毎日LINEで送信するように指示されることも。

問題集のページ数が多くかなりのボリュームですが、適度なプレッシャーのおかげでどんどん進めていくことができます。

プレッシャーは常にあるワン…。

シャドーイング

全レベル対応コースでは、リスニングを強化するためのシャドーイングで、かなり細かい分析を受けられます。

  • 弱系
  • 連結
  • 同化
  • ら行化
  • 脱落

英語独特の音声変化について、以下の5つに分類し、生徒の苦手分野を特定。

たとえば、弱系(弱く短く発音される音)の聞き取りが苦手な場合、スクリプトに弱系で読まれてる部分をマークして、その部分を特に注意して聞くように指導されます。

英語の音声変化について漠然とした知識はあるけれど、実際のリスニングでどのように活用すればいいか分からないという人は多いでごんす。

論理的に音声変化を学習し、直すべきポイントのアドバイスをもらうことで、効率良くリスニング力をアップすることができます。

音読

リーディングのスピードに課題を持つ人には、音読練習を取り入れることもあります。

「第二言語習得研究」の理論では、「黙読」のリーディングにおいても、頭の中では英文を音声化して読んでいるとのこと。

実際に口に出して音読することで脳に負荷をかけ、リーディングスピードを向上させることが音読の目的です。

スピードを意識して音読するために、制限時間を設けて読むのもポイント。

音読したものを録音して、講師からチェックしてもらえば、スピードを意識するあまり雑になることを防ぐこともできます。

チャンク・リーディング

チャンク・リーディングは、英文を意味の塊ごとに内容を理解していく読み方。

文章を前から順に読んでいき、意味が区切れるところでスラッシュを入れながら読んでいきます。

次に紹介する速読リーディングは、チャンク・リーディングができることが前提となっているので、実際のレッスンでもチャンク・リーディングから練習することが多いようです。

前から読み進めるのがポイントだワン!

速読リーディング

速読リーディングは英語を返り読みするクセを矯正し、リーディングスピードをアップするためのトレーニングです。

グループコースでも取り扱っている内容で、トレーニングではTOEIC公式問題集で使われている英文を利用します。

速読リーディングは、リーディングはもちろんのこと、頭から英語を理解できるようになることでリスニングにも効果を発揮するトレーニングです。

1回の授業でかなりの効果を感じるという受講者がいるほど、即効性の高い学習法となっています。

イングリッシュカンパニーの速読リーディングの手順については、以下の記事を参考にしてください。

イングリッシュカンパニーの中級者向けコースの効果はどう?口コミやトレーニング内容、中級インテンシブコースとの違いを詳しく解説
イングリッシュカンパニーは2015年に開講した英会話コーチングスクールです。 一般的なコーチングスクールでは、1日2〜3時間ほどの自主学習を生徒に求めるところが多いですが、イングリッシュカンパニーでは1時間ほどとかなり短め。 本...

イングリッシュカンパニーの中級者向けコースの効果はどう?口コミやトレーニング内容、中級インテンシブコースとの違いを詳しく解説

瞬間英作文、アウトプットのためのアクティビティ

全レベル対応コースでは、十分なインプットができてから瞬間英作文やアウトプットトレーニングがスタートします。

瞬間英作文はホームプログラムで学習したものを、レッスンで確認。

英語学習アプリ「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」が使われることが多いようです。

アウトプットのアクティビティは以下のようなものがあります。

  • Comparison Game
  • Why Game
  • Guessing Game

イングリッシュカンパニーでは、アウトプットのトレーニングも用意されているものの、インプット系のトレーニングのほうが充実しているのが特徴です。

言語学では「大量のインプットと少量のアウトプット」が学習の基本でごんす。

なお、アウトプットのアクティビティについて詳しい内容は以下の記事を参考にしてください。

イングリッシュカンパニーの上級者向けコースを徹底解説!ビジネス英語がペラペラになる?口コミやレッスン内容、効果をチェック
イングリッシュカンパニーは、株式会社スタディーハッカーが運営するコーチングスクール。 主にビジネスパーソンに向けてのコースを開講していて、2018年2月に「人を説得するためのビジネス英語」を習得するグループトレーニングとして上級者向け...

イングリッシュカンパニーの上級者向けコースでビジネス英語がペラペラになる?口コミやレッスン内容、効果をチェック

全レベル対応コース体験者の口コミ、評判まとめ

全レベル対応コースを実際に体験した人の口コミをまとめてみました。

  • リーディングのスピードが上がり、3カ月でTOEICが自己最高点(900点)に!
  • 仕事が忙しくて1日1時間の勉強がやっとでしたが成果が出ました。
  • リスニングが苦手だったのに修了する頃には倍速でも聞き取れるようになった
  • 時間を測って読む練習が辛かったのですが、おかげで速読力がつきました。
  • 初級から始めたが、もう少し頑張って中級から始めた方がお得な気がした。
  • 結局は自分次第ではないかと正直思った。
  • 純粋に料金が高すぎる。

時間がない中でも効果が見えたという人もいる一方で、金銭面でどうなのかと考える人もいるようです。

結果的に満足している人の方が多い印象でした。

グループレッスンより高額だけどきめ細かなサービスが受けられる

イングリッシュカンパニーの全レベル対応コースは、科学的根拠に基づいたインプット重視のコーチングスタイルです。

グループレッスンと比べたらかなり高額になりますが、その分キメ細やかなサービスが受けられるのが魅力。

無料体験でも、何が自分の課題で、どのようなトレーニングをすれば英語力が伸びるのかを詳しく説明してもらえるので、気になる人はまず体験レッスンを受けてみてはどうでしょうか。

公式サイト:イングリッシュカンパニー

イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。
イングリッシュカンパニーは、レベルに関わらずパーソナルトレーナーをつけて、90日で1年分の英語力を上げると謳っている英語のパーソナルジム。 他にもレベル別に60日間のグループトレーニングを行っています。 90日で1年分を学ぶと聞...

イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。

タイトルとURLをコピーしました