イングリッシュカンパニー初級者向けコースについて料金など基本情報から教材やトレーニング内容まで詳しく紹介!

イングリッシュカンパニー初級者向けの評判や口コミについて イングリッシュカンパニー
スポンサーリンク

イングリッシュカンパニーは2015年にオープンした、日本人バイリンガル講師によるコーチングスクール。

大学や大学院で、第二言語習得研究という学問を学んできたスタッフにより、科学的根拠のあるコーチングが受けられると評判のスクールです。

中でも初級者向けコースでは、英語学習から遠ざかっていたり、苦手意識を持つ人のために、中学から高校までの文法を指導し、知識としてだけでなく実践に対応させることを目標としています。

本記事ではイングリッシュカンパニーの初級者向けコースにフォーカスして、レッスン内容や体験談を紹介していきます。

イングリッシュカンパニー初級者向けコースの基本情報

イングリッシュカンパニーの運営元は、大学受験予備校を母体とする株式会社スタディーハッカー。全国に15校の教室があります。

イングリッシュカンパニーでは、「Study smart」をビジョンとして掲げ、学習量より質を追求する時短学習を推進。

基本的にはどのプログラムもビジネスパーソン向けで、20代〜40代のユーザーが多いスクールとなっています。

以下、初心者向けコースの基本情報を表にまとめました。

初級者向けコースの基本情報
レッスン形態 グループ
回数 1回75分/全16回
(週2回×2ヶ月)
期間・料金 2カ月:165,000円
(1ヶ月:82,500円)
入会金:20,000円
教材費:別途
教材 オリジナル、市販教材
公式 https://englishcompany.jp

(税抜き価格で表示)

*初心者向けコースはオンラインでの受講も可能です。料金についての詳細は公式サイトに公開されていませんので、直接問い合わせましょう。

なお、イングリッシュカンパニーのスクール全体の情報に関しては以下の記事を参考にしてください。

イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。
イングリッシュカンパニーは、レベルに関わらずパーソナルトレーナーをつけて、90日で1年分の英語力を上げると謳っている英語のパーソナルジム。 他にもレベル別に60日間のグループトレーニングを行っています。 90日で1年分を学ぶと聞...

イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。

対象者|中学レベルの文法が不安、英語に苦手意識がある人など

初級者向けコースの受講対象者は以下の通り。

  • 中学レベルの文法に不安がある人
  • 英語を基礎から丁寧に学習したい人
  • まずはTOEICで600点以上をめざしている人(現在のスコアが500点未満の人が目安)

上記3点のうち、1つでも当てはまる項目があれば初級者コースを選ぶのがいいでしょう。

レッスン・期間|2カ月/1回75分のグループトレーニングを週2回

初級者向けコースは、週2回、75分のグループレッスンを2ヶ月受講するコース(全16回)。

レッスンスケジュールは固定制で、以下の4パターンとなっています。

  • 平日夜コース
  • 平日日中コース
  • 平日夜×週末コース
  • 週末集中コース

初心者向けコースの定員は最大10名。スタジオによっては最大5名のところもあります。実施予定のスケジュールは公式サイトから確認しましょう。

プログラム内容|レッスン以外にも自宅トレーニング進捗サポートなど

初級者向けコースのプログラム内容は以下の通り。

  • グループトレーニング75分間 全16回 (週2回×2ヶ月)
  • トレーニングスペース利用
  • 自宅トレーニング進捗サポート(2ヶ月)
  • TOEIC Bridge IPテスト受験料
  • オリジナル教材

グループレッスンなので個別のレッスンはありませんが、個々に合った課題を出してくれたり、スクール外でも進捗サポートを受けることができます。(詳しくは「特徴」で後述します。)

料金|2カ月で165,000円(1カ月82,500円)

イングリッシュカンパニー初心者向けコースの料金を表にまとめました。

初級者向けコースの料金
2カ月:165,000円
(1ヶ月:82,500円)
入会金:20,000円
教材費:別途

(税抜き価格で表示)

初級者向けコースの料金は、2カ月で165,000円。

イングリッシュカンパニー同様に、グループ形式のコーチングスクールであるプレゼンスの英会話コースは、2ヶ月で131,000円〜161,000円です。

金額だけ見ると、イングリッシュカンパニーの方が高いことがわかります。

しかし、1週間あたりのレッスン時間は、イングリッシュカンパニーが週2回×75分で150分なのに対し、プレゼンスは週1回の120分。

金額とレッスン時間を考慮すると、コストパフォーマンスにそれほど差はないかもしれません。

プレゼンスは入会金が無料だワン。

イングリッシュカンパニー初級者向けコースの特徴

ここでは、イングリッシュカンパニーの初級者向けコースならではの特徴を紹介していきます。

中高6年分の英文法をマスターできる

初級者向けコースは、2ヶ月で中高6年分の英文法をマスターするコースで、基礎的な単語の学習から、不定詞や関係代名詞といった内容を網羅。

これはコミュニケーションにおいて、大学受験で使うような難しい構文や、日本語に翻訳するといった作業より、中学から高校の基礎レベルの文法を瞬時に理解できるようにすることが大事との考え方に基づいています。

認知文法という文法の捉え方で学習する

イングリッシュカンパニーで用いられる「認知文法」とは、ネイティブスピーカーが英語を理解する感覚をできる限りそのまま身に付ける方法のこと。

たとえば、「have」の用法を考えてみましょう。

学校教育で主流の「訳読中心の文法」では、「have(持つ)」という用法以外にも、「have + 過去分詞(現在完了型)」や「have to(〜しなければならない)」などを、日本語訳とともに丸暗記しなければいけないのが欠点。

認知文法では、「have」という言葉の根底にある「持っている、そばにある」といった、核となるイメージを教えるのが特徴です。

認知文法でネイティブのような言語感覚で英語を使えるようになると、構文ごとに意味を丸暗記する必要がなくなり、日本語に訳さなくても英語が理解できるようになります。

確かに言葉のイメージが掴めていたら、なんとなく言ってることがわかりそうでごんす。

声に出してトレーニングをする

初級者向けコースは文法を強化するコースですが、ただ知識をため込むだけではなく、身につけた知識を活かして、正しい英語を話せるようになることがコースの目的です。

講師のレクチャーを聞くだけの受け身のコースではなく、学んだ文法を駆使し、声に出してトレーニングする時間がしっかりと設けられているのが特徴。

実際の詳しいトレーニング内容については後述します。

TOEIC Bridge IPテストが無料で受けられる

イングリッシュカンパニーではTOEICに特化したコースは開講していませんが、初心者向けコースの受講料にはTOEIC Bridge IPテストの受験料が含まれています。

これは、しっかりとした英語力が身につけば、自然と英語のテストもスコアアップするはずという考えのもと、TOEICスコアを学習の成果の指標として利用するためです。

TOEIC受験が目的でない人でも、受講後にどのくらいの英語力が身に付いたか客観的にわかるのは助かりますね。

初めてTOEICを受験する人も多そうだワン!

英文法メインなので英会話の量は少なめ

一般的なコーチングスクールは週1回、1時間程度のレッスンのところが多く、イングリッシュカンパニーの初心者コースのレッスン時間は長めに確保されているのが特徴。

しかし、初級者向けコースでは英文法をメインに取り扱うため、スピーキングやリスニングを重点的にトレーニングするわけではありません。

レッスン時間が長いからと言って、英会話の時間が沢山あるというわけではない点に注意しましょう。

イングリッシュカンパニー初級者向けコースの教材、レッスン内容、学習メソッド

ここではイングリッシュカンパニー初級者向けコースのレッスンの内容や、学習メソッドなどについて詳しく説明します。

いよいよ実際のレッスンの様子でごんす。

オリジナルの文法教材を使ったレッスン

初心者向けコースは、全16回のカリキュラムが定められていて、レッスンごとに取り扱う文法事項が割り振られています。

レッスンではオリジナルの文法冊子「CORE GRAMMAR(コアグラマー)」を利用。

基本的な流れは以下の通りです。

  1. 認知文法のトレーニング 
  2. 実践練習(パターンプラクティス)

それぞれをの内容を具体的に見ていきましょう。

認知文法のトレーニング

認知文法のトレーニングでは、まず文法事項に合わせた例文が提示されます。

ここでは、1回目の授業で学ぶ現在進行形(be動詞+doing)を例に説明します。

例) The dog is running.

このような文章では、「dog」がどのような犬で、どんなアクションをしているかを具体的にイメージすることが必要です。

「be動詞+〜ing」の部分に関しては、「〜している」と訳すのではなく、「動作の途中」というイメージで捉えるのがポイント。

また、学校でbe動詞の「is」を日本語の「です、ます」にあたると教えられた人もいるかもしれませんが、イングリッシュカンパニーでは「is」を名詞とそれを説明する部分の「つなぎのパーツ」としてイメージで理解します。

このように認知文法では、英文を訳すのではなく、イメージでつかむことを徹底して教えるのが特徴です。

実践練習(パターンプラクティス)

パターンプラクティスは、認知文法で理解したことを、声に出して練習するパートです。

実際のレッスンでは、以下のような流れに沿って進められます。

  1. 例文を和訳と一緒に確認する
  2. 例文の意味を頭の中でイメージする
  3. 空所補充をしながら例文を音読する
  4. 例文の訳を見て、瞬間的に英文を暗唱する
  5. 質問に対して、学習した文法を使って自分の言葉で話す

文法を「イメージで理解→練習→習得」というプロセスを経て、知っているだけの知識から、実際に使うことができる知識に移行することがレッスンの目的です。

感覚で理解できるようになってから話せるように…ってステップだワン!

効果的に英語を学習するためのメソッドやアクティビティ

ここでは、初級者向けコースで実際に使われている、効果的に英語を学習するためのメソッドやアクティビティ例を紹介します。

  • 効率的な英単語の覚え方
  • シャドーイングでリスニング力アップ
  • 認知文法で学んだ知識を活かしてのディクテーション
  • 品詞判別トレーニング
  • 家庭学習を自動化する「Gritカード」の作成

それぞれについて細かく見ていきましょう。

効率的な英単語の覚え方

イングリッシュカンパニーの単語の学習法は、意味と発音をセットで覚えるというもの。コースを修了すると、最大で1,920語の単語を覚えることが可能です。

その日に覚えた単語は必ず次の日に復習し、その後は3日後、一週間後といったように間隔を開けて復習し、長期記憶に定着させます。

1回目には必ず音声素材を使って、正しい発音を一緒に覚えることがポイント。

毎レッスン、単語テストを実施して覚えた単語の定着具合を確認します。

シャドーイングでリスニング力アップ

リスニングのプロセスは「知覚→理解」。

リスニングが苦手だという人は、最初の「知覚(耳で聞いた音声を正しくキャッチする)」というプロセスが苦手なため、「理解」に十分な時間を割けないというパターンが多いです。

そのためイングリッシュカンパニーでは「聞こえた音を完全にコピーする」という意識のシャドーイングを実施し、「知覚」に費やす時間を短縮できるように指導します。

シャドーイングの音声は毎回録音して、講師に提出。オンラインでフィードバックを受けることができます。

スクールに行かなくてもフィードバックを受けられるのは嬉しいでごんす。

認知文法で学んだ知識を活かしてのディクテーション

初級者向けコースでは、リスニング力を強化するためのディクテーションも実施。

各レッスンの認知文法トレーニングで、文法知識を自動化することにより、文脈を通して使われる語彙が予測できるようになり、ディクテーションの精度が向上します。

たとえば、「ここはheと聞こえたけど、動詞の後だからhimが来るはず」といったようなことが瞬間的に判別できるようになり、細かい部分の聞き取りも可能に。

認知文法+ディクテーションで、リスニング力の大幅なアップが期待できます。

単純にこう聞こえたという感覚じゃなくなってくるから面白いワン!

品詞判別トレーニング

初級者向けコースでは、品詞判別の方法も指導。品詞を正確に判別することで、文章の正確な意味をつかむことができるようになります。

具体的なトレーニング内容のひとつが「接尾辞」の規則性を覚えるというもの。

接尾辞とは単語の語尾に付く文字です。たとえば、語尾に「ly」が付くものは副詞(例:certainly)、「ive」が付くものは形容詞(例:atractive)といったように品詞を見分けることができます。

このようなトレーニングを通して、使われている品詞の種類を瞬時に分類し、英文の理解を自動化していくのが品詞判別の目的です。

家庭学習を自動化する「GRITカード」の作成

イングリッシュカンパニー初級者向けコースの、家庭学習時間の目安はおよそ1時間。

他のコーチングスクールと比べると短いですが、時間を無駄にしないように集中して学習できる取り組みのひとつが「GRITカード」です。

GRITカードとは、いつどこで何を勉強するのかを15分単位で記入するカードのこと。

家庭学習はスケジュールをしっかり管理しないとダラダラとしてしまいがちですよね。

スマホを使って単語を学習しようと思っていたら、いつの間にかYoutubeを見ていた、なんてこともよくあると思います。

あらかじめ15分区切りの勉強内容を決めておき、1日に4回やれば1時間の学習が無理なく続けられるという仕組みです。

一気に1時間勉強するとなると尻込みしてしまいますが、15分程度ならスキマ時間であっという間に終わってしまうのではないでしょうか。

学習を自動化する仕組みを作れば、やる気やモチベーションに頼らずに、学習を習慣にすることができます。

学習が継続できる人が多い理由はこれでごんす。

イングリッシュカンパニー初級者向けコース体験者の声、評判、口コミまとめ

以下、イングリッシュカンパニーの初級者向けコースを受講した人の体験談を紹介します。

  • 中学以来ほぼ英語を勉強しなかったが、2ヶ月で150点スコアアップした
  • グループレッスンでしたが発話する機会が多かったのが良かったです。
  • 英語を話すことそのものに対する抵抗感が減った
  • 単語を並べるだけの会話だったのが、短い文章なら自分で作って話せるまでに上達した
  • 暗記中心ではなくて感覚で理解できるから文法がすっと入った
  • 正直きついけどひーひー言いながらも頑張れた
  • 英語が全く読めないというくらい苦手な人は、テキストを読むだけで苦労する気がする…

初心者向けコースでは、受講者ごとに様々な形で自分自身の成長を体感できている、という体験談が多いです。

自分なりに具体的な目標を立ててから受講すれば、やるべきことが明確になり、より良いレッスンにすることができるのではないでしょうか。

基本的な文法からやり直したい初級者は検討する価値あり

今回はイングリッシュカンパニーの初級者向けコースを紹介しました。

基本的な文法をしっかり理解していて、頭の中で日本語に訳さなくても英会話ができるような人にとっては、少し物足りないかもしれません。

一方で、長いこと英語の学習から遠ざかっている人や、リアルタイムの英会話で理解が追いつかない人などは効果が期待できそうです。

英会話初心者の人は、基礎文法の習得から実践まで学べるイングリッシュカンパニーの初級者向けコースを体験してみてはどうでしょうか。

イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。
イングリッシュカンパニーは、レベルに関わらずパーソナルトレーナーをつけて、90日で1年分の英語力を上げると謳っている英語のパーソナルジム。 他にもレベル別に60日間のグループトレーニングを行っています。 90日で1年分を学ぶと聞...

イングリッシュカンパニーの料金やコース、エリア、特徴まとめ。体験談や口コミ・評判も紹介。

タイトルとURLをコピーしました