ECCジュニアの料金や概要、口コミ・評判まとめ。実際のところ効果ある?

ECCジュニアの口コミや評判について 子供向け英会話スクール
スポンサーリンク

ECCジュニアはCMでもおなじみの、2歳児からの子供向け英会話スクールです。

元気な子供たちが楽しそうに英会話を楽しんでいるイメージですが、実際のところ効果や口コミ、評判はどうなのでしょうか。

本記事ではECCジュニアの料金や教材、口コミなどについて詳しく解説します。

ECCジュニアの基本情報

(画像引用:ECCジュニア

株式会社ECCが運営する、子ども向け英会話教室のECCジュニア。

ECCといえばECC外語学院も有名ですが、他にも個別指導塾やエアライン学院、留学センターなどを運営し、海外には10校近くの提携校があります。

まずはECCジュニアの基本情報からみていきましょう。

ECCジュニアの基本情報
スクール形態 英会話教室
エリア 全国
レッスン形態 グループレッスン
コース・料金
2歳~シニアまで学齢別に3~7コース
例【英語・英会話コース
幼児:週1回40分/6,600円
小学生:週1回60分/6,600円
入学金:5,500円
教材費:16,760円~
検定料:2,200円(4歳以上)
教材 オリジナル
支払い方法 口座振込
公式サイト https://www.eccjr.co.jp/

(税込価格で表示)

レッスン|1回40分~90分/グループレッスン

ECCジュニアのレッスンは1回40分~90分のグループレッスン。

コースによって異なりますが、年齢が上がるにつれてレッスン時間が長くなっています。

1クラスの人数ですが、英語・英会話コースの場合、2・3歳児クラスは最大5名(親子で受ける)。4・5歳児~小学生のクラスは多くて12名、中学生クラスは10名ほどです。

公式サイトでは少数制と書かれていますが、10名を超えたらかなり多い方でしょう。

こども向け英会話には定員が3~4名のところもあるでごんす。

コース|年齢別に3~7コース/小学生以降は英検対策が加わる

ECCジュニアのコースは学齢別に最大7コースまであります。

ECCジュニアのコース
学齢 コース名
2~5歳児 ・英語・英会話
・デジタル・スタディ
・まなびのさんぽプラス
・さんすう・計算検定(4・5歳児)
・かんじ・漢検(4・5歳児)
小学生 ・英語・英会話
・英検対策
・すらすらマイプリント
・さんすう・計算検定
・学ぼう!算数
・かんじ・漢検
中学生 ・英語・英会話
・英検対策
・中学英語強化
・数学・思考力
・かんじ・漢検
高校生~シニア ・New Master Plan
・趣味の英会話プラン
・おとなの英会話
・おとなの脳トレ
・英検対策
・かんじ・漢検

ECCジュニアは英語以外にも算数や国語の勉強もできるスクールですが、ここでは英語の勉強に特化して説明します。

幼児に共通しているデジタル・スタディコースは、タブレットとTVモニターを使うのが特徴です。

タブレットに収録された英語はすべてネイティブ講師の発音。絵本の読み聞かせや歌、ぬり絵などを通して英語力を身に付けます。

子供がタブレットで学べるタイプの教室が増えているでごんす。

幼児から中学生に共通している英語・英会話コースでは、オリジナル教材を使って読む、書く、聞く、話す力を強化。子どもの発達段階に合ったトピックやテーマが題材となっています。

小学生以上は英検コースもチャレンジできますが、講師から対策を教わるというものではなく、音声ペンを使って自分のペースで自主学習できるといったスタイル。塾とは違うので注意しましょう。

中学英語強化コースは、学校の教科書をマスターすることを目標に、読む、書く、聞くに重点をおいて高校入試の突破を目指すコース。定期テスト対策も行っていきます。

高校生は高校英簿の英文法をマスターするNew Master Plan、社会人からシニアは大人向けの英会話コースもあります。

入試の年齢になると塾に変える人の方が多そうだワン。

料金|週1回/月額6,600円~

ECCジュニアの英語クラスの料金は以下の通りです。

ECCジュニアの料金
英語・
英会話
デジタル・
スタディ
英検対策 中学英語強化
2・3歳児 週1回40分
月6,600円
4.5歳児
小学生 週1回60分
月6,600円
週1回
40~60分

月5,500円
中学生 週1回90分
月8,800円
週1回90分
月7,700円
高校生~
New
Master Plan

週1回90分
月8,800円
週1回
40~60分

月5,500円

その他 入学費:5,500円
教材費:16,760円~19,910円

(税込価格で表示)

子供向け英会話教室は月8,000円程度のところが多いので、月6,600円(税込)というのは安い方。

また入学費も他社では10,000円くらいするところが多い中、ECCジュニアは5,500円なので安いです。

教材費は高いですが、月額が安いので目をつぶれそうですね。

キャンペーン情報

2020年10月現在、秋の週2回コース、検定チャレンジコース、検定直前対策コースに入会すると、入会金が無料になるキャンペーンを実施中です。

公式サイト:ECCジュニア

ECCジュニアの特徴

(画像引用:ECCジュニア

ここからは、ECCジュニアならではの特徴を紹介します。

ECCジュニアの特徴は以下の通り。

  • 講師は担任制だから長く通うほどに信頼関係が築ける
  • 学習しやすいように開発されたオリジナル教材を使う
  • 4技能をバランス良く身に付けることができる
  • 幼児クラスは「知育」、ジュニアレッスンは「体験型」で英語学習の基礎を養成
  • レッスン以外の季節行事も楽しむことができる
  • 保育園や幼稚園でそのままレッスンを受けられる場合も
  • 1クラスの最大人数が多すぎる
  • 講師はネイティブではなく日本人

それぞれの項目について詳しく紹介します。

講師は担任制だから長く通うほどに信頼関係が築ける

ECCジュニアの講師は担任制です。

自宅や近所でレッスンを行っているので、その地域に根差したレッスンを受けることができるのもいいところ。

長く通うほど、先生との信頼関係もできていくので、リラックスしてレッスンを受けることが出来そうです。

学習しやすいように開発されたオリジナル教材を使う

ECCジュニアで使う教材は、年齢と学習年数によってレベル分けされています。

幼児コースでは、眺めているだけでも楽しめるような、写真やイラストをたくさん使った教材を使用。

季節や日常生活をテーマにした内容なので、子どもも自然と興味を持ちやすいです。

小学生コースでは、グローバル社会で活躍できる人材作りを目指した「CLIL(クリル)」という教材を導入。

社会的なテーマについて考え、意見交換をするなど、英語を使って学び、コミュニケーション力を高めることができます。

また、テキストを使ったレッスンにこだわらず、録音できる音声ペンや、タブレットとTVモニターを使った教材など、時代に合わせた教材を使うのもポイントです。

音声ペンは自分の英語を録音して、テキストに貼り付けておくことができるワン!

4技能をバランス良く身に付けることができる

英語の学習には「聞く・話す・読む・書く」という4つのスキルが必要ですが、幼児期の英語学習では、「書く」「読む」は後回しになってしまいがち。

その点、ECCジュニアでは、幼児の段階から無理なく英語の文字に親しめるカリキュラムになっています。

たとえば、文字の識別や、アルファベットのなぞり書きなどを通して、早い段階から「書く」「読む」を実践できます。

また、英会話のレッスンは、先生の指示に従って体を動かしたり、英語表現をチャンツに合わせて口に出したりと、ゲーム感覚の楽しいアクティビティがたくさん。

レッスンを通して、自然と先生の話す英語を「聞く」、真似して「話す」仕組みがあります。

幼児のころから、レッスンの中に無理なく4技能が含まれているので、バランスよく身につけていくことができるでしょう。

知識はあっても話せないということは避けたいでごんす。

幼児クラスは「知育」、ジュニアレッスンは「体験型」で英語学習の基礎を養成

ECC KIDSの幼児クラスでは、英語のレッスンに加え、知的発達を促す「知育」を取り入れています。

具体的にはパズルやカードを使った遊びや、体を使ったゲームなどです。

知育は子どもの学習の基礎となる思考力を育てることができるため、英語に限らず、その後の学習にいい影響をもたらすと言われていますよね。

また、ECC KIDSでは、子どもが主体となった「体験型」のレッスンも行っています

歌やゲームなどを通して、聞いた英語をそのまま真似することで、英語のリズムやイントネーションなど英語学習の基礎を育てていけるでしょう。

なんでも真似をしたがる子どもの特性を活かしたレッスンだワン!

レッスン以外の季節行事も楽しむことができる

ECCジュニアでは、ハロウィンパーティーやクリスマスパーティーなどの季節ごとの行事や、発表会のほか、教室ごとに様々なイベントを開催しているのも特徴の一つ。

大阪のイングリッシュビレッジにみんなでバス旅行へ行ったり、英語を使ってバレンタインチョコを作る教室を開催していたりと、レッスンで身についた英語を実生活で使う機会が多く用意されています。

自分の英語が通じる体験や、逆にはがゆい経験をすることで、今後の英語学習につなげられそうですね。

保育園や幼稚園でそのままレッスンを受けられる場合も

ECCジュニアは保育園や幼稚園に講師が来て、入会している児童はそのまま場所を変えずにレッスンを受けられる場合もあります。

仕事をしているママの場合は、子供を習い事に連れて行ってあげる時間がないと悩んでいる人も多いはず。

もし保育園や幼稚園ででそのままレッスンを受けることができるなら便利ですよね。

働かなくてはいけないけど習い事もさせたいという人は、ECCジュニアが習える園を探すというのも一つの手かもしれません。

1クラスの最大人数が多すぎる

ECCジュニアの1クラスの最大人数は多い方。

たとえば、親子で受ける2・3歳児クラスの英語・英会話コースの場合は最大5名です。

親としては、講師から自分の子供にたくさん話しかけてもらいたいものですが、人数が多いので1回のクラスで2~3回がやっと…といった感じかもしれません。

また4・5歳児~小学生のクラスは多くて12名、中学生クラスは10名くらい。

ここまでくると、講師が自分のためにとってくれる時間はかなり少なく感じる人も多いでしょう。

公式サイトでは少数制と書かれているけど、こども英会話の中には定員が3~4名のところもあるでごんす。

講師はネイティブではなく日本人

ECCジュニアは基本的にオールイングリッシュのレッスンですが、講師は日本人。

そのため文法説明などは、日本語で指導することもあります。

もちろんバイリンガルの講師なので、同じく英語を学んできた立場として、つまづきやすいポイントに共感しながらサポートしてくれるという面はメリット。

ただやっぱりネイティブ講師がいいという人は、他社を検討したほうが良さそうです。

中には発音が微妙な講師もいるかもだし、ちょっと不安だワン…。

ECCジュニアの口コミ、評判

ECCジュニアのTwitter上の口コミを紹介します。

ECCジュニアは良い口コミが多く、悪い口コミが見当たらないくらいでした。

ECCジュニアの料金、体験談、口コミまとめ

本記事で紹介したECCジュニアについてまとめました。

ECCジュニアのまとめ

  • 2歳児から大人まで通える英会話スクール
  • 講師は日本人
  • 1クラス5名~12名までと人数が多い
  • 英語だけでなく数学や国語も教えている
  • 週1回40分/月6,600円~、週1回90分/月8,800円と料金は他社より安め
  • 入学金は5,500円と安い分、教材費は2万円近くかかることもある
  • テキストはオリジナル、声が録音できる音声ペンやタブレットなど時代に合わせた教材
  • 保育園や幼稚園で習えることもある

ECCジュニアはこんな人におすすめです。

  • 大人数の方が子供が気楽に受けられそうな人
  • 絵やカードなどを使って子供に楽しく英語を習わせたい人
  • 日本人講師の方が安心するという人
  • 料金重視の人
  • 保育園や幼稚園でそのままレッスンを受けさせたい人

ECCジュニアは、大人数で楽しくレッスンを受けられる子供向け英会話スクールです。

気になる方はまずは体験してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:ECCジュニア

タイトルとURLをコピーしました