英会話スクール

オンライン英会話で英検対策するならどこが良い?子どもが受講する場合の勉強法や注意点とは

英会話スクール
スポンサーリンク

英検は、学習レベルに応じて5級~1級までの7段階あり、中学初級程度から大学上級程度までの英語力を測定することができます。

英検では「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を含めて、英語力を測定するため、スピーキングとリスニングの強化のために、オンライン英会話を検討している人も多いのではないでしょうか。

本記事では、英検対策ができるオンライン英会話や、子どもがオンラインで英検対策する場合の勉強法や注意点などを詳しく紹介します。

年齢別おすすめ英検対策オンライン英会話はどこ?

英検の公式サイトを参考にすると、各級の年齢の目安は、以下の通りです。

英検の級 推奨年齢 出題形式
5級 中学初級程度 筆記(英語の基礎)
リスニング
スピーキング(録音)
4級 中学中級程度 筆記
リスニング(読解問題)
スピーキング(録音)
3級 中学卒業程度 筆記・リスニング
面接
準2級 高校中級程度 筆記(長文穴埋め問題)
リスニング
面接
2級 高校卒業程度 筆記(英文読解)
リスニング
面接
準1級 大学中級程度 筆記(エッセイ・英作文)
リスニング
面接
1級 大学上級程度 筆記
リスニング
面接(2分スピーチ・質問)

上記の各級の年齢、問題形式を参考に、オンライン英会話の特徴から、年齢別のおすすめのオンライン英会話について紹介します。

話のなかででてくるオンライン英会話については、記事後半で詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね。

小学生|日本人講師、教材が分かりやすいオンライン英会話がおすすめ

ここでは英検5級、4級、3級を受けようとしている小学生を前提に、オンライン英会話を紹介します。

まず、英語勉強をはじめて間もないのであれば、日本人講師が在籍しているオンライン英会話や、英検の教材が分かりやすいオンライン英会話がおすすめです。

日本人講師であれば、分からないことを日本語で質問することができ、質問内容の詳細についても日本語で聞くことができるので、理解も早まります。

日本人が在籍していて、英検にも対応しているオンライン英会話は、以下の通りです。

【日本人在籍・英検対応】

  • DMM英会話
  • ネイティブキャンプ
  • ECCオンラインレッスン
  • スモールワールド

特にスモールワールドは、受講生の7割が中学生以下と子どもに人気のオンライン英会話で、日本人講師も多いので検討してみても良いかもしれません。

ただシステム的に使いやすく、英検対応の教材も揃っているところが良いなら、DMM英会話、ネイティブキャンプ、ECCオンラインレッスンの大手を選んだ方が良いでしょう。

他にも、小学生であれば「教材の見やすさ」も外せないですよね。

「英検の教材が分かりやすい」でいえば、学研が運営しているkimini英会話がおすすめです。

そもそも学研は、教育関連の教室や教材をたくさん出版しているということもあり、kimini英会話のオリジナル教材には、そういったノウハウがかなり活かされています。

他にも、スタディサプリなどの講師をしている関正(せきまさお)さんが教材の監修をしているhanasoも子どもに人気があり、英検教材が分かりやすいですよ。

中学生・高校生|英語4技能をバランスよく身に付けられるオンライン英会話がおすすめ

中学生・高校生|英語4技能をバランスよく身に付けられるオンライン英会話がおすすめ

中学生・高校生となると、英検5級~準2級くらいまで受ける子もでてきます。

受験する大学などによっては、2級取得を目指す子もいるかもしれません。2級はライティングもあるので、ライティング能力が鍛えられるオンライン英会話が良いですよね。

5級~3級は、上記の小学生と同じくDMM英会話やネイティブキャンプ、kimini英会話などがおすすめですが、準2級・2級を検討している場合は、ベストティーチャーがおすすめ

ベストティーチャーは、英検対策コースというものがあり、レッスンの流れのなかに、ライティングレッスンとスピーキングレッスンがあるので、ライティング、スピーキングの力を鍛えることができます。

ただ、3級以降は面接があるので、面接対策として、スピーキングを鍛えたい場合には、レッスン回数が無制限で、レッスン受け放題のネイティブキャンプを検討するのも良いでしょう。

大学生・専門学生・その他大人|スピーキング力が鍛えられる英会話がおすすめ

大学生や一般の大人となると、準1級、1級を目指す人も中にはいるでしょう。

準1級からは、実際に使える英語力、相手に伝える発信力、対応力などは求められるため、スピーキングの力を鍛えておきたいですよね。

スピーキングとなると、大体のオンライン英会話が対応しているのですが、英検の二次試験に対応しているのは以下の通りです。

【英検の面接練習ができるオンライン英会話】

  • DMM英会話
  • ネイティブキャンプ
  • ベストティーチャー

実際、上記のオンライン英会話を利用しながら、英検対策の勉強をして、英検1級に受かったという人の体験談もあります(記事後半で紹介します)。

上記は大手のオンライン英会話なので、英検の試験が終わっても、英語力を高めるために利用するのに便利でしょう。

英検対策ができるオンライン英会話ってどこ?

オンライン英会話サービスの中でも、英検に対応している会社を利用すれば、効率良く英検対策の勉強をすることができます。

以下、英検に対応しているオンライン英会話一覧です。
?以下、それぞれのオンライン英会話サービスの簡単な基本情報や英検に関するサービス内容について、詳しく紹介します。

DMM英会話|リスニング、スピーキング、リーディング対策が可能(英検教材あり)

DMM英会話 ロゴ

(画像引用先:DMM英会話

DMM英会話は、日本人講師、ネイティブ講師を含む多国籍講師が在籍するオンライン英会話で、知名度・人気度ともに高いサービスです。

DMM英会話の基本情報は、以下の通り。

DMM英会話
受講時間 24時間365日
料金 【スタンダード】
月額6,480円
【プラスネイティブ】
月額15,800円
※1日1レッスンの場合
※他プランあり
講師 多国籍講師
英検に関する情報 英検教材あり

(税込表示)

英検対策関連でいうと、DMM英会話には、英検対策の教材があり、英検の出題形式に慣れ、リスニング、スピーキング、リーディングの演習問題をすることができます。

また、英検対策に対応している講師がいるので、英検について色々教えてもらえるでしょう(講師予約で検索可能)。

スタンダードプランでも、プラスネイティブプランでも、英検対策に対応している講師はいます。日本語で色々聞きたい場合には、プラスネイティブプランを選択してくださいね。

実際に、DMM英会話を利用して英検1級に合格した方の体験を参考にすると、レッスン前に英検の模擬試験や過去問の英作文を準備し、レッスン中に先生にそれを共有し、添削してもらっていたようです。

英作文を講師に添削してもらうことで、ライティングのレッスンにもなります。

(英検の過去問は英検公式サイトでダウンロードできます)

他にも、DMM英会話の教材である「デイリーニュース」の中から自分が分からない単語を抜粋し、iKnow!アプリを使って単語を覚えたりしたとのこと。

DMM英会話は契約すると、通常月額1,510円かかる英語学習アプリ「iKnow!」を無料で使えるので、そういった活用の仕方も良さそうですね。

迷ったときはDMM英会話だワン。

公式サイト:DMM英会話

ネイティブキャンプってどんなオンライン英会話?料金、キャンペーン、時間など基本情報まとめ
場所や時間問わず、自分の好きなタイミングでレッスンが受講できることで、最近人気が高まっている「オンライン英会話」。 そのオンライン英会話の中でも、毎日無制限でレッスンが受講できることで人気のあるのが、今回紹介する「ネイティブキャンプ」...

ネイティブキャンプ|レッスン無制限だから、とこんスピーキングレッスンができる

ネイティブキャンプ ロゴ

(画像引用先:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプは、月額料金を支払えば、1日に何度もレッスンが受講できるのが特徴で、とにかく回数をこなしたいという人に人気があるオンライン英会話です。

ネイティブキャンプの基本情報は、以下の通り。

ネイティブキャンプ
受講時間 24時間365日
料金 【プレミアム】
月額6,480円
【ファミリー】
月額1,980円
講師 多国籍講師
英検に関する情報 英検対策教材あり
(3級、準2級、2級、準1級)

(税込表示)

ネイティブキャンプのプランはシンプルで、基本的には月額6,480円(税込)のプランで契約することになります。

家族の中に、一人でもプレミアムプランで契約している人がいれば、他の家族はファミリープランの月額1,980円(税込)という手頃な価格で契約することができます。

英検対策に関して言うと、ネイティブキャンプには英検対策教材として、旺文社出版の「英検二次試験対策」を英検対策勉強をすることができます。

この教材では、英検の面接の流れや必要な語彙力、適切な回答方法を学ぶことが可能なので、スピーキングの強化に最適です。

他にも、ネイティブキャンプで英検対策に使える教材は、以下の通り(ネイティブキャンプブログ参考)。

【英検対策で使える教材例】

  • リーディング「語彙問題」「短文穴埋め」
  • リスニング「TOEIC L&R TEST 600点対策/800点対策」
  • ライティング「デイリーニュース」

ネイティブキャンプは教材の種類が豊富なことはもちろん、レッスンを何度でも受けられるので「面接がとにかく心配」という人におすすめのオンライン英会話です。

何度でもレッスンが受けられるので、子どもが英検を受ける場合のスピーキング、リスニングレッスンとして活用するにも向いていますね。

公式サイト:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプってどんなオンライン英会話?料金、キャンペーン、時間など基本情報まとめ
場所や時間問わず、自分の好きなタイミングでレッスンが受講できることで、最近人気が高まっている「オンライン英会話」。 そのオンライン英会話の中でも、毎日無制限でレッスンが受講できることで人気のあるのが、今回紹介する「ネイティブキャンプ」...

ベストティーチャー|英検対策コースあり、毎回添削レッスンでライティングを鍛えられる

ベストティーチャーのロゴ

(画像引用先:ベストティーチャー

ベストティーチャーは、英会話レッスン以外にもライティングレッスン(添削)を受けることができる珍しいオンライン英会話です。

ベストティーチャーの基本情報は、以下の通り。

ベストティーチャー
受講時間 24時間365日
料金 【通常】
月額12,000円
【英検対策】
月額16,500円
講師 多国籍講師
英検に関する情報 英検対策コースあり
毎回添削レッスンあり

ベストティーチャーは、TOEICやTOEFLなどの試験対策や、英検対策に特化しているオンライン英会話です。

英検対策コースでは、ライティング(エッセイ)対策、スピーキング(面接)対策ができます。ベストティーチャーの最大の特徴はこの「ライティング(添削)レッスン」

他社の場合「スピーキングレッスンのみ」か「講師に依頼して、スピーキングレッスン中にライティングレッスンをしてもらう」というかたちになるので、ベストティーチャーのように、レッスンの中にライティングレッスンが含まれているのは特殊です。

ライティングレッスンだと、英作文が文字として残るので、視覚的に理解することができます。また、レッスンが終わったあとの自己学習でも印刷したり、暗記に使うことも可能です。

また、スピーキングレッスンでも、ただ話すだけでなく、英文法の解説について、英検対策に対応している外国人講師から、文章でしっかり指導してもらえます。

実際に、ベストティーチャーで英検1級の勉強した人の体験談を参考にすると「ライティングに関する話だけでなく、自由に雑談できるフリーカンバセーションで回数を重ねることで、スラスラ英語がでてくるようになった」とのこと。

講師と雑談することによって、雑談力もついたと実感できたようです。

公式サイト:ベストティーチャー

ベストティーチャーの料金やキャンペーン、レッスン内容を徹底解説!評判・体験談も掲載
ベストティーチャーとは、「読む・書く・聞く・話す」の英語4技能をバランスよく学ぶことができるオンライン英会話サービスです。 通常英会話の他にも、TOEICやIELTS、TOEFL、英検などの試験対策コースも充実しています。 レッ...

Kimini英会話|英検3級~準1級対応の教材・レッスンが豊富(4技能を総合的に身に付ける)

kimini英会話

(画像引用先:kimini英会話

kinimi英会話は、学習教室や教育関連の教材を販売し、70年の歴史がある学研が運営するオンライン英会話サービスです。

kimini英会話の基本情報は以下の通り。

kimini英会話
受講時間 6時~24時
料金 【スタンダード】
月額6,028円
【ダブル】
月額10,428円
【プレミアム】
月額17,028円
講師 フィリピン人講師
英検に関する情報 英検対応コース・教材・講師あり

kimini英会話では、英検5級、4級、3級、準2級、2級、準1級全ての英検対策に対応することができます。

英検対策の教材としても人気のある学研の「英検〇級をひとつひとつわかりやすく。」の書籍をもとにつくられたオリジナルテキストを利用することができます。

以下は「英検®5級合格コース」教材例です。

Kimini英会話|学研の分かりやすい教材で英検対策ができる

イラストもシンプルで可愛らしいですね。

それぞれの英検の試験で必要となる、語彙や文法の学習、学んだことをレッスンの中で使うので、話す、聴く、書く、読むの4技能を総合的に身に付けることができます。

もとのなっている教材は、以下のテキストです。見たことある人も多いのではないでしょうか。

上記の学研の人気書籍をもとにして作られた教材を使う各コースは、64回~84回用意されていて、全てレッスンが終わるころには、その級の試験を受ける上で必要な力が身に付いているでしょう。

また、3級、準2級、2級、準1級では、英検の二次試験対策として、模擬試験のレッスンを受講することができます。

公式サイト:kimini英会話

学研のkimini英会話の料金やプラン、口コミ・評判まとめ。英語力は本当に付く?学研のテキストだから学生向け?
kimini英会話は学研グループが運営しているオンライン英会話。 学研のオリジナル教材を使って、適切な順番で学習することで目標の英語力が身に付くと謳っています。 小学生から大人まで対象年齢も幅広く、学生向けに夏期講習などの短期集...

ECCオンラインレッスン|3級、準2級、2級の二次試験対策(面接)ができる

ECCオラインレッスン

(画像引用先:ECCオンラインレッスン

ECCオンラインレッスンは、英語以外にも中国語や韓国語など、合計7か国語の勉強ができるオンライン英会話です。

ECCオンラインレッスンの基本情報は、以下の通り。

ECCオンラインレッスン
受講時間 【フィリピン人講師】
10時~24時
【ネイティブ・日本人】
6時~25時
※曜日によって異なる
※休校日あり
料金 【フィリピン人講師】
月8,866円
(1日1回レッスン)
【ネイティブ・日本人講師】
月12,540円~
(月3回レッスン)
講師 フィリピン人講師
ネイティブ講師
日本人講師
英検に関する情報 英検対応可能

ECCオンラインレッスンでは、英検の2次試験対策(面接)のレッスンに対応しています。

ECCオンラインレッスンの講師は、フィリピン人講師、ネイティブ講師、日本人講師が在籍していますが、英検に対応できるのはフィリピン人講師のみ

英検対策のレッスンは前半と後半に分かれており、前半は講師が試験官役となって質問などの実践練習、後半は前半のレッスンの振り返りをして、音読指導やポイントを解説してくれます。

ECCは英語関連の会社としては大手で知名度も高いので、利用したいという人もいるでしょう。

ただ気になる点としては「レッスン以外で教材を使うことができない」という点と、対応できるのは「3級」「準2級」「2級」向けのレッスンのみ、というところ。

5級、4級、準1級、1級には対応していないので注意しましょう。

公式サイト:ECCオンラインレッスン

ECCオンラインの料金やサービス内容まとめ。最新キャンペーン情報も紹介
ECCオンラインレッスンは、英語や中国語、韓国語をはじめ、7か国語を学ぶことができるオンライン英会話です。 ECCグループは創業1962年、50年以上歴史のある会社で、ECC語学学院やECCジュニアが有名ですが、オンラインレッスンはど...

hanaso|英検3級、準2級、2級の二次試験対策(面接)ができる

hanaso

(画像引用先:hanaso

hanasoは、フィリピン人講師を採用しているオンライン英会話で、関正(せきまさお)さんが教材を監修しているのが特徴です。

関正(せきまさお)さんは、スタディサプリで授業をしたり、NHKラジオの基礎英語コラムなどを担当した経歴がある方で、TOEICテスト990点満点取得しています。

以下、hanasoの基本情報は、以下の通り。

hanaso
受講時間 6時~24時55分
※休校日あり
料金 【固定プラン】
月額4,400円
【毎日プラン】
月額6,578円
【週2】
月額4,180円
講師 フィリピン人講師
英検に関する情報 関正(せきまさお)さん監修
hanasoオリジナル英検対策教材

hanasoは、オンライン英会話のなかでも比較的、受講料が安いオンライン英会話サービスです。

英検関連でいうと、英検二次試験に対応していて、3級、準2級、2級に特化した英会話レッスンを受講することができます(5級、4級、準1級、1級には対応していない)

レッスンでは、講師が面接官役になり、模擬試験を行うのですが、レッスンは面接室に入ったところから始まるので、本番さながらですね。

そして、関正(せきまさお)さん監修のhanasoオリジナルの英検対策教材を使って、英検対策勉強をすることができます。

教材には、大きくイラストなども入るので、子どもでも分かりやすいのではないでしょうか。

公式サイト:hanaso

hanasoの口コミや評判や料金・コースなどの基本情報まとめ。
「hanaso」は、月額3,800円から利用することができるオンライン英会話サービスです。 受講者の満足度は90%以上の高めですが、実際はどんな感じなのでしょうか。 本記事では、hanasoの料金やコースなどの基本情報、口コミや...

スモールワールド|講師の大半が日本人だから小学生でも安心(英検対策対応可)

スモールワールドのロゴ

(画像引用先:スモールワールド

スモールワールドは、受講生の7割以上が中学生以下と、子どもに人気のあるオンライン英会話サービスです(大人も対応可)。

スモールワールドの基本情報は、以下の通り。

スモールワールド
受講時間 24時間365日
料金 ポイント購入制
(300pt=3,000円~)
予約1回=90ポイント~
※1レッスンあたり745円~
※月謝制ではない
講師 日本人講師
ネイティブ講師(日本語が分かる講師も在籍)
英検に関する情報 英検対応講師在籍

スモールワールドには、いろんな国の講師が在籍していますが、半数は日本人講師が占めているため「日本人に英検対策レッスンをして欲しい」という人に向いています。

他社の場合、日本人講師が在籍していても、人気がありすぎて、なかなか予約が取れなかったりするのですが、そもそも日本人講師の在籍数が多いのであれば、予約できないなんてことはないでしょう。

英検に対応している講師も複数在籍中ですが「スモールワールドの英検対策は〇〇をします」という型はなく、講師によってレッスン内容が異なるので、自分に合う講師を見つけるのが少し難しいかもしれません。

また、スモールワールドの予約は、レッスン開始4時間前から、キャンセルはレッスン開始の8時間よりも前までに済ませないといけないので、オンライン英会話ならではの「気軽さ」というものは感じづらいです。

公式サイト:スモールワールド

スモールワールドも料金やレッスン内容、評判・口コミまとめ。満足度98%は本当?
スモールワールドは、講師の半数が日本人で、子どもにも英語を習わせやすいと評判のあるオンライン英会話サービスです。 実際に、2019年の利用者アンケートの結果によると利用者の約70%は小・中学生となっています。 また「レッスン満足...

オンライン英会話を利用すれば、英検対策もばっちり

オンライン英会話は、スピーキングレッスンに特化しているだけでなく、記事内でも説明した通り、英検やその他試験対策にも対応しているところが沢山あります。

自分の都合の良い時間、好きな場所でいつでも気軽にレッスンが受けられるオンライン英会話なら、通学も必要ないので、親としても、本人としても負担が少なく済むので便利です。

無料体験ができるところも多いので、気になるオンライン英会話があれば、試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました