英会話スクール

【教育訓練給付金制度】英会話教室に通う上で知っておきたい補助金まとめ、受講料が最大10万円戻ってくるかも

英会話教室の補助金について 英会話スクール
スポンサーリンク

英会話教室に通うのには結構なお金がかかりますが、中には補助金が支給される人もいることは知っていますか。

単なる趣味で始めるのに、補助金が貰えるなんてどういうこと?と思う人も多いでしょう。

本記事では英会話教室に通う上で知っておきたい補助金について説明します。

実際に支給される人の条件や流れ、対象となる英会話教室の費用など詳しく見ていきましょう。

英会話教室の料金が20%返ってくる!一般教育訓練給付金制度とは

英会話教室に通う前に、受講料を一部国が支援してくれる補助金制度「教育訓練給付金制度」について知っておきましょう。

教育訓練給付金制度とは、再就職の促進を図ることを目的として、長期的に働けるようなキャリアを形成するために英会話などを受講する人に対して、コース修了後に国が受講料の一部を支援してくれる制度のことです。(参考:厚生労働省「教育訓練給付金制度」

教育訓練給付は一般教育訓練給付」と「専門実践教育訓練給付」に分かれていますが、専門の方は看護師や歯科衛生士などの資格取得講座が多く、英会話教室の場合は「一般教育訓練給付」に該当します。

実際にどのくらい受講料が戻ってくるのかというと、最大で10万円(総受講費用の20%)です。

ただし4千円を超えない場合は支給されないので注意しましょう。

英会話スクールは月に何万もかかるところが多いですから、こういった補助金制度はできるだけ利用したいところですよね。

教育訓練給付金を受けるための主な条件

  1. 厚生労働大臣が指定する英会話スクールの対象コースであること
  2. 初めて利用する人は雇用保険の加入期間が1年以上あること
  3. 2回目以降に利用する人は雇用保険の加入期間が3年以上あること
  4. 失業中の人は離職前に雇用保険の加入期間が1年以上あって、
    雇用保険脱退から1年以内であること

上記のとおり、どこの英会話教室を選んでも給付金が貰えるわけではありません。

厚生労働大臣指定の講座名はハローワークのホームページで確認することができますが、気になる英会話教室があるのなら、直接そのスクールに「教育訓練給付金対象コース」があるかチェックしてみると良いでしょう。

ちなみに失業中に受講する人の場合、さらに国から「教育訓練支援給付金」が支給されることがありますので、詳しくはハローワークに問い合わせてみて下さいね。

一般教育訓練給付金が支給されるまでの流れ

ここでは一般教育訓練給付金がどのように支給されるのか、流れを確認しましょう。

  1. 厚生労働大臣が指定したコースを受講する
  2. 対象コース修了後、英会話教室から修了認定を受ける(修了認定基準あり)
  3. 英会話教室から受け取った給付金の申請書や修了証明書をハローワークに提出する
  4. 指定した口座に受講料の20%(最大10万円)が振り込まれる

上記のような流れが一般的です。

一般教育訓練給付金を支給するために、この流れをしっかりと頭に入れておきましょう。

一般教育訓練給付金を貰うにあたっての注意点

一般教育訓練給付金を貰うにあたっての注意点は以下の4つです。

4つの注意点

  1. 受講料は一度全額自己負担しなくてはならない
  2. 修了認定基準が英会話教室によってバラバラ
  3. 原則として受講修了日の翌日から1ヶ月以内にハローワークに支給申請をすること
  4. 授業料の他に別途教材費やシステム管理費がかかるケースもあり、
    その費用は給付金の対象外という可能性もある

上記のように、まず受講料は一度全額自己負担する必要があるということ。コース修了後に自らがハローワークに申請することで支給されるものだと覚えておきましょう。

次に英会話教室によって、修了認定基準がバラバラだということ。

たとえば出席率が全体の80%以上でなくてはいけなかったり、修了テストで一定の点数を獲得することや、TOEIC試験などを受験するのが条件という教室もあります。

修了認定基準について詳しくは各英会話教室に問い合わせてみましょう。

次に、コースが修了した翌日から1ヶ月以内にハローワークに支給申請をすることが原則となっていますので、できるだけ早めに申請しましょう。(ただし、万が一申請期限を過ぎてしまった場合でも2年間は時効になりません。)

最後に、給付金コースの場合は別に教材費がかかることがあり、その教材費は給付金の対象外ということもあり得る点です。

実際にECC外語学院やイーオンでは別途教材費などがかかります。

各英会話教室で別途かかる費用はないのかを確認してから申し込むと良いでしょう。

「一般教育訓練給付金制度」対象コースがある英会話教室

ここで給付金の対象コースを設けている英会話教室を一部表にしてみました。コースは一例です。

教室名 給付金制度
対象コース
期間・回数 総額
(受講料+
入会金)
実質
自己負担額

(20%引・
上限10万)
プログリット ビジネス
英会話コース
3ヶ月
12回
569,800円 469,800円
ライザップ
イングリッシュ
TOEIC® L&R
コース
3ヶ月
24回
555,500円 455,500円
イングリッシュ
カンパニー

90日間集中
プログラム
パーソナル
トレーニングコース

3カ月
48回
599,500円 499,500円
Gaba
マンツーマン
英会話

条件なし

12ヵ月
75回
594,000円 494,000円
ワンナップ
英会話

レギュラー
コース
マンツーマン

12ヶ月
70回
494,538円 402,230円
ECC外語学院 英会話コース
(9コース)
12カ月
全40回
または
全80回
274,960円~
704,000円
219,968円~
604,000円
資格コース
(3コース)
7カ月
全20回
または

12か月
全40回
274,960円~
704,000円
219,968円~
604,000円
ECC
グローバル
コミュニケーションコース
(2コース)
11カ月
全185回

または
全60回
461,920円~1,246,646円 369,536円~
1,146,646円
外資系
エアライン
総合対策
コース
6ヶ月
全28回
300,900円 240,720円
イーオン

英会話
ジョイント
実践A3・A7・A9

12ヵ月
週1~2回
290,400円 232,320円

英会話
ビジネス
応用A6・A9

8ヵ月
週2回
379,500円 303,600円

英会話
ビジネス
マスターA3

12ヵ月
週2回
534,600円 434,600円

気になる英会話教室があれば、ホームページでコース内容をチェックしてみると良いでしょう。

オンライン英会話でも補助金は受けられる?

オンライン英会話でも一般教育訓練給付金を受けられるところをいくつか挙げてみましょう。

一般教育訓練給付金対象コースがあるオンライン英会話

  • グローバルコミュニケーションズ
  • プログリット(オンラインで受講する場合)
  • イングリッシュカンパニー(オンラインで受講する場合)

元々オンライン英会話として運営しているグローバルコミュニケーションズ以外は、英語コーチングスクールの「プログリット」や「イングリッシュカンパニー」でオンライン受講する場合が適用対象となっています。

つまりオンライン英会話で一般教育訓練給付金が適用されるところはほとんどないのが現状なのです。

過去にはオンライン英会話で有名な「レアジョブ英会話」やECCオンラインでも補助金が出たのですが、現在はそういった制度はありません。

オンライン英会話でも給付金対象になるところが増えれば選択肢はもっと広がるのですが、今の段階ではそうもいかないようですね。

会社が授業料を負担している場合でも補助金は貰える?

会社によっては英会話教室に通う際の授業料を、一部もしくは全額負担してくれるところがありますよね。

しかしその場合、一般教育訓練給付金を支給して貰えなくなるのでしょうか。

実は会社が授業料を負担していたとしても、英会話教室によっては一般教育訓練給付制度を給付してもらえる可能性があります。

実際にプログリットでは、会社が授業料を負担していても給付金が適用可能です。

ただし給付金の支給額は、会社が負担している金額を差し引いた額の20%という計算になるので注意しましょう。

社会人で英会話を習う際は補助金が出るか確認しよう!

今回は英会話教室に通う時に受けられる補助金「一般教育訓練給付金」について説明しました。

英会話は趣味で習うという人も沢山いるため、補助金が下りるということを知らない人は意外に多いです。

英会話を習うとなると結構な費用がかかりますから、最初に補助金の対象になるかを確認する方が賢いですよね。

なお補助金が支給されるコースだからと言って、コース内容が特別他に比べて劣るといったことはないようなので安心して受けて下さい。

自分に合った英会話教室を見つけて、お得に英会話を身に着けちゃいましょう。

タイトルとURLをコピーしました