【幼児から小中高生まで】英会話ジオスの基本情報まとめ。大手英会話に比べて料金が安いけど実際口コミはどうなの?

英会話ジオスイメージ画像 子供向け英会話スクール
スポンサーリンク

英会話ジオスは、北海道から沖縄まで全国に700校以上の教室がある英会話教室です。

0歳からはじめられるベイビー英会話から、大人の英会話まで幅広い年代に合わせたコースが揃えられているのが特徴。

本記事では英会話ジオスの概要やコースの内容、口コミなどを紹介していきます。

英会話ジオスの基本情報

英会話ジオスは、もともと株式会社GEOSが運営していましたが、2010年に経営破綻し、現在はNOVAホールディングス株式会社によって運営されています。

全国に数多くの教室を持つ英会話ジオスですが、フランチャイズ展開であるため、開講しているコースやコースのレベル分けなどは、各教室ごとに異なります。

以下、英会話ジオスの基本情報を表にまとめました。

英会話ジオスの基本情報
スクール形態 英会話教室
エリア 全国
レッスン形態 グループ、オンライン
コース・料金
【子ども英会話(3歳~6歳)
週1回、月4回:6,500円~
【小学生英会話】
週1回、月4回:7,000円~
【中高生英会話(中1~高3)】
週1回、月4回:8,500円~
入会金:なし
年会費:別途
教材費:3,000円~
教材 オリジナル
公式サイト https://geos.jp/

(税抜価格で表示)

コース|5種類、グループレッスン/別にオンライン英会話もあり

英会話ジオスはグループレッスン形式。

ベイビー英会話コースを除き、1回のレッスン時間は50分、コースの定員は8名となっています。

基本的なコースは以下の5種類。

  • ベイビー英会話
  • 子ども英会話
  • 小学生英会話
  • 中高生英会話
  • 大人の英会話

ベイビー英会話は親子で参加する0〜2歳までの乳幼児向けコース。定員は5組までとなっています。

子ども英会話コースの対象は3〜6歳まで。小学生未満のクラスではレベル分けがなく、全員が英語の基礎を習うKinderクラスです。

小学生英会話の対象は1〜6年生まで、中高生英会話コースは中学1年〜高校3年までとなっています。

大人の英会話コースは、初心者コースと中級者コースの2つ。2020年9月現在、大人向けの英会話コースを開講している教室は全国で7校にとどまっています。

中級者コースはすでに自分で英語を勉強している人や、海外旅行に行くなどの理由で英語力を伸ばしたいというような人が対象です。

英語上級者の人は残念ながらコースがないでごんす。

英会話ジオスでは、上記5つのコースの他、英検対策に特化したコースも受講可能。

また、通学だけでなく、オンラインでもレッスンを提供していて、フィリピン人講師からマンツーマンのレッスンを受けることもできます。

ジオスオンラインのカリキュラム内容や口コミまとめ。NOVAが監修しているから安心だけど割と高い?
ジオスオンラインは1回あたり257円から受講できるオンライン英会話。レッスンカリキュラムは大手英会話教室NOVAが監修しています。 オンライン英会話サービスはいろいろありますが、ジオスオンラインの評判や口コミはどうなのでしょうか。 ...

ジオスオンラインのカリキュラム内容や口コミまとめ。NOVAが監修しているから安心だけど割と高い?

料金|教室によって異なるが月6,500円~

英会話ジオスの料金は以下の通りです。

教室によって生徒が購入する教材の種類や数、年会費のシステムなどに細かい違いがあります。

英会話ジオスの料金
コース 週1回(月4回) 週2回(月8回)
0~2歳 (週40分)
6,500円~
(週40分)
10,400円~
3~6歳

小1~小6
Class 5~5+

(週50分)
7,000円~
(週100分)
11,200円~

Class 4~4+

(週50分)
7,500円~
(週100分)
12,000円~

Class 3~3+

(週50分)
8,000円~
(週100分)
12,800円~

 中高生
Class 2c~2a

8,500円~ 13,600円~

大人
初級~中級

(週50分)8,000円~
その他 入会金:なし
年会費:別途
教材費:3,000円~

(税抜価格で表示)

受講料は一番安いコースで月額6,500円〜。子どもの習い事一つあたりの平均費用が6,814円程度というデータもあるので、受講料は妥当な範囲と言えるのではないでしょうか。

(参考:「ケイコとマナブ」2017年子どもの習い事ランキング

ちなみに大手英会話教室の中でも安い方です。(他社との比較は後述します)

年会費に関しては日本人講師の場合8,000円程度、外国人講師の場合は年会費ではなく月会費で700円かかる(年間8,400円)という口コミもあるので、入会前に教室に確認しておきましょう。

キャンペーン情報

2020年10月現在、英会話ジオスで行っているキャンペーンはありません。

キャンペーン情報は随時更新していきます。

英会話ジオスの特徴

(画像引用:英会話ジオス

ここからは、英会話ジオスならではの特徴を紹介します。

英語オンリーの環境で学ぶ

英会話ジオスでは、スラスラと英語を話せるようになるためには、大量のインプットとアウトプットが必要ということで、どのクラスでもオールイングリッシュが原則。

レッスン中にできるだけたくさんの英語を聞くことで、英語を英語で理解する英語耳を養成できる環境となっています。

しかし、レッスン中に日本語を使う講師がいるという口コミもあるので、それほど徹底されているわけではないようです。

徹底してほしい派と、丁度いい派に分かれそうだワン。

シーンが変わっても同じ表現を繰り返すスパイラルメソッドを使用

頭の柔らかい子どもでも、覚えた英語のフレーズを使わずに時間が経ってしまえば、どんどん忘れてしまうもの。

英会話ジオスでは、一度覚えた表現についてシーンを変えて何度も繰り返し練習する「スパイラルメソッド」を取り入れているのが特徴です。

繰り返し同じフレーズを話し、聞くことによって、覚えたフレーズを長期記憶として保存することができるようになります。

小学生まではフォニックス学習に力を入れる

英会話ジオスでは、小学生英会話コースまではフォニックス学習に力を入れているのも特徴。

フォニックスというのは、たとえば「a、b、c」を「ア、ブッ、クッ」と発声するような、ネイティブの子どもたちが学習する発音のルールです。

フォニックスをベースに学習することで、初めて見聞きする単語でもスラスラ読み書きすることができ、4技能学習の基礎をしっかり学ぶことができます。

フォニックスに力を入れているスクールは結構多いでごんす。

小学生以降はレベル別にレッスンをする

小学生、中高生コースではそれぞれレベル別にレッスンを行います。

各コース内では年齢別ではなく、英語のレベルでクラス分けしているのが特徴。

それぞれのコースについてみていきましょう。

小学生英会話コース

小学生英会話コースは以下の3段階にレベル分けされています。

  • Class5(英語経験が2年までの児童)
  • Class4(英語経験が2〜3年の児童)
  • Class3(英語経験が4年以上の児童)

*教室によってはClass2まで細分化されているところもある

各レベルは週1回レッスンのStandardコースと、週2回レッスンのAdvancedコースに分けられます。

たとえば、Class5のStandardコースでは、徹底的なフォニックス学習に加えて、英語の4技能を満遍なく学習。

3文字までの英単語の読み書きができるようになり、コミュニケーションにおいては、英語で簡単な返事ができるようになることが目標です。

同じくClass5のAdvancedコースでは、Standardコースの内容に加え、フォニックスのルールから外れた、例外的な発音をする”sight words(サイトワーズ)”の読み書きを学習。

サイトワーズを使った文章のリーディングも行い、会話ではより自然な受け答えができることを目指します。

また小学生英会話コースでは、半年に一回、面接と筆記テストによるレベルアップコンテストを実施。

学習の達成感を実感し、モチベーションを上げるのに役立っています。

レベルアップコンテストは子供同士のいい刺激になるワン!

中高生英会話コース

中高生英会話コースのレベルは、以下の3つに分類されます。

  • Class 2c
  • Class 2b
  • Class 2a

2cでは、中学1年生で学習する文法を順番通りに学習。

2bは中学1〜2年で学習する文法事項を使って長めの会話のやり取りを学んだり、まとまった英文を聞いて理解するスキルを身につけます。

2aでは中学2年〜高校1年までの文法を使い、より難易度の高い内容を学習し、ツールとして英語を使用できるレベルに達することが目標です。

学校と同じように順番通りに勉強できるから混乱しないでごんす。

中高生コースは英検対策の他、スピーチやプレゼン力も付けられる

中高生コースのレッスンは、シチュエーションをベースに作られているため、中高生にとって身近なトピックから英語を学ぶことができます。

オリジナルのテキストでは、ライティングやリーディング、文法がバランス良く勉強できるほか、英検に類似した演習問題も多数収録されているのが特徴です。

コミュニケーションにおいては、テンプレート的な受け答えだけではなく、スピーチやプレゼンテーションの練習もあり、常に自分の意見を持ち、それを英語で表現するスキルを身につけることができます。

短期集中型の英検対策コースを受けられる

英会話ジオスには、英検®ターボという年に2回の英検対策専用のコースもあります。

5級から3級まで対応していて、5級は50分のレッスンが全12回、4級と3級は100分のレッスンが全12回の短期集中型コースです。

レッスンは、英検の問題に沿った基本事項を学びながら練習問題を解いていくという内容で、英検の指導経験が豊富な日本人講師がコースを担当します。

英検対策コースの開催日程は各教室ごとに異なるので、事前に問い合わせましょう。

短期の塾に行くかジオスにするかで悩むワン。

大手の子ども英会話教室と比べると料金は安め

英会話ジオスの受講料を大手の子ども向け英会話教室と比較してみましょう。

対象 週1回・月額(単価)
ジオス
(1回50分)
3歳~6歳 月6,500円~(1,625円)
小学生 月7,000円~8,000円
(1,750円~2,000円)
NOVA
バイリンガル
(1回40分)
3歳~6歳 月8,000円(2,000円)
小学生 スタンダードコース
月8,500円~9,500円
(2,125円~2,375円)
シェーン英会話
(1回50分)
年中・年長 月14,850円(約3,712円)
小学生
ベルリッツ
キッズ
(1回40分)
4歳~小学2年生 月13,000円(3,250円)
小学3年~6年生

表をみると、レッスンあたりの単価が1,000円台なのは英会話ジオスのみ。

受講料に関して言えば、英会話ジオスは大手よりも安いと言えるでしょう。

ただし、英会話ジオスは、レベルアップコンテストの参加費に2,000円かかったり、教室やコースによってはテキスト代が毎月かかったという口コミも。

受講費用の内訳は、入会する前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

講師はフィリピン講師と日本人講師がほとんど

英会話ジオスの講師は、フィリピン人と日本人がほとんどです。

ネイティブトレーナーから研修を受けているということですが、講師自体がネイティブではないので、気になる人もいるかもしれません。

また、外国人講師を希望したのに日本人講師を担当につけられたという人もいて、希望通りの講師を選べないことも。

一部の教室では、子どもの担任がアメリカ人のネイティブスピーカーだったという口コミもありますが、少なくともネイティブ講師を積極的に採用しているわけではないようです。

講師にこだわりがない人じゃないと微妙かもしれないでごんす。

英会話ジオスの口コミ、評判

英会話ジオスのTwitter上の口コミを紹介します。

良いという口コミもありますが、意味なかったという声もありました。実際に体験してみるのが一番ですね。

英会話ジオスの料金、体験談、口コミまとめ

本記事で紹介した英会話字ジオスについてまとめました。

>英会話ジオスのまとめ

  • 全国で700校以上の教室を持つ英会話教室
  • 講師は日本人とフィリピン人がほとんど(ネイティブが在籍する教室も)
  • 原則的にレッスンはオールイングリッシュ
  • マンツーマンのオンラインレッスンも受講可能
  • 英検対策の短期コースもある
  • 教室ごとに開講しているコースやレベルは異なる
  • 大手の子ども英会話教室と比較して受講料は安め

英会話ジオスはこんな人におすすめです。

  • 子どもをオールイングリッシュの英会話教室で勉強させたい人
  • 少人数制の英会話教室を探している人
  • 短期集中型の英検対策コースに興味がある人
  • 受講料が高すぎない教室を探している人

英会話ジオスは教室数が多いので、自宅から通いやすいところにあるという人もいるのでは。

気になる方はまずは体験してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:英会話ジオス

タイトルとURLをコピーしました