外国人の彼氏がいる人はどこで出会ったの?喧嘩の悩みや喜ばれるプレゼントなどを紹介

外国人の彼氏  英語関係全般

鼻が高くて目の色が綺麗で顔立ちのはっきりした外国人の彼氏。

そんな彼氏を連れて歩いている人を見ると、つい羨ましくて見入ってしまいますよね。

「彼氏とどこで出会ったの?」「喧嘩した時はどうするの?」など、気になることもたくさんあるでしょう。

本記事では外国人彼氏との出会いやメリット・デメリット(悩みあるある)、喧嘩したときに気をつけることなど詳しく紹介します。

これから外国人彼氏をつくりたいという人や、すでに外国人彼氏がいるという人はぜひ参考にしてください。

  1. 外国人の彼氏をつくる前に知っておきたい注意点
    1. すでに付き合っていると勘違いしない
    2. 褒められても鵜呑みにしない
    3. 相手の情報をたくさん聞き出す
    4. 国のイメージをそのまま彼に当てはめない
    5. 割り勘でもケチだと決めつけない
  2. 外国人の彼氏と出会った人の出会いの場所やきっかけを紹介
    1. 外国人が集まるバー
    2. 英会話教室
    3. 国際文化交流などのイベント
    4. 外国語を学習できるアプリ
    5. マッチングアプリや婚活サイトなど
  3. 外国人彼氏がいる人のメリット・デメリット(悩みあるある)
    1. 外国人彼氏がいる人のメリット
      1. レディファーストしてもらえる
      2. 英語(外国語)が上達できる
      3. 彼氏からの愛情表現が豊か
      4. たくさん褒めてもらえる
      5. 自分だけでなく家族も大事にしてもらえる
      6. 周りからかっこいいと言われる
    2. 外国人彼氏がいる人のデメリット(悩みあるある)
      1. あだ名(呼び方)が多くて困る
      2. 食事の好みが合わない
      3. 言い方の違いで喧嘩になる
      4. 細かなニュアンスが伝わらない
      5. 場所をわきまえた愛情表現をしてほしい
      6. 親や友達に紹介する時にタトゥーを見せたくない
      7. 宗教が違う
  4. 外国人彼氏と喧嘩したときに気をつけること
    1. 彼氏の国の言葉で話す
    2. スラングは使わない
    3. 過去の話を持ち出さない
    4. 思ったことは全部言う
  5. 外国人彼氏へのプレゼントにおすすめなのは?
  6. 外国人の彼氏と付き合うと大変なこともあるけど幸せも多い

外国人の彼氏をつくる前に知っておきたい注意点

テレビ番組で国際結婚している夫婦が映ると、家庭の温かみを感じて「素敵だなぁ」と感じる人は多いはず。

ただ外国人だからといって、誰でも理想的な彼氏になるとは限りません。

「私も外国人の彼氏をゲットする!」と意気込む前に一呼吸。

外国人の彼氏をつくる前に知っておきたいことを紹介します。

  • すでに付き合っていると勘違いしない
  • 褒められても鵜呑みにしない
  • 相手の情報をたくさん聞き出す
  • 国のイメージをそのまま彼に当てはめない

以下で詳しく見ていきましょう。

すでに付き合っていると勘違いしない

国によっては相手とのお付き合いが始まる前に、デーティングタイムと言うお試し期間のようなものがある場合も

その間にいくら恋人らしいことをしていても、実際はまだ付き合っていないので要注意です。

「今はデーティングタイムだからね」などとは一切言われないので、実は他にもデーティングタイム中の相手がいるかもしれません。

いつまでたっても付き合ってほしいと言われなかったり、君は彼女だよと言わないなら、自分から期限を設けるか、「これって付き合ってるの?」と聞いた方がいいでしょう。

褒められても鵜呑みにしない

外国人男性は女性に対して優しく相手をよく褒めますが、全部を鵜呑みにしないように注意しましょう。

中には思ってなくても挨拶のように「女性には美しいと言っておけば間違いない」と考える人もいるからです。

特に日本の女性は男性に褒められることに慣れていないので、すぐに「嬉しい」と思いがち。

軽い外国人の遊びに引っかからないように気をつけましょう。

相手の情報をたくさん聞き出す

これは外国人に限ったことではありませんが、相手をよく知ってから付き合いましょう。

特にマッチングアプリなどのソーシャルネットワークで知り合う場合、プロフィールにはいいことばかりしか書きませんし、全部が嘘ということもあり得ます。

本命の彼女は母国にいるけど、日本にいる間だけ別の彼女がほしいという人もいるでしょう。

プロフィールにない情報をたくさん聞き出して、疑いのない状態でお付き合いしたいものですね。

国のイメージをそのまま彼に当てはめない

彼氏の母国に対するイメージをそのまま当てはめるのはNGです。

たとえば「日本人ははっきりしない」もそうですし、「アメリカ人はフレンドリー」「フランス人は英語を話してくれない」とよく聞くように、国に対するイメージって結構ありますよね。

ただ全員が全員当てはまるわけではありません。白黒はっきりしている日本人もいれば人見知りなアメリカ人だっているでしょう。

「〇〇人だから付き合ったのに実際は違った」なんてことがないように気をつけることが大事です。

割り勘でもケチだと決めつけない

デートした時に割り勘でも、彼氏をケチだと決めつけないことも大事です。

日本では男性が女性にごちそうするのはいいことだと思われますが、国によっては割り勘が当たり前で、相手におごるという考えがない場合もあります。

相手の国の風潮をチェックしてみるといいかもしれませんね。

外国人の彼氏と出会った人の出会いの場所やきっかけを紹介

実際に外国人彼氏がいる人は、どんな場所で出会えたのでしょうか。

出会いのきっかけとなる場所の代表は以下の5つ。

  • 外国人が集まるバー
  • 英会話教室
  • 国際文化交流などのイベント
  • 外国語を学習できるアプリ
  • マッチングアプリや婚活サイト

一つずつ見ていきましょう。

外国人が集まるバー

「外国人狙いの人はバーに行くのが手っ取り早い」と聞きますが、外国人が集まるバーでの出会いは多いです。

口コミやSNSで情報収集して「どこのバーに外国人が集まるか」を調べる人もいれば、英会話教室の講師に聞いて知ったという人もいます。

英会話教室

英会話教室は結構出会いのきっかけになる場所。

最初は講師と生徒だったのに、マンツーマンレッスンを重ねていくうちに段々お互いに気になり始める…とか、季節ごとのイベントなどで段々仲良くなるなんてことも少なくありません。

また英会話教室で受付をしていて、講師と結婚したという人もいます。

出会いがある英会話教室の選び方!大学生や社会人との出会いがあるおすすめの英会話教室はどこ?
友人作りや異性との出会いのチャンスがほしいと思っても、学校と家、会社と家の往復だけではなかなか出会いは少ないもの。 それに合コンとかのセッティングされた出会いじゃなくて、できれば自然に出会いたいですよね。 そこで、出会いを求めて...

出会いがある英会話教室の選び方!大学生や社会人との出会いがあるおすすめの英会話教室はどこ?

国際文化交流などのイベント

各地域で発行されるフリーペーパーや、大使館などのホームぺージに記載されている「国際文化交流イベント」で出会ったという人もいます。

イベントはいたって真面目なものなので、最初は出会い目的じゃなかったという人たちばかり。

気になる人はチェックしてみるといいかもしれませんね。

外国語を学習できるアプリ

外国人と気軽に交流できる外国語学習アプリで出会う人もいます。

アプリの目的は「世界中に友達を使って国際交流しよう」というものが多く、チャットなどで直接外国人とやり取りをして、言語を教えてもらうといった感じ。

たとえば以下のアプリが人気です。

ハロートークは150種類の言語に対応していて、英語を学びたい日本人(自分)と日本語を学びたい外国人がペアになって、チャットなどを通して言語を教え合うもの。

ハローパルも同じような感じですが、言語は16種類と少なくなります。

日本ではアプリで出会ったというと「軽い」「危険」というイメージがまだ強いですが、欧米ではネットで知り合うのも自然な出会いの一つのようです

マッチングアプリや婚活サイトなど

彼氏(彼女)や結婚相手を見つけるという目的のマッチングアプリや婚活サイトで出会ったという人もいます。

たとえば以下のアプリ、婚活サイトが人気です。

  • match.com
  • Pairs
  • Meetup

match.comは外国発の婚活サイトなので外国人登録者が多数。

Pairs(ペアーズ)はアジア系の外国人登録者数が多いようです。

Meetupは「手巻き寿司ワークショップ」や「サイクリング」など、地元のグループが主催するイベントに参加して出会うもの。

match.comやペアーズのように、いかにも出会いを求めているといった感じはなさそうです。

外国人彼氏がいる人のメリット・デメリット(悩みあるある)

付き合ってすぐのときはお互いに色んな違いが刺激になって「楽しい」と感じます。

ただいいことばかりではなく、乗り越えるべき壁も…。

ここでは外国人彼氏のメリットやデメリット(悩みあるある)を紹介します。

外国人彼氏がいる人のメリット

最初に外国人彼氏がいる人のメリットを見ていきましょう。

レディファーストしてもらえる

男性が女性のためにドアを開けて待っていてくれたり、重たい荷物を運んでくれる「レディファースト」。

海外に行った時に「素敵だなぁ」と感じる日本人女性は多いでしょう。

そういったお国柄出身の外国人彼氏がいれば、そんな風にレディファーストされるのは当たり前。「大切にされてる感が存分に味わえます。

もちろん日本人の男性でもしてくれる人はいますが、「当たり前」ではありませんからね。

英語(外国語)が上達できる

「英語が上手くなりたいなら、外国人と付き合うのが一番」と聞いたことがあるかもしれませんが、彼氏にその国の言葉を教えてもらえるというのはメリットです。

彼氏が英語圏の人であれば、直接英語を教えてもらえますからね。

英会話教室に通うのは結構なお金がかかりますし、「ネイティブ講師」かどうかで料金が高くなることも珍しくありません。

外国人彼氏がいればお金をかけずに英語を上達させることができます。

彼氏からの愛情表現が豊か

外国人彼氏がいる人は、彼氏からの愛情表現が豊かで「愛されてる感」を味わえます。

たとえば髪をなでてもらえる、キス、ハグなどのスキンシップが多いとか、電話を切る時でさえ忘れずに「I Love you」と言ってくれたり…。

もちろんもちろん人にもよるでしょうが、少なくとも日本人男性よりは愛情表現が豊かです。

外国人彼氏がいれば甘い生活が送れます。

たくさん褒めてもらえる

愛情表現が豊かというのと少しかぶりますが、外国人彼氏は彼女に対してたくさんの褒め言葉を浴びせてくれます。

たとえば「こんな美しい人が彼女で僕はなんて幸せなんだ」とか「君は世界一素敵な人だ」なんて言葉を惜しみなく何度でも言ってもらえるのです。

褒められるのに慣れていない人にとっては微妙だと感じてしまうかもしれませんが、褒められて伸びるタイプの人からすれば、うらやましい限りでしょう。自分に自信がつきますよね。

自分だけでなく家族も大事にしてもらえる

家庭を重んじる国の人は自分の家族も大事にしてくれる傾向にあります。

親にとっても自分のことを慕ってくれるので良い印象で、将来の温かい家庭像をイメージしやすいかもしれませんね。

周りからかっこいいと言われる

外国人彼氏というだけで周りからは「かっこいい」と言われます。

外国人彼氏がいる自分に対しての「かっこいい」と、彼氏に対する「かっこいい」。

もちろん外国人だからと言って全員がイケメンとは限りませんが、レディファーストや愛情表現などトータルで見てかっこよく映るのでしょうね。

外国人彼氏がいる人のデメリット(悩みあるある)

外国人彼氏のメリットを見るといいことだらけのような気がしますが、外国人彼氏だからこその悩みもちらほら。

ここからはデメリット(悩みあるある)を見ていきましょう。

あだ名(呼び方)が多くて困る

最初に、自分に対するあだ名(呼び方)が多くて困るというあるある。

外国人は恋人など大事な人に対するあだ名(呼び方)が豊富なんです。

あだ名の代表例をいくつか挙げてみましょう。

  • ベイビー(baby)
  • ダーリン (darling)
  • ハニー(honey)
  • エンジェル(angel)
  • スウィーティー(sweetie)
  • ビューティフル(beautiful)
  • ゴージャス(gorgeous)
  • マイブー(My boo)

これらは映画などでよく聞きますが、最後の「マイブー」に関しては聞き慣れない人も多いでしょう。

ブーは「彼氏、彼女」のスラングの1つ。普段の会話で「昨日彼(彼女)と海に行ったんだよね」なんて時に使います。

「何を指しているのかと思ったら私のことだったのか…」なんてことはよくある話です。

食事の好みが合わない

次に食事の好みが合わないというあるある。

国が違えば食文化が違うのは当然のことですが、あまりにも好みが合わないと辛いですよね。

ジャンクフードで育ってきた彼氏が日本食をあまり好きではなかったり、ベジタリアンで肉料理を全く食べてくれなかったり…。

また味付けに関しても、なんでもかんでもタバスコをかけたりして濃い味で、日本のだしの美味しさが全く理解できないなんてこともあります。

言い方の違いで喧嘩になる

はっきりと自分の意見をストレートに伝える外国人からすると、日本人は物事を白黒はっきりさせないとか、表現が分かりにくいと言われます。

そのためグレーな感じを嫌がって喧嘩になることも。

外国人からすれば、何でもストレートに言わないと伝わらないし、それが誠意とも感じているのかもしれませんね。

細かなニュアンスが伝わらない

日本人だからこそ伝わるニュアンスが意外に多いことに気づくのも、彼氏が外国人という人ならでは。

たとえば「〇〇みたいな感じ」とか「秋の風の匂いがする」なんて思っても、実際に英語にすると「なんか違う…」といったことがよくあります。

日本は特に「シャキッとしている」とか「コソコソする」などと言った擬音語が多いので、何かの様子や心情など微妙な変化を伝えるのには苦労するでしょう。

場所をわきまえた愛情表現をしてほしい

外国人は愛情表現が豊かで魅力的なのですが、彼氏がどこにいてもベタベタしてくるのを「やめてほしい」と思う人も多いです。

外国に行けば町中の至る所でキスしているカップルがいてもなんとも思わないのですが、日本でそれをやるとただのイタイ人。

人前でベタベタすることはあまり良しとされていないので、場所をわきまえてほしいと思うのも無理はありません。

親や友達に紹介する時にタトゥーを見せたくない

外国人は体にタトゥーが入っていることも珍しくありません。

彼氏がタトゥーを入れている場合、親や友達に紹介する時には正直見せたくないと思う人は多いです。

人によっては信仰の証ということもあるようなので、一概にファッションだとは言い切れませんが、日本ではタトゥー=恐い人というイメージが強く、特に年配者には歓迎されません。

かといって彼氏に「タトゥーを消して」なんて言いにくく、いつまで経っても誰にも紹介できないという人もいます。

宗教が違う

外国人彼氏がいる場合、宗教の違いで悩むのもあるあるの一つ。

日本では「とりあえず昔から仏教だからなんとなく受け継いでいる」という人がたくさんいますが、外国にはその考えがないこともあります。

宗教によっては食べてはいけない物があったり、お祈りする時間が決まっていたりするので「うちと全然違うけど結婚できるのかな…」と不安になる人も多いでしょう。

外国人彼氏と喧嘩したときに気をつけること

付き合っていればもちろん喧嘩をすることだってありますよね。

ただ外国人彼氏だからこそ、喧嘩の際に気を付けた方がいいことが4つあります。

  • 彼氏の国の言葉で話す
  • スラングは使わない
  • 過去の話を持ち出さない
  • 思ったことは全部言う

詳しく見ていきましょう。

彼氏の国の言葉で話す

喧嘩した時はできるだけ相手の国の言葉で話すようにしたいもの。

言葉の壁があるため、上手く伝えられないことにさらに苛立つ人もいます。

感情的になって話合いが上手くできず、さらにもつれるとことがないように、できるだけこちらから寄り添ってあげたいですね。

スラングは使わない

スラングは一番自然な話し言葉のような気がしますが、相手によっては下品、失礼だと受け取ることもあるので注意しましょう。

もし彼氏が喧嘩中に日本語で「マジで言ってんの?バカじゃないの?」と言ってきたら腹が立つし、本当に意味が分かって使っているのか疑わしくもなりますよね。

軽い気持ちでファックユーと言ったら本気で殴られたということもあるようなので、喧嘩している時こそちゃんとした言葉で話すようにしましょう。

過去の話を持ち出さない

外国人に限らずだとは思いますが、喧嘩の時に過去の話を持ち出したり、いつもそうだなどと決めつけるのはやめましょう。

相手がよりヒートアップしないように、「今何について話し合っているのか」にしっかり焦点を当てて話し合うことが大事です。

思ったことは全部言う

外国人は自分の感情や考えをストレートに表現する人が多いので、喧嘩した時はこちら側も思ったことを包み隠さず全部言いましょう。

ただ言い方は優しく、なんでそう思ったのかという理由をつけるのがおすすめです。

外国人彼氏へのプレゼントにおすすめなのは?

外国人彼氏への誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントに何を送れば喜んでもらえるかと悩む人は多いはず。

相手の日本在住歴にもよりますが、おすすめなのは以下の6つです。

  • 浴衣(甚平)
  • 扇子
  • 印鑑
  • 漢字の入ったTシャツやキャップなど
  • 日本風の食器や箸をペアで
  • 温泉旅行

物ならやっぱり浴衣(甚平)、印鑑などの和柄の物や漢字アイテムなど、日本を感じられるものが喜ばれます。

日本在住が長い彼氏であれば、温泉旅行などで2人でゆったりくつろげるプレゼントもいいでしょう。

上記に挙げたものは彼氏だけでなく、彼氏の家族へのプレゼントにもおすすめです。

外国人の彼氏と付き合うと大変なこともあるけど幸せも多い

今回は外国人の彼氏と付き合うメリットや悩みあるあるなどを紹介しました。

外国人の彼氏がいると、乗り越えるべき言葉の壁などはありますが、彼からの愛情表現が豊かだったりと幸せを感じる場面もたくさんあります。

素敵な国際カップルになれるように、お互いに気持ちを伝え合って考えを譲り合って進んでいきたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました