キクタンアプリは英語の勉強におすすめ!無料と有料、本との違いや使い方、口コミなどを詳しく紹介

キクタンアプリの口コミについて 英語教材・アプリ

キクタンアプリは、通学中や通勤中に英語学習をするのに便利な人気アプリの一つです。

「キクタン」というベストセラーになった書籍が基になっていて、単語や熟語を「聞いて覚える」ことを重視して作られています。

本記事では、キクタンアプリの何がそんなに人気なのか、種類や特徴、機能だけでなく、実際の口コミや評判も紹介します。

キクタンアプリとは

キクタンは、もともと英語学習教材を多数出版している「アルク」のベストセラーの本。

CDが付いていて、目だけでなく耳で音声を聞いて、リズムに乗って単語を覚えていくという画期的な英単語帳です。

キクタンアプリは、「キクタン」の本に載っている全単語を収録したもの。

スマホやタブレットで見られるので、本を開く必要がなく通学中や通勤中でも場所を気にせず学習できるようになりました。
わざわざスマホにCDの音声を落とす必要がないので、かなり便利です。

キクタンアプリの特徴

キクタンアプリの特徴は以下の通り。

  • 1日16語を10週で覚える
  • 音楽のリズムに乗りながら英単語を覚えられる
  • 覚えた単語を使ったフレーズ・例文が覚えられる
  • 苦手な単語だけ覚えられる(フィルタリング学習法)
  • 覚えた単語のクロスワードパズルができる

キクタンは「単語帳」とは言え、ただずらっと単語が並んでいて自力で覚える、という感じではありません。

1日16語を10週で覚えるようなスケジュール制になっていたり、音楽のリズムに合わせて単語を覚えられるように工夫されているアプリです。

また「知らない単語」と「知っている単語」を分けられる「フィルタリング機能」があるので、知っている単語をわざわざ復習しなくて済むのも効率がいいと思います。

単語を覚えてもすぐに忘れてしまうという人は、翌日、3日後、7日後に自動的に再学習するプログラムもついているので、使い勝手がいいでしょう。

キクタンアプリの種類

キクタンアプリには無料版が1種類、有料版が20種類あります。

OSによっては非対応のものもあるので、欲しいアプリを必ず購入できるとは限りません。

【無料アプリ】レベル設定なしで1種類のみ

キクタンの無料アプリはたった1種類。「英単語パズル キクタン Free」のみです。

今のところiOSにしか対応していないので、Androidの人はダウンロードできません。

「英単語パズル キクタン Free」は、クロスワードパズル形式で問題を解いていくもの。

(画像引用:アルク

有料版はレベルごとに購入できるので、「その人のレベルに合った」単語やフレーズを覚えられるのですが、無料版にはレベル設定がありません。

出題される単語はキクタンの「Basic、Advanced、Super」の中からランダムに出るので「自分はどのくらいのレベルか」を無料でチェックできるアプリといった感覚です。

収録している単語数も有料に比べて少なく、機能も乏しいので正直無料版だけで学習していくのは難しいでしょう。

キクタンが気になるけど最初から有料なのはちょっと…と思う人は無料アプリで一度試してみるのがおすすめです。(iOSの人はこちら

【有料アプリ】レベル別で全20種類以上

無料版アプリはたった一つ、その他はすべて有料です。

キクタンはそもそも書籍なので、アプリだけ無料というわけにはいかないですからね。

(画像引用:Google play

キクタンの有料アプリは全20種類以上もありますが、大きく分けると以下の通り。

  • キクタン単語シリーズ(Entry2000~Super12000)
  • キクタンTOEICシリーズ(スコア600~990)
  • キクタン英検シリーズ(英検3級~準1級)
  • キクタン英会話シリーズ(基礎~発展編)
  • キクタンAll in oneシリーズ
  • キクタンキッズシリーズ

すべてレベルごとに分かれているので、段階的にレベルアップしていくことができます。

この中でも3つのアプリが1つになった「キクタンAll in one」アプリは特に注目されているんです。

キクタンAll in oneアプリは以下の2種類。

収録されている本
1840円
Android , iOS
・Basic 4000
・Advanced 6000
・Super 12000
1840円
Android , iOS

・TOEIC® Test Score 600
・TOEIC® Test Score 800
・TOEIC® Test Score 990

キクタンの単語シリーズの中級~超上級レベルの3つと、TOEIC600~990点までの3つがそれぞれ1つのアプリに詰まっています。

結局シリーズ買いしそうな人にはおすすめです。

キクタンの料金

キクタンの単語シリーズや英検シリーズ、TOEICなどのアプリは1つ610円~1,220円。

「キクタンキッズ」に限っては最も安い300円です。

ただ同じアプリでもAndroidとiOSで値段が違うことがあります。

たとえば単語シリーズはAndroidでは610円ですが、iOSでは730円。

先ほど紹介したAll in oneアプリはどちらも1,840円です。

iOSの人が単語シリーズを3つ買う場合はAll in oneを買った方がお得でごんす。

ただアプリ内で課金がある点には注意が必要。

たとえば「キクタンTOEIC All in one」の場合、以下の機能は課金しなければいけません。

  • 例文音声(1,220円)
  • 総合テスト(8種類:1,220円)
  • 総合テスト+例文音声+単語レベル診断(2,440円)

同じように「キクタンTOEIC All in one」も「総合テスト」や「単語レベル診断」が有料オプションになっています。

つまり1,840円というのは、単語帳のみの値段なんですよね。

アプリによっても「何が課金対象か」や「課金する金額」が違うので、購入前に確認しておきましょう。(キャンペーン情報は「キクタンに関するQ&A」で触れています。)

キクタンの使い方、機能説明

キクタンはアプリをインストールして開くだけ。開いた後に何かを設定する必要はありません。

分からないことが出てきた場合は「ヘルプ」ボタンでたいていの問題解決ができるようになっています。

キクタンには以下の機能があります。(アプリによっては課金が必要なものもある)

  • 単語検索
  • 単語学習モード
  • 発音練習モード
  • チャンツモード
  • 自動学習モード
  • Reviewモード

では詳しく見ていきましょう。

単語検索

意味や発音など知りたい単語がある場合は、虫メガネマークのところに単語を入力すればすぐに調べることができます。

(画像引用:PLAY SQUARE

意味だけでなく、動詞や形容詞として使う場合の変化形なども確認できます。

本の場合は知りたい単語に行きつくまでに時間がかかりますが、アプリの場合はすぐにヒットするので無駄が省けていいですよね。

単語学習モード

単語学習モードは、単語の意味やフレーズ、例文を確認したり、音声を聞いて覚えることができます。

星マークをタップすればその単語を「お気に入り」に登録することができるので、特に覚えたい単語にチェックして後でまとめてチェックするのがおすすめです。

発音練習モード

発音練習モードでは、発音を練習するだけでなくAIの音声認識機能で判定してもらえます。

(画像引用:PLAY SQUARE

自分の発音が第三者にどう聞こえているのか分かるので、改善しながら進めていけるからいいですよね。

チャンツモード

チャンツモードは単語をリズムに合わせて覚えられる機能。

真面目に勉強するとなると全然覚えられないけど、歌ならすぐに覚えられる…なんて人には特におすすめ。

4単語で1セットの英単語がリズムに乗って流れてきます。

ちょっと早いリズムに聞こえる場合もあるけど、楽しいでごんす。

自動学習モード

自動学習モードは、画面の切り替えや音声の再生が自動で進んでいく機能。

画面に触れなくても次々と単語を読み上げてくれるので、移動中などの聞き流しに便利です。

切り替わる速さを設定できるので、自分の聞き取りやすい速さにすると良いでしょう。

慣れるまでは制限時間を長くして、段々早くするといいワン!

Reviewモード

Reviewモードは、覚えた単語を1週間分ずつまとめて復習できるのが特徴。

単語ボタンを押すと、これまで覚えてきた単語がどんどん表示され、最後に長文のクイズが2問出ます。

(画像引用:PLAY SQUARE

単語を単語としてだけ覚えるのではなく、実際に長文の中で使われているので実践的ですよね。

ただこの機能は「キクタンBasic、Advanced、Super」のみに対応しているでごんす。

キクタンアプリに関するQ&A

ここではキクタンアプリに関するよくある質問を紹介します。

結局キクタンの有料版と無料版の違いって何?

A.レベル設定、単語数、機能の違いです。

無料版は有料版と違ってレベル設定がなく、単語はキクタン「Basic、Advanced、Super」に収録されている単語からいくつか出題されるのみ。

つまり収録単語数が有料版に比べて少なくなっています。また読み上げ機能がついていないので、単語の発音がチェックなどの音声確認ができません。

キクタン英会話やTOEICに対応している単語は出てこないってことだワン…。

キクタンの本とアプリの違いって何?

A.進捗状況が確認できたり、本にない例文があります。改訂前の本を基に作られていることも。

アプリには本にない例文の音声が収録されていたり、進捗状況が画面で確認できるといった違いがあります。

ただ、アプリは改訂前の書籍を基に作られていることがあるので注意が必要。

たとえばアルクから販売しているiOS版アプリの「キクタンTOEIC」は、改訂前の「キクタンTOEIC」という本を元に作られているので、単語収録数や問題の順番が違います。

改訂版の本に対応しているのは、プレイスクエア社から販売されている「キクタンTOEIC All-in-One」なので、購入時は気をつけましょう。

本の場合は手元に本がないと勉強しにくかったけど、それがなくなるのは嬉しいでごんす。

初心者におすすめなのはどれ?

A、キクタンEntry、Basic、キクタン英会話(初級・基礎)がおすすめです。

キクタンには沢山種類がありますが、初心者には以下の「Entry2000」「Basic4000」「キクタン英会話(初級・基礎)」がおすすめ。

キクタンEntry2000
Android)
キクタンBasic4000
iOS/Android
キクタン英会話
(初級編)
iOS/Android)
キクタン英会話(基礎編)
iOS/Android)

これらのアプリは、課金をすれば添削機能や総合テストを受けることができます。

アプリの割引キャンペーンはある?

A.現在5月31日まで半額で購入できるキャンペーンを実施中。

現在キクタンの「Entry、Basic、Advanced、Super」と「英検1級、準1級」「キクタン英会話(発展編)」では、アプリが半額になる割引キャンペーンを実施中です。(通常1,220円が610円)

5月31日までの期間限定なので、気になっている人は今のうちに購入した方がいいでしょう。

機種変更した場合はアプリの引き継ぎはできる?

A.機種変更してもキクタンアプリの引継ぎはできます。

iOSの場合は「AppleID」で紐付けされているので、機種変更したとしても同じAppleIDでログインすれば、また無料でダウンロードができます。

またAndroidの場合は、「Googleアカウント」で紐付けされているので、アプリを再インストールすることができます。

ただしAndroidからiOSに変えたなど、OSが変わった場合は引き継ぎすることができません。

キクタンの口コミ、レビューを紹介

まずはキクタンのtwitter上の口コミを紹介します。

キクタンは初心者だけじゃなくて英語レベルが高い人も活用しているでごんす。

本の方が活用できるって声もあるワン…。

ネット上にあるキクタンアプリに関する良い口コミと悪い口コミは以下の通り。

【良い口コミ】

  • 単語と例文で音声が違うのが良い。
  • 1日16語ずつ覚えるという目標があるから一人でも進められる。
  • リズムで覚えられるから気楽にできる。
  • 計画的に学習できるのが気に入ってます。
  • リスニングスキルがかなり伸びた。
  • コーチングスクールで勧められただけあって良かった。

【悪い口コミ】

  • 1日16語は多すぎる。
  • だんだん復習だけで時間がかかってくるから続きません。
  • クロスワード以外にもゲームがないと楽しくない。
  • 課金しないと総合テストが受けられないのはつらい。

 1日16語というのが丁度いいという人もいればそうでない人もいますが、全体的には満足している人が多い印象ですね。

キクタンアプリは英語力を上げるのにおすすめ

口コミにもあったように、キクタンは英会話教室の講師からも「いいよ」と勧められる教材の一つです。

本で勉強する方が頭に入るという人もいるでしょうが、移動中に勉強するとか場所を変えて勉強したい時など、持ち歩きにはアプリの方がかさばらずに便利ですよね。

有料なのがネックではありますが、語彙を増やせるだけでなくリスニングや発音練習にもいいので、気になっている人は割引キャンペーンを狙うなどしてお得に購入してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました