リバティーイングリッシュアカデミー(LIBERTY)の料金、レッスン内容、口コミまとめ。名門大学の入学や点数アップの実績があるけど実際どう?

リバティーイングリッシュアカデミー口コミ その他の英会話教室
スポンサーリンク

リバティーイングリッシュアカデミー(以下、LIBERTY)は、TOEICやTOEFL、IELTSなどの資格試験や受験対策で有名なスクールです。

講師はたった一人なのに、メソッドや実績がかなりすごいと噂のLIBERTYですが、実際の口コミや評判はどうなのでしょうか。

本記事ではLIBERTYの講座内容や特徴、口コミ・評判などを紹介していきます。

リバティーイングリッシュアカデミー(LIBERTY)の基本情報まとめ

(画像引用:リバティーイングリッシュアカデミー

LIBERTYの代表者、藤川恭宏先生はコロンビア大学大学院でTESOL(英語教授法)を専攻し、独自のメソッド「藤川メソッド」を考案しました。

最初のスキルよりもかなり高い目標を掲げて英語学習に取り組むにも関わらず、その独自のメソッドでほとんどの生徒(2,300名以上)が目標を達成しています。

まずはそんなLIBERTYの基本情報からみていきましょう。

リバティーイングリッシュアカデミーの基本情報
スクール形態 英語塾(資格試験、受験対策ほか)
レッスン形態 グループ・プライベート
エリア 東京(港区)、全国オンライン
教材 オリジナルテキスト
コース
TOEFL iBT/ITP対策コース
・IETLS対策コース
・TOEIC対策コース
・オンラインコース
・国内・海外大学/大学院受験など
料金 受講料(24回):288,000円~
公式サイト https://www.liberty-e.com/

(税抜価格で表示)

【エリア】東京に1校のみだけど全国オンライン受講ができる

LIBERTYの教室は東京(港区)に1校のみ。

【住所】〒108-0014 東京都港区芝5-13-14 THE GATE MITA 2F

教室が遠くて通えないという人は、オンラインレッスンを受講することも可能です。

【TOEFL/IELTS/TOEIC】リバティーイングリッシュアカデミーのオンラインコースまとめ。料金は?通学するのと何が違う?効果は同じ?
リバティーイングリッシュアカデミー(以下、LIBERTY)では、資格試験対策の人のためのオンラインコースがあります。 最近は、通学せずに自宅で学習できるオンラインコースが人気のようです。 本記事ではLIBERTYのオンラインコー...

【TOEFL/IELTS/TOEIC】リバティーイングリッシュアカデミーのオンラインコースまとめ。料金は?通学するのと何が違う?効果は同じ?

【授業】グループレッスンかプライベートレッスンを選べる

LIBERTYのレッスンはグループレッスンかプライベートレッスンの2択。

グループレッスンの場合は1回90分、プライベートレッスンでは50分以上から希望を出せます。

1週間に1~2回以上レッスンを受講すれば、目標達成はできると言い切ってしまっているのがすごいところ。最短で英語力を伸ばしてくれるようです。

随分自信がありそうでごんす。

 

【コース】コースは6種類

LIBERTYのコースは以下の6つ。

  • TOEFL iBT/ITP対策コース
  • IETLS対策コース
  • TOEIC対策コース
  • オンラインコース(TOEFL/IELTS/TOEIC対策)
  • 国内・海外大学/大学院受験コース
  • 国内・海外名門高校受験コース
  • プライベートコース
  • その他(Skypeレッスン/講師養成/ヤングエリート)

もっぱら人気なのは各種資格試験の対策コースと受験コース。

いずれのコースも、スコアアップの実績が公式サイトに公開されています。

資格試験対策コースに関してはオンラインコースもあるので、遠方の人にはいいですね。

最近はオンラインコースに切り替えている生徒も多いみたいでごんす。

LIBERTYでは案外「その他のコース」が充実しているのもポイント。

講師養成コースでは、これから講師になりたい人が対象かと思いきや、英語教師としてさらに上を目指したいという人や、通訳・翻訳者など、実際に英語を使う人が通っています。

LIBERTYの全コースに共通していることは、英語の根幹となる「藤川メソッド グラマーテーブル」を学ぶこと。(メソッドに関しては、特徴のところで後述します)

素人からしたらペラペラに見える人でも、藤川メソッドを学びにくるんですね。

ヤングエリートコースは8歳〜15歳が対象のコース。将来的にグローバルな人間になってもらいたいという親が習わせるケースも多いようです。

藤川メソッドますます気になるワン…!

【料金】グループレッスンは単価9,800円~、プライベートは35,000円

LIBERTYの料金コースは大きく分けて3つ。(プライベートレッスンは2つです)

レッスン回数などで好きなコースを選べるというわけではなく、目的別に決められているので注意しましょう。

  • ショート:基礎の英語力があり、目標まであと少しの人
  • ベーシック:グラマーテーブルを習得し、応用できるようになる基本コース
  • アドバンス:グラマーテーブルを使いこなして高い目標を達成したい人

大半の人はベーシックコースになりそうですが、無料体験時に自分のレベルを見てもらって決めるのが一番良さそうですね。

グループレッスンの料金

LIBERTYの料金(グループレッスン)
コース ショート ベーシック アドバンス
受講料 288,000円 480,000円 705,600円
1回あたり 11,583円 10,000円 9,800円
受講回数
(1回90分)
24回 48回 72回
入会金 50,000円

(税抜価格で表示)

Skypeレッスンコース以外のグループレッスンは、すべて上記の料金です。

回数が増えるごとに単価が安くなっていきますが、1回あたり1万円かかります。

一見高く感じますが、資格試験対策や受験対策コースの場合、どこのスクールでもだいたい似たり寄ったりの料金といったところでしょう。(もっと安いスクールもありますが)

他社との料金比較は特徴のところでするでごんす。

プライベートレッスンの料金
LIBERTYの料金(プライベートレッスン)
コース ベーシック アドバンス
受講料 840,000円 1,680,000円
1回あたり 35,000円 35,000円
受講回数
(1回50分)
24回 48回
入会金 50,000円

(税抜価格で表示)

LIBERTYのプライベートレッスンは、コースに限らず1回あたり35,000円なので、これはかなり高い方。実績を信じて入会するにしても勇気のいる金額ですよね。

大手マンツーマン英会話スクールの場合、1レッスンあたりの料金相場は6,000円~8,000円程度です。

料金重視の人であれば、他のスクールでプライベートレッスンを受けることを検討してみるのもいいでしょう。

ちなみにSkypeレッスンコースの場合は、プライベートレッスンの受講料になります。

リバティーイングリッシュアカデミー(LIBERTY)の特徴

(画像引用:リバティーイングリッシュアカデミー

ここからはLIBERTYならではの特徴を詳しく紹介します。

英語の土台をつくる藤川メソッド・グラマーテーブルを学習する

LIBERTYの最大の特徴は、藤川メソッド・グラマーテーブルを学習することです。

スクールの代表講師、藤川先生が独自に生み出したこのメソッドで、英語の「核」となる構造や基盤を学びます。

具体的には「なぜこのような文法となるのか、次は何がくるべきかという順番の概念」「Verbのルール」というのを、グラマーテーブルというものを使って論理的に説明してくれます。

文法の整理をすることで、文法の構造や英語の構造そのものを理解することができ、4技能がぐんと伸ばせるそうです。

「日本人が日本語を話すときは、意識してないけれど日本語の土台があるから流暢に話せる、英語の場合もネイティブの人が持っている英語の土台を築くことが大事」というわけですね。

公式サイトで現役の東大生が「藤川メソッドがなければ英語の習得は不可能に近い」って言ってて、圧倒されたワン…。

授業の順番が決まっている

LIBERTYでは、グラマーテーブル、スピーキング、ライティングの順番で授業を行うのが特徴の一つ。

どのコースでも、まずはグラマーテーブルの習得からスタートします。(文法、リスニング、リーディング対策)

グラマーテーブルでしっかりと文法構造や英語の基盤を学んだら、TOEFLやIELTSなどの資格試験対策コースはいよいよIELTS、TOEFL PBT(ITP)とSATの文法問題を実践。

受験コースは、センター試験や目標校の入試の過去問を解きながら応用力を強化します。

TOEICコースは、オリジナル教材と市販のTOEIC公式問題集を併用して、テスト形式の授業を繰り返し行うでごんす。

最後の段階では、アウトプットの量を増やしていくことで、スピーキングとライティングを重点的に学習。

途中途中で習得度チェックを行うので、わからないまま次に進むということはありません。

成果保証制度、無料延長保証がある

LIBERTYには、成果に満足できなければ無料で授業を受講できる「成果保証制度」と、受講期間を過ぎても成果に満足できない場合の「無料延長保証」があります。

たとえば無料延長保証の目安をみてみましょう。

無料延長保証の目安

  • ベーシック・コース(48回):無料6レッスン追加
  • アドバンス・コース(72回):無料9レッスン追加
  • エリート・コース(96回):無料12レッスン追加

グループレッスンの場合は6万円相当、プライベートレッスンなら21万円相当のレッスンを追加してくれるワン…。

保証制度には色々と条件がありますが、いずれにしても自信があるからこその保証制度なのでしょう。

ちなみにLIBERTYのコース修了後は大半の生徒がTOEIで860点以上、TOEFL ITPで600点前後を獲得できているようです。

国内外の名門大学、大学院合格の実績がある

LIBERTYは、国内外の名門大学や大学院合格の実績が数多くあり、公式サイトでは各スクールに合格した生徒の生の声を見ることができます。

【国内名門大学、大学院の実績例】

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 東北大学
  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 一橋大学
  • 上智大学

【海外名門大学、大学院の実績例】

  • ハーバード大学
  • プリンストン大学
  • イエール大学
  • コロンビア大学
  • 英国大学/大学院
  • オックスフォード大学
  • ケンブリッジ大学
  • ロンドン大学

ここには載せていないけど、名門高校の実績も多いでごんす。

高校2年生からリバティーに通い、東大の文科一類に在学という人もいるので、興味のある人は公式サイトをチェックしてみて下さい。

留学サポートが手厚い

LIBERTYではIELTSなどでスコアアップを図ったあと、そのまま海外留学への道筋を立ててくれる留学サポートもあります。

留学サポート例

  • 出願に関する事務手続き
  • 入試エッセイの添削指導
  • 詳細な学校(高校・大学・大学院・MBA)レポート
  • 入学手続きに必要な書類の取り揃え
  • 必要に応じた個別カウンセリング
  • 緊急時サポート

留学手続きを進めるにしても、まずエージェント探しに困る人が多いので、その点では安心してLIBERTYに任せられますよね。

他社に比べてプライベートレッスンの料金が高い

LIBERTYの料金は他社と比べてどうなのでしょうか。

ここではIELTS対策コースについて、バークレーハウス語学センター、シェーン英会話と比較してみましょう。

LIBERTY バークレー
ハウス
シェーン英会話
コース ベーシック
IELTS対策 IELTS対策
料金 1,680,000円 360,000円 237,600円
単価 35,000円 8,000円
~9,500円
5,940円
レッスン 50分 55分 40分
回数 全48回 全40回
全40回/8か月
形態 マンツーマン マンツーマン マンツーマン
講師 日本人 ・ネイティブ
・日本人
・ネイティブ
・日本人
入学金 50,000円 20,000円
20,000円

マンツーマンレッスンの場合、他社と比較するとかなり高く、シェーン英会話の6倍近くもかかります。

ただ同じコースでも、LIBERTYのグループレッスンの場合は1レッスンあたり10,000円。レッスン時間も90分と、他の2校より40分以上長くなるので、人によってはお得だと感じるかもしれません。

高いお金を払うからには結果を出さないとだワン…。

講師は日本人ただ一人(ネイティブ講師はいない)

LIBERTYの講師は藤川先生が一人と、アシスタントの人のみ。

ネイティブ講師はいないので、英語オンリーの環境を望んでいるという人には向いていないでしょう。

TOEIC専門スクールのイングリッシュイノベーションズは、授業自体がネイティブ講師によって進められます。

また講師が一人ということもあって、相性が合わないと感じた場合に続けるのが辛くなることもあるので、入会前に体験するのが無難です。

【TOEIC/TOEFL/IELTS】イングリッシュイノベーションズの口コミ、評判まとめ。点数保証制度はどんな仕組み?返金してもらえるの?
イングリッシュイノベーションズは、全国に4つの教室を持つ英語学校です。 メインはTOEICなどの英語検定試験対策のスクールですが、ビジネス英会話コースもあります。 指導法には「最先端のアメリカ式メソッド」を採用しているそうですが...

【TOEIC対策英会話教室】イングリッシュイノベーションズの口コミ、評判まとめ。点数保証制度はどんな仕組み?返金してもらえるの?

リバティーイングリッシュアカデミー(LIBERTY)の口コミ、体験談

LIBERTYに関するネット上の口コミを紹介します。

【良い口コミ】

  • iBTで100点を達成したという結果がすべてだと思う。
  • グラマーテーブルを知って良かったです。志望大学に入学できました。
  • 最初は怪しく感じたけど、英語力も伸びたし先生の人柄も良かった。
  • 英語の本質を学べたのは大きい。ちょっと堅い印象ですがおすすめしたいスクールです。

【悪い口コミ】

  • メソッドの内容がいまいちわからなかった。
  • 対して他のスクールと変わらない気がする。
  • 目標レベルが高すぎて無理だった。

口コミ自体は少なめでしたが、どちらかというと良い口コミの方が多いです。

口コミは随時更新していきます。

リバティーイングリッシュアカデミー(LIBERTY)の料金、体験談、口コミまとめ

本記事で紹介したLIBERTYについてまとめました。

LIBERTYのまとめ

  • TOEIC・TOEFL・IELTSなどの試験対策と受験対策で有名なスクール
  • 藤川メソッド グラマーテーブルという独自のメソッドを基盤に学習する
  • 講師は日本人一人だけ
  • 各種試験のスコアアップや名門校合格の実績がすごい(スコアアップ保証制度あり)
  • グループレッスンは1回90分と長め(単価は9,800円~)
  • プライベートレッスンは1回50分から、単価は35,000円と他社より高い
  • オンラインコースは、毎回のレッスンのオンデマンド視聴に限られている

LIBERTYはこんな人に向いています。

  • 本気で資格試験のスコアアップをしたい人
  • 名門校の入学を目指している人
  • 藤川メソッド(英語の根幹を身に付ける)を試してみたい人
  • 料金重視でない人

LIBERTYは、料金は高いものの、実績のあるスクールです。

気になる方はまずは体験に行って話を聞いてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:LIBERTY

タイトルとURLをコピーしました