【中学生、高校生向け】リンゲージスピーク for Teensの料金・特徴まとめ。月15回のレッスンで準1級レベルになるって本当?

リンゲージスピーク 入試について 子供向け英会話スクール
スポンサーリンク

リンゲージスピーク for Teensは、英会話教室のリンゲージが2019年4月からサービスを開始したオンライン英会話教室です。

メインターゲットは、今後の大学入試などに必要なスピーキング力の向上を目指す中学生から高校生。

本記事ではリンゲージスピークfor Teensについて基本情報から口コミまで詳しく紹介していきます。

リンゲージスピーク for Teensの基本情報

長年にわたり、日本を代表する数多くの企業で語学研修をしてきた英会話教室「リンゲージ」が提供するオンラインサービスの一つ、リンゲージスピークfor Teens。

大学入試を見据えた、実践的な英語でのコミュニケーション能力を身につけたい中高生のためのサービスです。

以下、リンゲージスピークfor Teensの基本情報について表にまとめました。

リンゲージスピークforTeensの基本情報
スクール形態 オンライン英会話
対象エリア 全国
コース Level Intro~ Level 8まで9つ
教材 オリジナル
料金 月5回・4,000円~月30回・18,000円まで
公式 https://www.linguage.jp/lss/teens/

(税抜き価格で表示)

なお英会話教室リンゲージについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

英会話リンゲージの料金・コースを解説、口コミや体験談も随時更新
英会話リンゲージは1カ月5,800円からという低料金の英会話教室。 スタッフも講師も年齢層若めのスクールですが、実際の評判や口コミはどうなのでしょうか。 そこで本記事では、英会話リンゲージのコースや料金、評判や口コミについて詳し...

【グループ・マンツーマン】英会話リンゲージの料金・コースを解説、口コミや体験談も随時更新

【レッスン】1回25分/スマホやタブレットでも受講OK

リンゲージスピークのレッスンは1回25分。

Skypeを利用したマンツーマンのレッスンです。

パソコンだけでなく、スマホやタブレットでも受講OK。ただスマホの場合は画面が小さくなるので見づらいでしょう。

ここまでは一般的なオンライン英会話とほぼ同じだワン!

【コース】レベルによって受けられるコースが異なる

リンゲージスピークfor Teensのコースは、最初級のレベルIntroからレベル8まで、9つに分けられています。

リンゲージスピークfor Teensのコース
コース レベル目安
レベルIntro 英検Jr.シルバー~ゴールド
レベル1 ・Teen1
(英検®5級~4級レベル)
レベル2 ・Teen2
(英検®4級~3級レベル)
レベル3 ・Teen3
(英検®3級~準2級レベル)
レベル4 ・Teen4
(英検®準2級~2級レベル)
レベル5 ・Teen5
(英検®2級~準1級レベル)
レベル6
レベル7
レベル8 ・CNN Discussion
(英検®準1級レベル、TOEIC® 650点〜)

レベル5〜7に対応するTeen5は、英検準1級をはじめGTECやTOEFLなどの試験対策に向けた実践的なコースです。

レッスンでは会話のストロークを増やして、論理的なディスカッションができるようになることを目指します。

レベル8のCNN DiscussionではCNNの時事ニュースを題材にディスカッションを行う応用コースです。難しいテーマに取り組むことで、より実践的な英語力を身に付けることができます。

なお、リンゲージスピークでは基本的にオリジナル教材でレッスンを行いますが、CNN Discussionに関してはCNNニュース・リスニング(朝日出版)を利用。別途教材費がかかるので覚えておきましょう。

【料金】月額4,000円から(1レッスン800円から)

リンゲージスピークfor Teensの料金は以下の通りです。

リンゲージスピーク for Teensの料金
コース
月額(1レッスンあたり)
月5回 4,000円 (800円)
月10回 7,500円(750円)
月15回 10,000円(約670円)
月30回 18,000円(600円)

(税抜き価格で表示)

オンライン英会話では、毎日レッスンを受講するプランを提供しているところが多いですが、リンゲージスピークでは少ない回数から利用できるのが特徴です。

無理に毎日受講する必要はないので、学習プランが立てやすく、個人で受講するだけではなく、学校の授業に取り入れているところもあります。

また、1ヶ月あたりのレッスン回数が増えるごとにレッスン単価が安くなるのも嬉しいポイントです。

他社との料金比較は「特徴」のところでするでごんす。

リンゲージスピーク for Teensの学習の流れ

ここではリンゲージスピークの学習の流れを、3つのステップに分けて説明します。

  1. 基礎演習
  2. 実践
  3. 復習

「基礎演習」はレッスン前の予習にあたる部分です。実践とリンクした予習用の教材が会員専用ページからpdfでダウンロードできます。しっかりと予習しておくことで、レッスンをより充実させることが狙いです。

「実践」は実際のレッスンのパート。検定試験対策も含めて、スピーキング力を高めることに重点を置いた内容です。

英検2次試験の素材を利用し、発音や語彙、文法など様々な要素を繰り返し練習することで身につけていきます。

「復習」は実戦で学んだことを定着させるために不可欠なステップです。学習した単語のおさらいや、レッスン内容の漏れをカバーできる内容になっています。

リンゲージスピーク for Teensの特徴

(画像引用:リンゲージスピーク

ここからはリンゲージスピークfor Teensならではの特徴を紹介します。

塾と違って自分のペースで好きな時間に好きなところで学習できる

リンゲージスピークでは、以下の時間帯で自由にレッスンを受けることができます。

  • 平日:午前5時〜午前0時
  • 土曜日:午前10時〜午前0時
  • 日曜日:午前10時〜午後19時

利用可能な時間帯が広いので、学校に行く前や寝る前など、自分の都合に合わせた時間で勉強することが可能。

高校生は、学校の勉強以外にもやることがたくさんあります。たとえば、部活や文化祭のような学校行事、友達付き合いや習い事、場合によってはアルバイトをしていることもありますよね。

そういった中で、毎回決まった時間に学習塾に通うのはむずかしい、という人もいるでしょう。

また一般的に学習塾では、生徒の都合でレッスンが受けられなくても、補講をしてもらえることはありません。

リンゲージスピークの場合、スカイプをスマホにダウンロードしておけば、外出先でもレッスンを受けることができます。

スキマ時間に好きな場所でレッスンを受けられるから、ストレスなく続けられるという人も多そうでごんす。

スピーキングの力を徹底的に高められる

マンツーマンのオンライン英会話は、自分が話す時間をたくさん確保できるのがメリットの一つ。

しかし、スクールによってはしっかりとしたカリキュラムがなく、場当たり的なフリートークになってしまうことも少なくありません。

リンゲージスピークでは、1回1回の目標を明確に設定しているので、生徒にレッスン内容が伝わりやすいのが魅力です。

185時間のトレーニングで英検準1級の2次試験合格レベルになる

リンゲージスピークでは、大学入試対策で理想的な英語力のレベルを英検準1級としています。

準1級レベルに到達するために必要な学習時間の目安は以下の通りです。

準1級レベルに到達するための目安時間
スタート時のレベル 所要時間
英検4級 約185時間
英検3級 約150時間
英検2級 約110時間

(参考:リンゲージスピークfor Teens

たとえば英検3級レベルの高校1年生の場合、月15回レッスンを受講すれば、およそ2年で英検準1級レベルに到達することになります。

英検2級レベルの高校2年生が受講した場合なら、月30回のレッスンを9ヶ月受ければ到達可能。

現在の自分の英語力から入試に必要なレベルまでの時間が分かれば、対策も立てやすいですね。

オリジナルの教材は飽きない工夫がされている

リンゲージスピークで利用される教材は、英語でのコミュニケーション能力とスピーキング力を高めることに特化したオリジナル教材。

部活やレクリエーションなど学校生活に関するテーマを題材にした対話形式の内容で、学生にとって飽きがこないように工夫されています。

読み合わせやロールプレイ、音読やQ&Aなどのアクティビティが収録されていて、効率的にアウトプットを強化するのに最適です。

学生ならではのシチュエーションを題材にしているワン!

私立中学や高校などで指導してきた講師からレッスンを受けられる

リンゲージスピークでは、2016年から高校の正課授業へのオンライン英会話サービスの提供を開始しました。

これは数あるオンライン英会話サービスの中でも初の試みであり、以下の中学、高校への指導実績があります。

  • 本郷中学校・高等学校
  • 江戸川女子中学・高等学校
  • 日本大学目黒中学校・高等学校
  • 明治大学付属中野中学・高等学校
  • 東海大学菅生高等学校 ほか

数多くの企業を指導してきた語学研修ノウハウに加えて、中学生や高校生に対する指導実績が豊富であることも、リンゲージスピークの大きな特徴と言えるでしょう。

音声テキストを何度も聞けるので自習ツールにも良い

リンゲージスピークの会員専用ページからは、いつでも音声テキストを聞くことが可能です。

英語のスピーキングでは反復練習が大事なので、覚えたフレーズが口をついて出てくるまで何度でも練習する必要があります。

予習復習に使えるのはもちろん、普段から反復練習できる自習ツールとしても役に立つでしょう。

ネイティブ講師ではなくフィリピン人講師

リンゲージスピークの講師はフィリピン人講師です。フィリピン人の英語はアメリカ英語に近く、訛りも少ないので日本人にも聞き取りやすいといえるでしょう。

しかしフィリピン人講師の場合、発音やアクセントなど、どうしてもネイティブスピーカーとは違う部分が出てきてしまいます。

そのためアメリカ人やイギリス人といったネイティブの英語が全然聞き取れなかったり、自分の英語が通じないという経験をしたことがある人も・・・

将来的に英語圏で仕事がしたい、英語圏の大学に進学したいというような目標がある人は、やはりネイティブ講師から英語を習った方が効率がいいでしょう。

今は英語圏にもアジア人がたくさんいるけどやっぱり心配でごんす。

他のオンラインスクールより料金が高いのがネックかも・・・

リンゲージスピークとその他の大手オンライン英会話サービスの料金、講師について表にまとめました。

月額料金(1回/25分) 講師
リンゲージ
スピーク
月15回コース
10,000円

非ネイティブ
kimini
英会話
スタンダードプラン
(1日1回)6,028円
非ネイティブ
産経
オンライン
毎日25分プラン
(1日1回)6,090円
非ネイティブ
DMM
英会話
スタンダードプラン
(1日1回)6,480円
・非ネイティブ
・ネイティブ
・日本人
ネイティブ
キャンプ
レッスン回数無制限
(プレミアムコース)
6,480円
・非ネイティブ
・ネイティブ
・日本人

1レッスンの単価は200円代が多いオンライン英会話ですが、リンゲージスピークは約670円となっていて、他社と比べて3倍近く高いことがわかります。

コストパフォーマンスで考えると、他社のほうが優れていると言えるでしょう。

また、講師に関してはDMM英会話とネイティブキャンプは、ネイティブ講師を選ぶことができます。

ネイティブとの英会話に慣れておきたい人はこの2つのどちらかを選んだ方がいいかもしれません。

料金や講師重視なら微妙だワン…。

リンゲージスピークfor Teensの口コミ・評判

残念ながらリンゲージスピークfor Teensだけの口コミは見当たりませんでした。

今後も随時更新していきます。

リンゲージスピーク for Teensの料金、体験談、口コミまとめ

リンゲージスピークfor Teensのまとめは、以下の通りです。

リンゲージスピークfor Teensのまとめ

  • 英会話教室リンゲージが運営しているオンラインスクール
  • 講師は全員フィリピン人
  • コースはレベル別に9段階に分かれている
  • 朝5時から午前0時まで好きな時間にレッスンが受けられる
  • 大手企業で実際に導入されているレッスンを受けられる
  • 英検3級レベルの人の場合は月15回のレッスンで英検準1級レベルになる
  • 他のオンラインスクールより料金は高め(月額10,000円/月15回)

リンゲージスピークfor Teensがおすすめな人はこんな人です。

  • フィリピン人講師に抵抗がない人
  • 準1級レベルを目指したい人
  • 自分の好きな時間に受講したい人

料金は少し高めですが、中高にレッスンの導入実績があり信頼できるリンゲージスピークfor Teens。

気になる方は一度体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

リバティーイングリッシュアカデミー(LIBERTY)の料金、レッスン内容、口コミまとめ。名門大学の入学や点数アップの実績があるけど実際どう?
リバティーイングリッシュアカデミー(以下、LIBERTY)は、TOEICやTOEFL、IELTSなどの資格試験や受験対策で有名なスクールです。 講師はたった一人なのに、メソッドや実績がかなりすごいと噂のLIBERTYですが、実際の口コ...

リバティーイングリッシュアカデミー(LIBERTY)の料金、レッスン内容、口コミまとめ。名門大学の入学や点数アップの実績があるけど実際どう?

タイトルとURLをコピーしました