英語でメールする時に使える「結び」をビジネスの場合とカジュアルの場合でそれぞれ紹介

英語でメールする時に使える結び 英語関係全般
スポンサーリンク

「最近、海外の取引先とのメールのやり取りが増えてきた」という人や「海外の友達に親しみを込めたメールを送りたい」という人のために、英語のメールで使える結びを紹介します。

英語のメールで使われる「結び」とは?

日本語のメールにも、最後の結び「敬具、草々」があるように、英語のメールにも結びが存在します。

日本語に比べると英語の場合は結びの種類が豊富なので、ビジネスシーンやカジュアルなシーンで使い分けが必要です。

相手との関係性や距離を踏まえて、結びを上手に使うと、相手にも好印象となるでしょう。

結びを使うときに、気をつけること

結びを使うときに気をつけることは、以下の通りです。

結びを使うときに気をつけること

  • 結びの頭文字は大文字にする
  • 結びの後にはカンマ(,)を入れる
  • 結びの後は改行してから、自分のフルネームを入れる

慣れている人からすると「当然」というような内容にはなりますが、はじめて結びを使う人は気をつけた方が良いでしょう。

【ビジネス】丁寧な印象にしたいときに使える結び

ビジネスシーンで使える結びを表にまとめました。

結び 相手
sincerely 上司や大切な顧客
 Best regards 上司や顧客
(ややカジュアルな表現)
thank you 同僚や親しい上司

以下、それぞれの結びの使い方について紹介します。

「Sincerely」はフォーマルな印象、目上の人に対して使う

使い方 意味
Yours sincerely,
もしくはSincerely yours,
あなたのことを
心から思っています。
Sincerely yours,
Tarou Tanaka
誠意を込めて、田中太郎

きっちりした、丁寧な印象を与える結びです。

企業同士のやり取りの中ではよく使われますが、かなり堅い印象なので、またかしこまった内容のメールや、年長の方に送るときに使うのが一般的。

ビジネスの他にも、先生や教授など目上の人に対するメールに使っても問題ありません。

「regards」丁寧な印象を与えるスタンダートな表現

使い方 意味
Best regards,
Tarou
尊敬を込めて、太郎
Kind  regards,
Tarou Tanaka
思いやりと敬意を込めて
田中太郎

上記のsincerelyよりはややカジュアルな印象。ビジネスのシーンで使われることが多い結びです。

日本語でいう「敬具」と同じような感じで使うことができます。

「thank you」同僚や親しい上司に感謝を伝える

使い方 意味
Thank you for
your cooperation.
ご協力ありがとうございました。
Thank you in advance. よろしくお願いします

「Thank you 」「Thanks」だけでも良いですが、それだけだと少し素っ気ないかな、という時は「Thank you」のあとに「for~(helpなど)」をつけると良いでしょう。

感謝を言われて嫌な気持ちになる人はいないので、同僚なんかに送ると良い印象を与えることができるはず。

【カジュアル】友達など親しい相手に使える結び

友達などの親しい相手に使える結びをまとめました。

結び 意味
See you around, またね
See you soon, また会いましょう
Take care, 気をつけてね、元気でね
Good luck, 幸運を祈る、頑張ってね
Your friaend, あなたの友
(顔見知りや知り合い程度)
Love, 愛を込めて(親友や家族、恋人に対して)
Lots of love, たくさんの愛を込めて

友達などの親しい間柄であれば、特段気をつける必要もありませんが、結びを変えることによって自分の気持ちをより伝えることができるでしょう。

他にも、最後を挨拶でしめることもあります。

  • Have a great day.(良い日を過ごしてね)
  • I hope you get better.(お大事にね)
  • I look forward toseeing you again.(また会えるのを楽しみにしてるよ)

「Have a great day.」なんかはよく使われますよね。

ちなみに、書きだしの表現は「Dear」や「Hi」でOK

女性などは友達との手紙交換で「Dear」を使ったことがあるという人もいるかもしれませんね。

たとえば、このような使い方になります。

【書きだしの例】

  • Dear Ms Aaron,
  • Dear Asha,
  • Hi,Ms Aaron,
  • Hi,Asha,

書きだしの場合、挨拶や名前の後にカンマ「,」を入れましょう。

連絡をとる相手であれば「Dear」を使えば間違いないですが、一度、話したことがあるような相手なら「Hi」でも良いかも。

(名前の前にMs.やMr.を組み合わせて少し丁寧するのも可)。

あまり表現が固すぎても、読み手側としては「堅すぎる」と印象をさげてしまうことがあるので、相手との距離感によって使いわけましょう。

結びを使い分けて、自分の気持ちが伝わるメールを送ろう

慣れない英語でメールを作るのは大変ですが、個人のやり取りの場合、結びの表現によっては「親しみを込めてくれている」と感じられるので悪いことばかりではありません。

また、相手はあなたの表現をみて「英語を勉強しているんだな」と好印象として感じとってくれることもあります。

自分と相手の距離感に合わせて結びを使いわけて、メールで自分の思いを表現しましょう。

タイトルとURLをコピーしました