PRESENCE(プレゼンス)のオンラインコースと通学タイプの違いって何?オンラインコースにしかない動画コースとは?

プレゼンスオンラインコースの違いについて プレゼンス

英語のコーチングスクールとして有名なプレゼンス。

通学だけでなくオンラインコースも実施していますが、実際のところ内容にどんな違いがあるのでしょうか。

本記事では、プレゼンスのオンラインコースの基本情報や料金、各コースの特徴などを紹介していきます。

プレゼンスのオンラインコース基本情報

プレゼンスオンラインコースでは、通学クラスと同じレベルのレッスンをオンラインで受講できます。

主な対象は、仕事が忙しく教室に行けない人や、地方や海外などに住んでいる人。

オンラインでも成果を感じる人が多いことから、紹介や口コミによる入会が約50%にまでのぼっているようです。

オンラインコースの基本情報
対象エリア 全国
レッスン形態 グループ
コース ・TOEFL iBT®︎ TEST 
・TOEIC®︎L&R TEST
・英語準備
・英会話
教材 オリジナル、市販
※コースによる
料金
1カ月/71,000円~
公式 https://www.presence.jp/

(税込み価格で表示)

なお、プレゼンス自体の基本情報に関しては、以下の記事を参考にしてください。

PRESENCE(プレゼンス)の料金・プラン・特徴や体験談・口コミまとめ
PRESENCE(プレゼンス)は、たった2カ月で必ず満足のいく英語力に導くと謳っている英語・中国語のコーチングスクールです。 日本で初めての語学コーチングスクールで、18年分の蓄積されたノウハウがあると言われると非常に気になるところで...

PRESENCE(プレゼンス)の料金・プラン・特徴や体験談・口コミまとめ

レッスン|週1回2時間/クラス制のグループトレーニング

レッスンは週1回2時間で、1クラス3人から10人ほどのクラス制。

基本的な内容は以下の通りです。

  • 1週間の学習状況の確認
  • テスト
  • コーチからのフィードバック
  • 次週の課題説明

プレゼンスはコーチングスクールなので、学習方法や意識の持ち方についての指導がメイン。

細かい文法などについての教育は受けられないと思った方がよさそうですね。

また、基本的にはグループレッスンですが、中には自分のペースで学習を進められる、動画視聴のみのコースも用意されています。

コース・期間|4種類のコース/週1回2時間のレッスンを1~2カ月

オンラインコースは以下の4種類があります。

  • TOEFL iBT TESTオンラインコース
  • TOEIC L&R TESTオンラインコース
  • 英語準備オンラインコース(1カ月)
  • 英会話オンラインコース

各コースは初心者、中上級者、といった具合でクラス分けされているので、同じようなレベル感の人と一緒に学習が可能。

ほとんどのレッスン期間は、週1回2時間×8回の2ヶ月間ですが、英語準備オンラインコースのみ、週1回2時間×4回の1カ月間です。

他のコーチングスクールだと3ヶ月のところが多いので、比較的レッスン期間は短めと言えるでしょう。

2か月間でぎっしり知識を詰め込むから大変だけど、スピード重視で効率よく英語のスキルを向上したい人にとってはぴったりでごんす。

プレゼンスのオンラインコースに共通している特徴

ここからは、プレゼンスのオンラインコースに共通している特徴を説明します。

国内外のどこからでもスマホ、タブレット、パソコンで受講できる

 レッスンは通信環境と必要な機材があれば、場所を問わず受講できます。

端末やOSによる制限がほとんど無く、国内外で手軽にレッスンを受けられるのは便利な点ですね。

通学タイプと全く同じクオリティの授業が受けられる

「対面でない分、オンラインだと質が落ちるのでは。」と感じる人もいるかもしれませんが、通学クラスと同じクオリティの授業を受けられるのは大きなメリットです。

生徒とコーチの顔が見えますし、対面と同様に個別のコーチングも受けられます。

レッスンでは、通学クラスと同様に、各自の学習状況やテストの点数が全員の前で発表されます。何もしていないと、恥ずかしい思いをすることになるので要注意。

また、他の生徒やコーチと自己学習で得た効率のいい方法、勉強時間を確保するコツ、やりたいけれど出来なかったことなどについて話し合う時間も取ります。

あえてお互いの状況を開示することで、オンラインでもやる気を出す環境づくりをしているんだワン!

通学クラスと同じように、他の人のやり方や意見を聞くことで、自分の学習方法を改善しながらスキルアップが可能です。

公式サイトに細かなカリキュラムが公開されている

各コースはそれぞれ1周目から8周目まで、何を学ぶのか詳細に決められています。

たとえば、TOEFL iBT TEST 90点コースなら、1から4週目の間に行うのは基本的な知識の習得、問題の傾向を理解したり、4週目以降は、よく出る単語の習得、スピーキング・ライティングの実践などが含まれます。

詳細は公式サイトで確認できるので、自分に必要な内容がコースに含まれているか、レベルに合っているかといったことを事前にチェックしてみましょう。

ポータブルオーディオプレーヤーを用意する必要がある

オンラインコースの受講には、Wi-Fiや端末の他にポータブルオーディオプレーヤーを用意する必要があります。

これは、音声教材を使った課題があり、移動中などのスキマ時間に端末で学習できるようにするためです。

 ポータブルオーディオプレーヤーには、スマートフォンやiPodなどのICレコーダーが該当します。

たとえばiPhoneを使っている人なら、PCに入っているiTunesからiPhoneにデータを移せるようにしておけば問題ないでしょう。

音声教材が使えなかったら元も子もないから注意でごんす。

公式サイト:プレゼンス

TOEIC®︎ L&R TESTオンラインコース

TOEICオンラインコースはさらに4つのコースに分かれます。

  • 900点コース
  • 750点コース
  • 600点コース
  • 動画コース

各コースではTOEICに必要な基礎知識を定着させながら、数時間のテストに集中するためのトレーニングや、素早く問題を解く練習をするのが中心。

また、コースのレベルが上がるにつれて、スコアアップするために必要な実践を増やしていきます。

1クラスの定員は最小3人、最大人数は6人から10人まで。プレゼンス独自の教材と、自分のレベルに合わせた市販の教材を併用します。(費用は生徒負担)

コースの対象者は、ある程度英単語や文法の知識がある人から、900点を目指す上級者まで。完全な初心者にとっては、レベルが高いと感じるでしょう。

通学クラスとの違い|動画コースがある

毎週決まった時間にグループレッスンを受けられない人や、効率よく1人で学習を進めたい人は動画コースを受けられます。

大学受験などで英語を一通り勉強したことがある人から、TOEICスコア700点の人まで幅広く対応しているのもポイント。

1回の動画は3分から15分程度です。1.5倍速や倍速設定もできて、移動時間にさくっと視聴が可能。

また、専用のアプリにレッスン動画を落としておけば、インターネットに接続せずにどこでも見られるので便利です。

レッスンの流れは基本的にクラス制。

  • レッスン受講
  • レッスンの復習や課題を実施
  • 確認テスト

毎週のレッスンがないため、わからないことはコーチにメールで相談して、アドバイスをもらえるという仕組みです。

効率よく学べる点は魅力的ですが、懸念点は一緒に頑張る仲間や、コーチとのコミュニケーションがほとんどないこと。

セルフマネジメントが上手い人でないと、上手く活用するのは難しいでしょう。

自分で黙々とやるパターンだから向き、不向きがあるワン…。

料金|動画コース69,800円/他141,000円~161,000円

TOEIC®︎L&R TESTオンラインコースの料金は以下の通り。

TOEIC®︎L&R TEST
オンライン コース(2カ月)

900点コース 161,000円
750点コース 151,000円
600点コース 141,000円
動画コース(全8回) 69,800円

(税込み価格で表示)

他社と比較すると、値段はわりと良心的と言えそうです。

たとえば同じコーチングスクールのプログリット、トライズのTOEIC L&Rコースを見てみましょう。(※2020年8月時点の情報です)

【プログリット TOEIC L&Rコース】
(2か月)
受講料328,000円+入会金50,000円=378,000円

※定期的なレッスンはなく、学習カリキュラムの提案や自主学習のサポートがメイン

トライズ TOEIC L&Rコース
(2か月)
受講料230,000円+入会金0円+TOEIC受験料4,800円=234,800円
※一括払いの場合
※週2回のマンツーマンレッスン
※スコアアップしなかったら、1か月延長無料

プランによっては他校と10万から20万円ほどの差があるので、プレゼンスの値段はかなり財布に優しい方ではないでしょうか。

ただ、トライズのような保証制度はないため、続けられるか不安な人、スコアアップの自信がない人は、事前によく検討したほうがよさそうです。

保証制度は条件ありだけど安心でごんす。

なお、プレゼンスのTOEIC®︎L&R TESTコースに関して詳しいレッスン内容や口コミ、評判は以下の記事を参考にしてください。

PRESENCE(プレゼンス)TOEIC®︎ L&R TESTコースを徹底解説!料金や授業内容、口コミ・評判をチェック
英語のコーチングスクール「プレゼンス」では、 TOEIC に特化したコースを設けています。 過去受講した人は、どのくらいの成果を上げているのでしょうか。 本記事ではプレゼンスの TOEIC コースの基本情報から、各コースの特徴や...

PRESENCE(プレゼンス)TOEIC®︎ L&R TESTコースを徹底解説!料金や授業内容、口コミ・評判をチェック

TOEFL iBT®︎ TEST オンラインコース

TOEFL iBT®︎TESTオンラインコースはさらに3つのコースに分かれます。

  • 105点コース
  • 90点コース
  • 70点コース

レッスンではTOEFLの頻出単語・文法の理解と暗記、スピーディーに英語を聞いたり読んだりするコツ、日本語に翻訳せずに読む力などを身に付けます。

教材はプレゼンスが開発したものと、一般に出回っている問題集などを両方使用。

各クラスの最小開講人数は3人で、最大人数は6名から10名になっています。

通学クラスとの違い|入門コースがない

オンラインには初心者用コースがなく、一番下の70点コースでもTOEIC800点以上、TOEFL50点以上を取得した人が対象です。

TOEIC800点というと、英語を流暢に話せてビジネスの場でも使えるレベル。

上級者以上のスキルを持った人でないと、レッスンについていくのは大変でしょう。

ただ、英語資格のスコアを取得していなくても、通学クラスの入門コースを受講した人であれば、オンラインに移行できます。

最初は通学クラスから始めて、じっくりTOEFLのスコアを上げていくのも一つの手だワン!

料金|2カ月/182,000円~202,000円

TOEFL iBT®︎TESTオンラインコースの料金は以下の通り。

TOEFL iBT®︎ TEST
オンライン コース(2カ月)

105点コース 202,000円
90点コース 192,000円
70点コース 182,000円

(税込み価格で表示)

TOEFLコースの料金は18~20万円。

同じグループ制のイングリッシュカンパニーと比較してみたところ、そこまで大きな差は見られませんでした。(2020年8月時点の情報です)

【イングリッシュカンパニー】

・中級者向けコース(2か月間、120分×8レッスン)
 受講料200,000円+入会金20,000円=220,000円

上級者向けコース(2か月間、120分×8レッスン)
 受講料185,000円+入会金20,000円=205,000円

レベルによって料金は変動しますが、おおむね20万円前後と、相場と同じくらいですね。

なお、プレゼンスのTOEFL iBT®︎TESTコースに関して詳しいレッスン内容や口コミ、評判は以下の記事を参考にしてください。

PRESENCE(プレゼンス)のTOEFL iBT®TESTコースの評判はどう?教材やコース内容、体験者の口コミまとめ。
PRESENCE(以下、プレゼンス)は2001年に設立された、日本初のコーチングスクール。 資格対策に強いスクールとして知られていて、TOEFLコースは設立当初から存在し、現在まで19年にわたる指導実績があります。 コーチングス...

PRESENCE(プレゼンス)のTOEFL iBT®TESTコースの評判はどう?教材やコース内容、体験者の口コミまとめ。

英語準備オンラインコース

TOEICコースや英会話コースの前段階として、英語学習の初心者に向けたのが英語準備オンラインコースです。

期間は1か月で、定員数は最小3名から最大10名まで。

英語を話すためのベースとなる時制、不定詞、比較などの構文と、約1,000の単語を暗記して、次のステップに繋げていくのがレッスンの主な目的です。

いきなり普通のコースを受講するのは不安な人、再度英語の基本を学びたい人にとっては丁度良いコースでごんす。

教材|オリジナル教材が郵送で送られてくる

教材は、プレゼンスから郵送される独自開発の教科書や構文集を使用。また、先ほど述べたダウンロード形式の音声データも利用します。

利用方法は、レッスンを進めていく中でコーチが指導する仕組みです。

ちなみに、各教材の料金は受講料に含まれているので、別途支払いはありません。

ただ、音声データを使うためのプレーヤーは生徒負担で準備する必要があります。

料金|1カ月/71,000円

英語準備コース(1カ月)
71,000円

(税込み価格で表示)

英語準備コースの料金は1カ月71,000円。

本料金を他のコーチングスクールと比較してみましょう。(2020年8月時点の情報です)

ストレイル】
(3ヶ月間)

受講料255,000円+入会金42,500円=297,500円
※レッスンなし、教材やカリキュラム提供とサポートがメイン

トライズ
(2か月間)
受講料162,890円+入会金50,000円+コンサルティング費185,000円=397,890円
※月額受講料81,445円×2か月間(月払い)で試算
※ネイティブスピーカーとのレッスン×週3回
※期間中はグループレッスンが受け放題

13万円から、高いと23万円ほどの差額があることがわかります。

プレゼンスのコースにかかる16万円は決して小さな金額ではないですが、他と比較するとコストパフォーマンスが高く感じられますね。

なんか結構お得なのかもって思えてきたワン…。

英会話オンラインコース

英会話オンラインコースはさらに3つのコースに分かれます。

  • 上級入門コース
  • 中級コース
  • 初級コース

レッスンでは、日常会話の練習、プレゼンテーションのやり方、自分の考えを伝えるトレーニングなどを行います。

クラスの定員は最小3名から最大10名まで。

自己紹介や簡単なやり取りができることから、海外出張で使えるような英語を習得することを目指しています。

普段の生活で英会話をできるようになりたい人や、仕事で英語が必要になる人におすすめでごんす。

通学クラスとの違い|発音矯正コース、上級コースがない

 オンラインでは、通学クラスにある発音矯正コースと上級コースがありません。

オンラインで一番レベルが高いのは上級入門コース。TOEIC800点以上の人が対象ですが、通学クラスにはもう一段階上の、900点以上の人を対象にした上級コースがあります。

また発音矯正コースは、カタカナ英語を卒業してネイティブらしい発音を身に付けたい人向けのクラスです。

オンライン英会話コースは初級、中級、上級入門の3つがあるので、ほとんどの人はそのうちのどれかを選べば問題ないでしょう。

しかし超上級のスキルを持っている人や、発音矯正に特化したい人は、通学コースも検討してみてください。 

料金|2カ月/131,000円~

英会話オンラインコース(2カ月)
上級入門コース 151,000円
中級コース 141,000円
初級コース  131,000円

(税込み価格で表示)

英会話オンラインコースの料金は約13~15万円。

大手他社ライザップイングリッシュとスパルタ英会話と比較してみると、同じ2か月間でも30万円ほど開きがあることがわかります。

ライザップイングリッシュ英会話コース
(2か月間)

受講料398,000円+入会金50,000円=448,000円
※16回分のマンツーマンレッスン

スパルタ英会話 日常英会話コース】
(2か月間)

受講料424,000円+入会金0円=424,000円
※マンツーマンレッスン16回、グループレッスン受け放題

これらの2校は、プレゼンスの倍である16回分のレッスンが含まれていますが、合計金額で回数分を割ると、1回あたりのレッスン料は27,000円前後。

対して、上級入門コースの1レッスンの料金は18,875円なので、プレゼンスの方が安いと言えますね。

ただ、スパルタ英会話はマンツーマンに加えてグループレッスンが受け放題なので、たくさん受講した場合は元が取れるかもしれません。

プレゼンスに通学できない人はオンラインコースを検討してみよう

プレゼンスには一部、通学クラスじゃないと受けられないコースもありますが、ほとんどのコースはオンラインでも受講できます。

家に居ながら、通学時と変わらないクオリティのレッスンを受けられるのはとても便利ですよね。

TOEICコースでは、オンラインでしか受けられない動画視聴のコースもあります。

プレゼンスが近くにない人、天候に左右される通学クラスが嫌だという人はオンラインコースのを検討するのがおすすめです。

迷っている人は、一度無料体験セミナーで詳しく話を聞いてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:プレゼンス

PRESENCE(プレゼンス)の料金・プラン・特徴や体験談・口コミまとめ
PRESENCE(プレゼンス)は、たった2カ月で必ず満足のいく英語力に導くと謳っている英語・中国語のコーチングスクールです。 日本で初めての語学コーチングスクールで、18年分の蓄積されたノウハウがあると言われると非常に気になるところで...

PRESENCE(プレゼンス)の料金・プラン・特徴や体験談・口コミまとめ

タイトルとURLをコピーしました