PRESENCE(プレゼンス)のTOEFL iBT®TESTコースの評判はどう?教材やコース内容、体験者の口コミまとめ。

プレゼンス TOEFLについて プレゼンス
スポンサーリンク

PRESENCE(以下、プレゼンス)は2001年に設立された、日本初のコーチングスクール。

資格対策に強いスクールとして知られていて、TOEFLコースは設立当初から存在し、現在まで19年にわたる指導実績があります。

コーチングスクールとしては少数派であるグループレッスンですが、受講者からの評判はどうなのでしょうか。

本記事では、プレゼンスTOEFL iBT®TESTコースの概要や授業料、受講者の感想などを紹介します。

PRESENCE(プレゼンス)のTOEFL iBT®TESTコースの基本情報

プレゼンスは英語力を短期間で向上させることを目的としたコーチングスクール。講師陣は経験豊富な日本人バイリンガルです。

TOEFLコースではテスト攻略のテクニックよりも、英語学習のクオリティの向上を目指したカリキュラムを作成しているのが特徴。

教室は東京に1校だけですが、2020年6月からはzoomを使ったオンラインでのグループコーチングにも対応しています。(オンラインクラスと通学クラスの受講料は同じ)

以下、プレゼンスTOEFLコースの基本情報について表にまとめました。

TOEFL iBT®TESTコースの基本情報
レッスン形態 グループ
コース・料金 ・105点コース
・90点コース
・70点コース
・入門コース
教材 オリジナル
料金
8週間/172,000円~
公式 https://www.presence.jp/

(税込価格で表示)

*各コースの受講は18歳以上(大学生以上)限定となっています。

なお、プレゼンスの基本情報に関しては、以下の記事を参考にしてください。

PRESENCE(プレゼンス)の料金・プラン・特徴や体験談・口コミまとめ
PRESENCE(プレゼンス)は、たった2カ月で必ず満足のいく英語力に導くと謳っている英語・中国語のコーチングスクールです。 日本で初めての語学コーチングスクールで、18年分の蓄積されたノウハウがあると言われると非常に気になるところで...

【コーチング英会話】PRESENCE(プレゼンス)の料金・プラン・特徴や体験談・口コミまとめ

レッスン・期間|週1回2.5時間のグループトレーニングを2カ月間

プレゼンスのTOEFLコースの授業は、週に1回2.5時間。期間は2ヶ月間で全8回となっています。

コーチングスクールの授業時間は、長くても1回75分程度であるところが多く、プレゼンスはかなり長めの授業であると言えるでしょう。

また冒頭で触れたように、プレゼンスの授業形式はグループトレーニングです。

グループレッスンとはいっても、英会話スクールのように講師から英語を教えてもらうだけではなく、クラスメート同士でも学習についての意見を交換し合うのがユニークなところ。

またプレゼンスのTOEFLコースの場合、一週間の勉強時間の目安は25時間程度とされていて、同スクールのTOEICコースなどに比べて、少し長めに設定されています。

TOEFLはTOEICよりはるかに難しいって聞くでごんす…。

レッスンの流れ|コーチングに一番時間を割く

プレゼンスTOEFLコースの1日の流れは以下の通り。

  • 1週間の振り返り(約15分)
  • 確認テスト(約30分)
  • コーチング(約60〜90分)
  • 翌週の課題説明(約10分)

レッスン内でもっとも時間を使うのがコーチングです。

コーチングでは、各自どのように時間を作って、どのような勉強したかを発表し、時間の管理方法やスキマ時間の有効活用について、コーチだけでなく、同級生からのアドバイスをもらうことも。

コーチングの時間は一定ではなく、長い時では90分近くに及ぶこともあるようです。

クラス内では、試験の点数を上げるテクニックや英語そのものを指導するというよりも、タイムマネジメントや学習方法の共有、モチベーションの維持が主な活動となっています。

他の生徒の意見を参考にできるのは、グループならではの良さだワン!

教材|市販の教材とオリジナル教材の併用

TOEFLコースでは、主に市販のTOEFL対応の単語帳や文法書が教材に使われ、それぞれの生徒に合った教材を講師が選ぶスタイルです。

また、教材の使い方、勉強方法を指導するためのオリジナル教材も使われています。

なお、プレゼンスの公式サイトではTOEFL運営元ETSが監修するOfficial Guideをおすすめの教材としてあげているので、チェックしておきましょう。

(参考:The Official Guide to the Toefl Test

コース・料金|4種類のコース(8週間131,000円~)

プレゼンスのTOEFL iBT®TESTコース
コース 料金
期間
105点 202,000円 8週間
90点 192,000円
70点 182,000円
入門 172,000円

(税込み価格で表示)

プレゼンスのTOEFL iBT®TESTコースは以下の4つです。

  • 105点コース
  • 90点コース
  • 70点コース
  • 入門コース

プレゼンスのTOEFLコースは、マンツーマンのコーチングスクールと比べて受講料がリーズナブル。

たとえば、イングリッシュカンパニーにはプレゼンスと同様に、週1回(2時間)のグループレッスンを2ヶ月というコースがありますが、金額は20万5千円〜22万円。

コースにもよりますが、プレゼンスの方がおおむね3万円程度安く受講することができます。

安いに越したことはないでごんす。

TOEFL iBT®TEST 入門コース

TOEFL入門コースの対象者と定員数は以下の通りです。

  • 対象:TOEIC700点以上/英検2級
  • 定員:最大10名(最小開校人数3名)

受講の目安としては、身近な話題や個人的に関心のあることについて、簡単な文章を作ることができるレベルと考えて良いでしょう。

入門コースのカリキュラム内容

カリキュラムを前半(1〜4週目)と後半(5〜8週目)に分けて、内容を見ていきましょう。

1〜4週目

  • 学習に必要な基本事項を確認
  • 単語の暗記(基礎レベルから)など
  • 必要な文法事項の学習
  • 学習の取り組み方を確認

前半では、文法や語彙の基礎固め、テストに向けた学習の方法についてしっかり学んでいきます。

5〜8週目

  • 実際に使われている英文の効率的な読み方や、文章の書き方を学習
  • 設問の内容をしっかりと把握するトレーニング
  • 55点獲得に必要なスピーキング力とライティング力を養成

後半からは実践的なトレーニングを開始。入門コースの目標スコアである55点を取るために必要なスキルを効率よく身につけていきます。

入門コースのみオンライングループレッスンがないので注意しましょう。

PRESENCE(プレゼンス)のオンラインコースと通学タイプの違いって何?オンラインコースにしかない動画コースとは?
英語のコーチングスクールとして有名なプレゼンス。 通学だけでなくオンラインコースも実施していますが、実際のところ内容にどんな違いがあるのでしょうか。 本記事では、プレゼンスのオンラインコースの基本情報や料金、各コースの特徴などを...

PRESENCE(プレゼンス)のオンラインコースと通学タイプの違いって何?オンラインコースにしかない動画コースとは?

入門コース修了後の目標レベルは55点

TOEFLに出題される英文に慣れることができ、55点を取得できる基礎力の習得が目標。

目標のレベルに達した場合、海外のコミュニティガレッジに出願できるレベル(46〜61点程度)となります。

コミュニティカレッジは2年制の大学であり、4年制大学に行く前の準備として入学する人も。

55点前後で出願できる4年制大学は限られてくるので、入門コースの後にすぐ70点コースを受講する生徒も多いようです。

入門コースを修了したら70点コースに行きたくなっちゃうワン。

TOEFL iBT®TEST 70点コース

TOEFL70点コースの対象者と定員数は以下の通りです。

  • 対象:TOEIC800点以上/TOEFL50点以上/プレゼンスTOEFL入門コースを修了済みの人
  • 定員:最大8名(最小開校人数3名)

70点コースの受講者は、幅広い話題の会話に対応でき、特に自分の得意分野については詳しく話せるレベルだと考えられます。

また、入門コースから上がってきた人であれば、TOEFLについての知識も一通り身についているでしょう。

70点コースのカリキュラム内容

カリキュラムを前半(1〜4週目)と後半(5〜8週目)に分けて、内容を見ていきましょう。

1〜4週

  • 中級レベルに向けて基本事項の再確認
  • 単語の暗記(基礎〜中級)など
  • 目標達成に必要な文法事項の学習
  • 学習の取り組み方を確認

前半は中級レベルに向けて文法や語彙を学習していきます。

5〜8週

  • 文章を正しく読むスキルと読みやすい文章を書く方法を学習
  • 設問の意図を正しく理解するトレーニング
  • 70点獲得に必要なライティング力とスピーキング力を養成

後半からは、より本番を意識したカリキュラムとなり、ライティングやスピーキングなどのアウトプットにも多く時間を費やします。

70点コース受講者によると、予習が多く、特に英語の論文を読む課題は毎週出るそう。しかも量は多めなので、毎週気合を入れて学習していたということです。

70点コース修了後の目標レベルはS&Wの合計で30点

70点コースでは、TOEFLスピーキングとライティングの合計で30点を取れる程度のアウトプット力が目標。

TOEFL70点を取得すれば、海外の一部の大学に出願できますが、アメリカの私立大学などは、80点以上を出願条件にしているところが多いようです。

もうひと頑張りすれば、さらに可能性が広がるでごんす。

TOEFL iBT®TEST 90点コース

TOEFL90点コースの対象者と定員数は以下の通りです。

  • 対象:TOEIC900点以上/TOEFL70点以上/TOEFLリーディング、リスニングセクションで各20点前後を取得している人
  • 定員:最大8名(最小開校人数3名)

TOEIC900点以上の人が対象になっていることからも分かるように、この辺りからは、英語上級者のためのコースと言って差し支えないでしょう。

90点コースのカリキュラム内容

カリキュラムを前半(1〜4週目)と後半(5〜8週目)に分けて、内容を見ていきましょう。

1〜4週

  • 目標スコアを取得するための知識を確認し、大量にインプット
  • 各セクションの特徴や出題傾向を把握
  • 単語の暗記など
  • 目標スコア獲得に必要な文法事項の確認
  • 日本語を介さずに英語を理解するトレーニング

前半は目標スコア取得に向けたインプットがメイン。大量のインプットを通じて、英語を英語で理解できるようにします。

5〜8週

  • 試験によく出る単語の暗記
  • スピーキングとライティングを徹底強化
  • 各セクションの重要ポイントを確認
  • 目標スコアを獲得するため、実践的な問題を消化
  • 英語力を鍛えた上で、テスト攻略の実践的なテクニックを学習

後半はアウトプット主体の内容にシフトチェンジ。基礎力が十分に身についた段階を見計って、試験対策の細かいテクニックを指導します。

90点コースでは、苦手なセクションだったり、力のついていない分野の見極めを徹底し、最終的なアウトプットを実施。

受講生それぞれにとって、得点に直結しやすい箇所を講師が丁寧に指導するようなコース内容です。

90点コース修了後の目標レベルはS&Wで合計40点

コース修了後には、TOEFLスピーキングとライティング合計で40点を取れることが目標です。

なお、TOEFL90点を取得した場合、マサチューセッツ工科大学やハーバード大学などのトップ校を除く、海外のほとんどの大学に出願できるようになります。

ハーバード大学に出願しようと思うって言ってみたいワン…。

TOEFL iBT®TEST 105点コース

TOEFL105点コースの対象者と定員数は以下の通りです。

  • 対象:TOEFL85点以上/TOEFLリーディング、リスニングセクションで各23点以上
  • 定員:最大6名(最小開校人数3名)

105点コースの受講生は十分な英語力はもちろん、TOEFLの知識も豊富に持ち合わせていると言えるでしょう。他のコースに比べて最大定員も少なく、少数精鋭のコースです。

105点コースのカリキュラム内容

カリキュラムを前半(1〜4週目)と後半(5〜8週目)に分けて、内容を見ていきましょう。

1〜4週

  • スコアが伸び悩んでいる理由や弱点を徹底的に分析
  • 弱点を一つずつ確実に克服
  • 目標スコアに必要な知識を確認
  • テストによく出る単語や文法を確認、英語をスピーディーに処理できるように大量のインプット
  • スピーキングのためのアウトプット

105点コースでは、前半からインプットとアウトプットどちらも実施。弱点を克服しつつ、総合的な英語力を上げていくのが狙いです。

5〜8週

  • 弱点がしっかりと克服できているか確認
  • セクションごとの重要ポイントを確認
  • 目標スコア達成に必要な演習問題
  • スコアアップのための実践的なテクニックの学習
  • ライティングの添削指導
  • 試験当日に向けた気持ちのコントロール

後半は取りこぼしを減らし、少しでも点数を上げるためのテクニックを学習。また、試験当日に自信を持って受験できるように気持ちを作ります。

105点コースは、いかに本番で高得点が取るかに焦点を当てたレッスン内容です。単語や文法の学習に加えて、毎週かなりの量の演習問題が宿題に追加されるとのこと。

演習問題は生徒それぞれの苦手分野に特化しているので、しっかりこなせば実力に直結する内容となっています。

105点コース修了後の目標レベルはS&Wで合計50点

コース修了後は、TOEFLスピーキングとライティング合計50点を取得できることが目標。

TOEFLで105点を取れれば、海外の難関大学にも出願できるようになります。

MBA (経営学修士)を目指す人にとっては、TOEFL105点がスタート地点です。

グループ全員で頑張ってほしいでごんす。

TOEFL iBT®TESTコースのスコアアップの実績

プレゼンスの公式サイトで公開している、TOEFL iBT®TESTコースのスコアアップの実績は以下の通り。

TOEFL iBTコース
受講前後の平均スコア
コース 入門 70点 90点 105点
受講前
平均
55.3 73.5 85.6
受講後
平均
58.0 71.6 89.0 98.3
平均
アップ
16.3 15.5 12.7

コースのレベルが上がっていくにつれてスコアの上昇はなだらかになっていますが、最高レベルの105点コースでも、平均12.7点アップしているのはすごいですね。

TOEFL iBT®TESTコースの口コミ、評判まとめ

TOEFLコースを実際に体験した人の声をまとめてみました。

  • 実力と目標点までの差が大きかったけど、頑張ったら103点の結果が出せた
  • 9月までに100点が目標だったけど、8月には106点を達成しました。
  • リーディングとリスニングで予想以上にスコアが伸び、初受験にして96点を取りました(70点コース)。
  • ボキャブラリーとセクションごとの対策を固めたおかげで110点超えを達成!
  • 30点アップを達成。初受験したIELTSでは7.0を獲得できた
  • 自分には合わず、マンツーマンにすれば良かったと後悔しました。
  • 同じコースを受講している人のレベルが異様に高く感じられた。

プレゼンスのタイムマネジメントや学習方法などのノウハウを身につけ、普段の学習にしっかり取り入れている人は、目標以上のスコアを獲得している人もいるようです。

PRESENCE(プレゼンス)のTOEFLコースに賭けてみるのもあり

今回はプレゼンスのTOEFLコースについて、口コミや実績など、より詳しい情報をまとめてみました。

TOEFLの学習を始めたばかりの人や、自分の英語の学習スタイルが定まっていない人、競争心が強い人はかなりのスコアアップが期待できるかもしれません。

気になる人は一度無料体験セミナーに参加してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:プレゼンス

PRESENCE(プレゼンス)の料金・プラン・特徴や体験談・口コミまとめ
PRESENCE(プレゼンス)は、たった2カ月で必ず満足のいく英語力に導くと謳っている英語・中国語のコーチングスクールです。 日本で初めての語学コーチングスクールで、18年分の蓄積されたノウハウがあると言われると非常に気になるところで...

PRESENCE(プレゼンス)の料金・プラン・特徴や体験談・口コミまとめ

タイトルとURLをコピーしました