プログリットとライザップイングリッシュを徹底比較、同じコーチング英会話だけど特徴や価格がどう違う?

プログリットとライザップイングリッシュ比較イメージ画像 スクール比較
スポンサーリンク

プログリットとライザップイングリッシュは、コーチングを専門とする英会話サービスです。

それぞれの特徴を確認して自分に最適な方を選びましょう。

本記事では、プログリットとライザップイングリッシュの料金やレッスン内容などの基本情報や口コミを徹底比較します。

プログリットとライザップの基本情報を徹底比較

まずは、プログリットライザップイングリッシュの基本情報についてまとめました。

プログリット ライザップ
イングリッシュ
サービス内容 コーチング コーチング
+英会話レッスン
受講期間 2か月~6か月※1 2か月~4か月
受講料金 328,000円
~894,000円
328,000円
~658,000円
入会金 50,000円 50,000円
コース ・ビジネス英会話コース
・TOEIC® L&R Test コース
・TOEFL iBT®︎ & IELTSコース
・英会話コース
・TOEIC® L&R TEST
スコアアップコース
一般教育
給付金制度
<対象コース>
・ビジネス英会話コース
・TOEIC®L&R Testコース
<対象コース>
・TOEIC®スコア
アップコース(24回)
支払い方法 ・一括払い
・クレジットカード
・一括振込
・デビットカード
・分割払いでの引き落とし
支払い回数 最大24回払い
(分割はクレジットカードのみ)
最大60回払い
(最大60ヶ月)
保証 全額返金保証
(30日以内)
全額返金保証
(30日以内)
英会話
レッスン
無し 週2回(1回50分)
講師
バイリンガル日本人講師
(ネイティブ講師※2)
コーチ バイリンガル日本人講師 バイリンガル日本人講師
面談 週1回(1回60分) 週2回

(税別価格で表示)

※1:12か月プランあり
※2:オンライン受講のみ、別途でCAMBLY(キャンブリー)と契約が必要

料金|英会話ならプログリット、TOEICならライザップが安い

プログリット「ビジネス英会話コース」とライザップイングリッシュ「英会話コース」の料金を比較すると、以下の通りです。

プログリット ライザップ
イングリッシュ
ビジネス英会話 コース 英会話
328,000円 2か月プラン 398,000円
468,000円 3か月プラン 528,000円
894,000円 <プログリット>
6か月プラン
<ライザップ>
4か月プラン
658,000円
50,000円 入会金 50,000円

(税別価格で表示)

上記のコースの場合、ライザップイングリッシュよりもプログリット方が安いです。

次に、プログリット「TOEIC® L&R Test コース」とライザップイングリッシュ「TOEIC® L&R TEST スコアアップコース」の料金を比較すると、以下の通りです。

プログリット ライザップ
イングリッシュ
TOEIC® L&R Test コース TOEIC® L&R TES
スコアアップ
328,000円 2か月プラン 328,000円
468,000円 3か月プラン 450,000円
894,000円 <プログリット>
6か月プラン
<ライザップ>
4か月プラン
572,800円
50,000円 入会金 50,000円

(税別価格で表示)

上記のコースの場合、受講期間に関わらずプログリットよりもライザップイングリッシュの方が安いです。

TOEICの試験対策で利用する場合、安い方を選びたいならライザップイングリッシュでしょう。

また、プログリットは上記で紹介したコース以外にも「TOEFL iBT®︎ & IELTS」コースがあり、料金プランは全て同一です。

ライザップイングリッシュは「英会話(ビジネス英語含む)」「TOEIC® L&R TEST スコアアップ」の2種類のみなので、TOEFLやIELTSの指導を受けたい人はプログリットを選ぶことになります。

指導内容・レッスン・勉強内容一覧表

プログリットとライザップイングリッシュの勉強内容などについて、簡単にまとめました。

プログリット ライザップ
イングリッシュ
面談頻度 週1回 週2回
テスト 週1回 週2回
英会話レッスン 無し 週2回
コーチとのやり取り 毎日24時間 毎日24時間
勉強内容(例) ・シャドーイング
・瞬間英作文
・英単語の暗記
・職種によるトレーニング
・(オンライン英会話)
・ディクテーション
・スラッシュリーディング
・オーバーラッピング
・シャドーイング
・声に出す意味音読
・文を読み上げるリピーティング
・カランメソッド(レッスン)
・オンラインレッスン

※2020年10月時点での情報です

プログリットの特徴は、とにかく「学習効率」と「学習時間の確保」をメインにしたコーチング

学習効率をあげるために、専属コーチと毎日連絡を取り合い、学習の開始と終了を報告、シャドーイングの添削、質問などを24時間以内で返信してもらうことができます。

一方、ライザップイングリッシュの特徴は「充実した英会話レッスン」と「きめ細やかなサポート」

バイリンガル日本人講師による英会話レッスンは、完全個室のマンツーマンレッスンなので、周囲を気にすることなく集中してレッスンを受けることができるでしょう。

また、週に2回コーチと話す機会があり、チャットでは表現しづらい英語勉強に関する悩みを相談することができるので、モチベーションを維持することができます。

エリア|ライザップは東京都のみ、プログリットは複数拠点あり

プログリットとライザップイングリッシュの通学対応エリアは、以下の通りです。

対応エリア
プログリット ライザップ
イングリッシュ
東京・大阪・神奈川
・愛知・大阪
東京

プログリットとライザップイングリッシュは、両社ともオンライン対応可能なので、上記の地域に住んでいなくても、サービスを利用することができます。

基本的にオンライン面談をする方向で考えている人は、校舎が近くになくても特に不便を感じない人もいるでしょう。

両社とも30日以内なら全額返金保証あり

プログリットもライザップイングリッシュも、初回利用から30日以内であれば、全額返金保証制度が適用されます

コーチングは他の英会話サービスと比較すると高額なので、利用を躊躇してしまう人も多いはず。

そのため返金保証があるのは嬉しいですね。

プログリットとライザップイングリッシュの違い

プログリットとライザップイングリッシュの違いについて、詳しく説明します。

プログリットは英会話レッスンなし、ライザップは英会話レッスンあり

プログリットとライザップイングリッシュの決定的な違いは「英会話レッスンの有無」。

プログリットが提供するサービスは「コーチングのみ」なので、英会話レッスンがありません

といっても、希望があれば英会話レッスンも受けられるのですが、DMM英会話、CAMBLY、ネイティブキャンプの、いずれかオンライン英会話と別途契約が必要になります。

ちょっとここがややこしいですね。

一方、ライザップイングリッシュのサービスは「コーチング+英会話レッスン」です。

バイリンガル日本人講師とのレッスンは週2回、途中で講師が変わることはなく、最初から最後まで同じ講師に担当してもらえるという安心感があります。

バイリンガル日本人講師とのレッスンは、対面式かオンライン受講か、好きな方を選ぶことができます。

他にも、ライザップイングリッシュの場合は受講料の中に、CAMBLYのオンライン英会話の受講料が含まれていて、週2回オンラインでネイティブ講師とレッスンすることができます。

日本人講師とのレッスンではインプット、ネイティブ講師とのレッスンではアウトプットができるので、スピーキングとリスニング力が身に付くでしょう。

コースの違い、TOEFL・IELTS対策の有無

プログリットでは「ビジネス英会話」「TOEIC・TOEFL・IELTS」の試験対策について指導を受けることができます。

一方、ライザップイングリッシュでは「英会話」「TOEIC」と、コースは2種類なので、単純にTOEFLやIELTSの指導を受けることはできません。

ちなみに、ライザップイングリッシュは「英会話コース」となっていますが、ビジネス英会話にも対応可能です。

ただTOEICに関しては、プログリットでもライザップイングリッシュでも指導を受けることができます

自分の英語勉強の目的や英会話レッスンの有無、料金などで決めると良いでしょう。

受講生の英語レベルの違い

公式サイトを参考にすると、プログリットを受講する初心者の数は全体の3割程度

逆を言えば、プログリットの受講生の7割は中級者から上級者ということになります。

先ほども触れた通り、プログリットは自宅学習がメイン、提供するのはコーチングサービスのみ

そのため「全然英語に関する知識や学習経験がない」という人よりも、ある程度の英語力があり「今より効率が良く、自分に合う勉強法を知りたい」「勉強時間を徹底的に管理してほしい」という、既に英語に挑戦している人の方が向いているかもしれません。

そもそも英会話レッスンがないので、英会話初心者がプログリットを利用するだけで「英語がペラペラ話せるようになる」ところまで到達することはないでしょう。

一方、ライザップイングリッシュは受講生の英語レベルについて公表していませんが、以前まで「ベーシックコース」といって、英会話初心者向けのコースがありました(現在はありません)。

現在はコースの内容が、より改善されて「英会話コース」となったわけですが、英会話初心者に対して指導してきた実績とデータがあり、講師陣も英会話初心者を対応してきた経験があるため、サービスに期待ができます。

校舎エリア・開講している時間帯の違い

エリアに関しては先ほど触れた通り、プログリットは「東京・大阪・神奈川・愛知・大阪」に対して、ライザップイングリッシュは「東京都のみ」。

また、校舎の営業時間は以下の通りです。

プログリット ライザップ
イングリッシュ
営業時間 <平日祝日>
12:30~21:00
<土日>
9:30~18:00
7:00~23:00※
利便性 最寄り駅から3~10分 最寄り駅から徒歩5分

※一部の店舗を除く

ライザップイングリッシュの方が、プログリットよりも営業時間が長いです。

校舎は面談以外にも、自習室を利用することができるので、営業時間は長い方が嬉しいですよね。

またライザップイングリッシュは、対面マンツーマンレッスンもある関係で営業時間が長いのでしょう。

通学の利便性については、大手ということもあり、どちらも最寄り駅から近いので大差ありません。

プログリットとライザップイングリッシュの口コミの違い

プログリットの口コミは以下の通りです。

【プログリット】

  • 英語の勉強方法がわかったから上達するのが実感できた
  • 最初は1日3時間も勉強できないと思ったが、アドバイスが的確で勉強時間を確保できた
  • 勉強方法が理論的で、納得しながら勉強に取り組めた
  • 自分にやる気次第。頑張ればTOEICの点数は上がる
  • コンサルタントの人が手厚くサポートしてくれた
  • プログラムがオーダーメイドのところが良いと感じた
  • 卒業してからも毎日4時間勉強が定着している
  • 3か月では物足りなく感じた
  • 毎週の面談が憂鬱だった

【ライザップイングリッシュ】

  • 最初は宿題の多さに驚いたが、英語漬けを味わいたかったのでちょうど良い
  • 「わからない」が伝えやすい日本人トレーナーで安心した
  • モチベーションが下がったときに解決策を出してくれて助かった
  • メンタル的なサポートが良かった
  • 自分の苦手な部分をトレーナーが一瞬で見抜いてくれた
  • 弱音を吐いたら電話をくれた
  • 「優しいトレーナー」か「厳しいトレーナー」を選べるのが良い
  • 宿題量が多く、挫折してしまった
  • 想像以上に英語力が伸びなかった

プログリットもライザップイングリッシュも、前向きな口コミが多数

しかし、両社とも1日の学習時間が多かったり、課題(宿題)がでるので、それが大変だったという声もあります。

プログリットがおすすめな人、ライザップがおすすめな人

プログリットはこんな人におすすめです。

プログリットがおすすめな人

  • 英会話レッスンは不要、コーチングのみをしてもらいたい人
  • 学習時間を徹底的に管理してもらいたい人
  • 自分に合う最適な学習方法を指導してほしい人
  • 校舎に通う時間がない・オンラインで完結したい人

ライザップイングリッシュがこんな人におすすめです。

ライザップイングリッシュがおすすめな人

  • コーチングの他に英会話レッスンも受けたい人
  • 対面式でレッスンを受けたい人
  • 英語力を基礎から身に付けたい人

ネット上には様々な口コミが見られますが、やはり実際に体験しないことには自分に合うかどうかはわかりません。

プログリットもライザップイングリッシュも無料体験・カウンセリングが受けられるので、まずは無料体験で様子を見るのも一つの手です。

タイトルとURLをコピーしました