プログリットTOEIC®︎ L&R Testコースの内容、評判、効果まとめ。3カ月で何点スコアアップできる?

プログリットTOEIC プログリット
スポンサーリンク

プログリットは、サッカーの本田圭佑選手が公式アンバサダーを務めていることでも有名な英語コーチングスクールです。

2016年の創業以来、サービス利用者数は累計8,000名以上にのぼります。

プログリットでは英会話レッスンを行わず、学習効率を追求した学習習慣を身につけられるサービスを提供。

本記事では、プログリットの中でも利用者が多いと言われているTOEIC®︎ L&R Testコースの特徴やレッスン内容、利用者の感想などを紹介していきます。

プログリットのTOEIC®︎ L&R Testコースの基本情報

プログリットのTOEICコースは、転職や昇進、キャリアアップのためにTOEICでハイスコアを目指している人が多く利用しています。

レッスンは行われないものの、コンサルティング内容が充実していて、無駄なく目標のスコアに到達できるように、個別にカリキュラムが組まれるのが特徴です。

以下、プログリットTOEICコースの基本情報を表にまとめました。

TOEIC L&R Testコースの基本情報
レッスン形態 レッスンなし
コンサルティング 週1回/60分
期間・料金 2カ月:328,000円
3カ月:468,000円
入会金:50,000円
教材 市販教材
公式 https://www.progrit.co.jp/

(税抜き価格で表示)

なお、プログリットのスクール全体の情報に関しては、以下の記事を参考にしてください。

プログリットの料金や評判・口コミなどの基本情報まとめ。高いけど本当に効果ある?
プログリットは、短期間で英語力を向上させると謳っているコーチング英会話スクールです。 専属コンサルタントがつき、英語勉強をマネジメント、効果的な学習方法を提案など、徹底的なサポートを受けられるようですが、実際はどんな感じなのでしょう。...

プログリットの料金や評判・口コミなどの基本情報まとめ。高いけど本当に効果ある?

プログラム内容|毎日の管理サポートとIPテスト受験など

プログリットのプログラム内容は以下の通り。

  • カリキュラムデザイン
  • 面談(週1回)
  • 英語力テスト(週1)
  • チャットでのコーチング(毎日)
  • シャドーイング添削(毎日)
  • スケジュール管理(毎日)
  • 教材の提供
  • TOEIC®IPテスト受験(2回)

自分の目標に合わせた内容のカリキュラムを作成してもらい、専属のコンサルタントと週1回の面談や日々のサポートを受けながら、自分で学習していくスタイルです。

TOEIC IPテストの受験も2回含まれています。

料金|2カ月328,000円~(1カ月あたり164,000円~)

プログリットの料金は以下の通り。

プラン 2カ月 3カ月 6カ月
料金
328,000円 468,000円 894,000円
1カ月あたり 164,000円 156,000円 149,000円
入会金 50,000円

(税抜き価格で表示)

表には載っていませんが、TOEICコースは12ヶ月プランも利用可能です。

同じくコーチングスクールのトライズのTOEICコースは2ヶ月で受講料と入会金、TOEIC IPテスト受験料を含めて284,800円(税抜)。

入会金を含めた受講料は、プログリットの方が10万円近く高いです。

また、トライズでは週2回のオンラインプライベートレッスンに加え、専属コンサルタントによる学習サポート付き。

プライベートレッスンに関しては、英会話のレッスンではなく、学習進捗の確認といった内容でプログリットのコンサルティングに近いものとなっています。

受講料とコンサルティングの頻度ではトライズのほうがコスパが良さそうですが、サービス内容に違いがあるので自分の学習スタイルに合いそうな方を選びましょう。

プログリットはレッスンに価値をおいているスクールではないワン!

TORAIZ(トライズ)の料金やサービス内容はどんな感じ?評判は良いの?
トライズは、1年で英語力を確実に身につけることができると謳っているコーチング型英会話スクールです。 効果が出ない、なかなか続かないと悩む人が多い英会話スクールの中で、公式が発表している満足度97.9%、継続率91.7%という高い数字は...

【コーチング英会話】TORAIZ(トライズ)の料金やサービス内容はどんな感じ?評判は良いの?

プログリットのTOEIC®︎ L&R Testコースの特徴

ここではプログリットTOEIC®︎ L&R Testコースには、具体的にどのような特徴があるのかをみていきましょう。

スコアアップを狙うだけでなく英語力を底上げできる

TOEIC対策のスクールでは、効率よくスコアアップできるようなテクニックを中心に指導するところもあります。

そのため、TOEICで高得点をとっていても、流暢に英語がしゃべれないという人は意外と多いもの。

プログリットのTOEICコースでは語彙力や文法知識、リスニング力や速読力などを総合的にトレーニングすることで基礎英語力の底上げを図ります。

テクニックだけに頼らず、本質的な英語力を付けながらスコアアップを狙えるのが特徴です。

重点的に行うべきスキルやパートを分析してくれる

TOEICコースの初回コンサルティングでは、受講者の弱点を徹底分析。コンサルタントから目標スコアに到達するために必要な学習ロードマップを作成してもらえます。

週一回のコンサルティングでは、改善すべき問題点をピンポイントで指摘して課題を与えてくれるので、回り道することなく目標スコアに近づくことが可能。

プログリットでの学習を通して、自分の現状を分析し、自分で考える力が身についたという人もいます。

スコアアップも大事だけど、今後に活かせる力が身に付くのは大きいでごんす。

定期的にTOEICの模擬試験を行うから点数の伸びがわかる

TOEICコースでは、受講者は週に一度TOEICの模試を受けることになっています。

定期的に模試を受けることで、全体的な学習の進捗や点数の伸びをその都度確認することが可能。

模試を受ける際、自宅でやっているとリーディングパートが終わった後に一息つきたくなってしまうこともあるので、プログリットの自習室を利用して受ける人も多いようです。

TOEIC®IPテストを2回無料で受験できる

TOEIC®IPテストを合計2回無料で受講できるのもTOEICコースの特徴。

まずは現状のレベルを把握するために、初回コンサルティングの前に1回受験します。2回目はコース終了時に受験することができ、学習の成果を試すことが可能です。

また、プログリットでは20204月から、24時間いつでも受験できるオンライン版TOEIC®IPテストを導入。

土日にプログリットで開催する、会場での試験が受けられない人も受験することができるようになりました。

なお、12ヶ月プランの受講者はテストを全部で3回受験できます。(参考:PR TIMES

公式サイト:プログリット

プログリットのTOEIC®︎ L&R Testコースで行うトレーニング内容

プログリットのTOEICコースでは、受講者それぞれのレベルや目標とするスコアによって細かいカリキュラムは異なりますが、TOEICコースで主に取り扱われる内容は以下の通り。

  • シャドーイング
  • 単語学習
  • 速読、多読
  • 文法学習

一つずつみていきましょう。

シャドーイング

TOEICコースで使われるシャドーイングの素材は、公式問題集のPart3Part4を利用する場合や、TEDトークを使う場合もあるようです。

TOEICコースでは、受講者によってシャドーイングの種類を変えています。

たとえば、音声知覚が苦手でそもそも英語の音が聞き取れていない人には、意味の理解ではなく、聞こえた音をそのまま真似するプロソディーシャドーイング。

音声知覚はよくできているが、内容を理解できていない人は意味理解を重視したコンテンツシャドーイングを取り入れています。

中には1つの英文につき、160回も反復するようにコンサルタントに指示されたという人も。

毎日提出するシャドーイングの音声添削では、改善点を指摘してもらえるほか、良かった点を褒められるので、モチベーションをキープするのにも役立ちます。

モチベーションを維持するコツが他にもありそうだワン!

単語学習

(画像引用:Amazon

TOEICコースでは他のコースとは違い、「出る単特急金のフレーズ」など、TOEIC試験に特化した単語帳を使います。

毎日のカリキュラムに単語学習が組み込まれているほか、週一回のコンサルティングで単語テストを実施。

単語学習では、第二言語習得論の観点から、前の日に覚えた単語は必ず翌日に復習するようにアドバイスを受けます。

 1日に覚える単語数が多いから、復習も大変そうでごんす。

速読(多読)

(画像引用:Amazon

TOEICコースの速読では「TOEIC L&R TEST 読解特急2 スピード強化編」などが使われるようです。

コンサルタントからは返り読みをしないこと、スピードを重視して読むことを意識するように指示されます。

速読の学習進捗は以下の内容によってチェック。

  • 読んだ英文の内容と要約をコンサルタントに英語で報告する
  • コンサルティング中、時間を制限して音読する

頭から英語を理解し、読むスピードを上げることでリーディングやリスニングの意味理解に役立ちます。

文法学習

TOEICコースでは、一から文法を教えるというのではなく、受講者が苦手としている文法事項にフォーカスしたトレーニングをします。

たとえば、文法問題全般が得意だけれど、前置詞だけやや苦手といった受講者には、問題集から前置詞についての問題だけをピックアップしたものを渡してくれるということも。

コンサルティングで学習進捗を確認し、その都度浮かび上がってくる文法の弱点を徹底的に潰していきます。

無駄のない学習だワン!

公式サイト:プログリット

プログリットのTOEIC®︎ L&R Testコースの実績(平均スコアアップ点数など)

以下はTOEICコースの3ヶ月プランで、2019年12月までの卒業生の実績です。

  • 初級者(~TOEIC450点):平均300点アップ(最大380点アップ)
  • 中級者(450点~600点):平均205点アップ(最大300点アップ)
  • 上級者(600点~):平均115点アップ(最大205点アップ)

初級者の場合、3カ月で中級者~上級者レベルになっている人がほとんど。上級者の場合はTOEIC900点超えの生徒も結構いるようです。

プログリットのTOEIC®︎ L&R Testコース体験者の口コミ、評判まとめ

実際にTOEICコースを受講した人の口コミをまとめてみました。

  • 毎日行っていたシャドーイングの効果を感じる。今まで間違ったやり方をしていたことがわかって良かった。
  • スケジュール調整をしてくれるので忙しくてもできます。2カ月でも100点アップできました。
  • 申し込んだらやるしかない。死ぬ気でやったらその分結果になった。(TOEIC280点アップ)
  • 毎週の単語テストが身になりました。
  • こんなにお金がかかるコーチングスクールは他にない。元をとるために頑張った。
  • なんとなく、成果を出さないとコンサルタントに申し訳ないという気持ちになる…。
  • 勢いだけで申し込んだら後悔するほどきつい。生半可な気持ちでは乗り越えられない。

やって良かったという意見も多いですが、それなりの苦労もありそうです。

短期間でTOEICのスコアアップを図りたい人にはおすすめ

プログリットのTOEIC®︎ L&R Testコースについて紹介してきました。

受講料は高めですが、コンサルティングの質の高さ、シャドーイングの音声添削が毎日受けられる点が、受講者から高い評価を受けています。

短期間でTOEICのスコアを上げたい人、テクニックに頼らず英語力を上げてスコアアップを目指したい人は、まず無料カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。

公式サイト:プログリット

プログリットの料金や評判・口コミなどの基本情報まとめ。高いけど本当に効果ある?
プログリットは、短期間で英語力を向上させると謳っているコーチング英会話スクールです。 専属コンサルタントがつき、英語勉強をマネジメント、効果的な学習方法を提案など、徹底的なサポートを受けられるようですが、実際はどんな感じなのでしょう。...

プログリットの料金や評判・口コミなどの基本情報まとめ。高いけど本当に効果ある?

タイトルとURLをコピーしました