英会話スクール

QQEnglishのTOEICってどんな感じ?レッスン内容や受講の際の注意点、口コミなどについて紹介

QQEnglishのTOEICってどんな感じ?レッスン内容や受講の際の注意点、口コミなどについて紹介 英会話スクール
スポンサーリンク

QQEnglishは、フィリピン人講師を採用しているオンライン英会話です。

QQEnglishの講師は全員正社員・TESOL保持者で、実際にセブ島にあるQQEnglishの語学学校の講師なので、教え方が上手と定評があります。

カリキュラムや教材も豊富で、TOEICの教材、TOEIC対応のレッスンを受講することができます。

本記事では、QQEnglishのTOEICに関する教材の特徴、口コミ、他社との違いなどについて、詳しく紹介します。

これから利用を検討している人、現在、利用している人でも分かりやすいように説明するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>QQEnglishの公式サイト

>>QQEnglishってどんなオンライン英会話?(当サイトのQQEnglishの記事の飛びます)

QQEnglishのTOEICに対応している教材は3種類、それぞれの特徴

QQEnglish ロゴ

(画像引用先:QQEnglish

QQEnglishでは、TOEIC教材に対応している講師を指名すれば、TOEICテスト対策のレッスンを受講することができます。

QQEnglishには様々な教材がありますが、TOEICに関連した教材は以下の3種類です。

【QQEnglishのTOEIC教材一覧】

  • TOEIC L&R TEST目指せ!ハイスコアラー
  • TOEIC L&R TESTスピーキング
  • TOEIC L&R TESTボキャブラリービルダー

以下、それぞれの教材の特徴について、詳しく説明します。

TOEICに対応している講師(技術の高い講師)を指名して、予約できるのも、QQEnglishのメリットだね。

現地の語学学校で先生をしている「講師」となると、トレーニングも受けてるはずだし、信頼できるでごんす。

TOEIC L&R TEST目指せ!ハイスコアラー

TOEIC L&R TEST目指せ!ハイスコアラー

(画像引用先:QQEnglish

教材名 レッスン数/レッスン時間 内容
TOEIC L&R TEST目指せ!
ハイスコアラー
全40回/50分 文法穴埋め、長文穴埋め、
長文読解、リスニング講座

「TOEIC L&R TEST目指せ!ハイスコアラー」の教材は、TOEICのテストで720点を突破する、または100点upを目指すことができるものです。

レッスンは全部で40回、1レッスンは50分で、前半25分はリーディング講座。後半25分はリスニング講座を受けることができます。

「音読」をすることで英語が聞きとりやすくなり、「暗唱」を繰り返すことで、英語文のパターンを丸暗記し、英語力の基礎を身に付けます。

インプットとアウトプットを中心に会話を進めていくことによって、スピーキング力を強化することができます。

他にも、講師から点数をとるためのテクニックを教えてもらうことができます。

TOEIC L&R TESTスピーキング

TOEIC L&R TESTスピーキング

(画像引用先:QQEnglish

教材名 レッスン時間 特長
TOEIC L&R TEST
スピーキング
全40回/50分 音読問題、応答問題、
写真描写問題、
提示された情報に
基づく応答問題、
解決策を提案する問題、
意見を述べる問題

「TOEIC L&R TESTスピーキング」では、TOEICのスピーキングテストに特化したカリキュラムです。

レッスンは全部で40回、1レッスンは50分で、スピーキングの問題に解答するテクニックを講師から指導してもらい、スピーキング力を身に付けることができます。

なお、ライティングをカバーすることはできません(あくまでもスピーキングに特化した教材)。

TOEIC L&R TESTボキャブラリービルダー

TOEIC L&R TESTボキャブラリービルダー

(画像引用先:QQEnglish

教材名 レッスン時間 特長
TOEIC L&R TEST
ボキャブラリービルダー
全40回/50分 単語習得

「TOEIC L&R TESTボキャブラリービルダー」では、TOEICの点数を獲得するために必要な単語を学ぶことができます。

レッスンは全部で40回、1レッスンは50分です。

レッスンでは、講師との会話のなかでアウトプットを沢山行うので、単語の記憶が定着し、TOEICテストで使えそうな単語を覚えることができます。

QQEnglishでTOEICの受講する際に注意することとは

QQEnglishでTOEICを受講する際に注意した方が良いことは、以下の通りです。

【注意点】

  • TOEICの教材を受講する際、推奨されている英語レベルを確認する
  • TOEIC対応教材・講師を指定すると、レッスン単価は割高になる
  • TOEIC教材に対応できる講師が少ないから、予約が取りづらいこともある
  • QQEnglishのレッスンだけでなく、自習学習にも取り組む

以下、それぞれの項目について詳しく説明します。

TOEICの教材を受講する際、推奨されている英語レベルを確認する

TOEIC教材を受講する場合、まずは自分の英語レベルの把握と、自分の英語レベルで受講した場合に「無理なくレッスンが受けられるか」を判断することが大切です。

上記で紹介した「TOEIC L&R TEST目指せ!ハイスコアラー」「TOEIC L&R TESTスピーキング」の2つを受講する場合、以下の英語レベルの人が推奨されています。

【推奨されている英語レベル】

  1. 過去2年以内のTOEIC®L&R TESTスコアが550点以上の方
  2. QQEnglishのカリキュラムである「QQE Basics」にてBook4以上を受講の方

QQEnglish公式サイトの「英語レベル表」を確認すると「会話のキャッチボールで自分の気持ち、相手の気持ちが理解し合える」という高校上級レベルの人が推奨されているようです。

「推奨」というだけなので、上記の条件に満たない場合でもレッスンを受講することができますが、有意義にレッスンを受けるためには、英語レベルを上げることを優先した方が良い場合もあるかもしれませんね。

ちなみに、自分の英語力が知りたい場合は「レベルチェック」を選択して予約すれば、いつでもレベルチェックレッスンが受けられます。

TOEIC対応教材・講師を指定すると、レッスン単価は割高になる

まずは「これからQQEnglishの利用を検討している人」に向けて、QQEnglishの受講システムを説明します。

QQEnglishは契約しているプランによって、毎月ポイントが付与され、そのポイントを使って講師を予約してレッスンを受講するシステムになっています。

通常の講師を予約する場合、消費されるポイントは1回50ポイントですが、人気講師や技術が高い講師を予約する際は1回75ポイント~100ポイント消費されます。

そして、TOEIC教材に対応している講師を指名する場合は、1回100ポイント~150ポイント消費されます。

上記を踏まえて、QQEnglish各プランで「TOEIC対応のレッスンを1か月にどれくらい受けられるのか(受講回数目安)」を計算すると、以下の通りです。

※1レッスン150ポイント消費の場合

月額受講料
(付与されるポイント)
受講回数目安
月8回コース 4,053円
(400ポイント)
約2回
月16回コース 7,348円
(800ポイント)
約5回
月30回コース 10,648円
(1,500ポイント)
10回

上記でも触れた通り「月8回コース」とあっても、これは1回50ポイントの講師を選択した場合の回数目安。TOEICに対応している講師を指名するときは、通常の3倍のポイントが消費されます。

通常なら月8回受講できるコースでも、TOEIC対応講師を指名すると、月約2回しかレッスンが受講できない場合があるということです。

勤続年数が長い講師、人気の講師、技術の高い講師に対して、技術料を払うのは当然ではありますが、少し割高なんだな、ということは覚えておいた方が良いでしょう。

むしろ、質の高い講師を選んでレッスンができることは、受講生にとってはメリットだワン。

「もう少しレッスン数を増やしたいな」という場合は追加ポイントを購入するか、100ポイントで予約できる講師を選択すると良いです。(追加ポイントは100ポイント/2,037円~)。

TOEIC教材に対応できる講師が少ないから、予約が取りづらいこともある

上記で少し触れた通り、QQEnglishに在籍している講師全員がTOEICに対応しているわけではありません。

ちなみに、筆者は実際にQQEnglishの利用者なのですが、予約画面でTOEIC対応講師を検索したところ、260名とでてきました(QQEnglishの講師の在籍数は全1,210名※2021年5月現在)。

TOEICに興味のある受講生で260名の講師を取り合う形になるので、正直、なかなか予約がしづらい可能性が高いです。

実際、QQEnglish公式「QQE英語コラム」でも「TOEICに対応している講師が少なく、レッスンが受けにくい」という相談も紹介されています。

公式からのアドバイスをみると、TOEICの点数を上げるためにできることは、TOEIC教材でレッスンを受講するだけでなく、ベースとなる英語力を上げることが大事とのこと。

TOEIC対策をするなら、TOEICコースを受講するのが一番だけど、予約が取りづらいときは、自分の能力で足りないところを補える教材でレッスンを受けて、総合的な英語力を高める時間に使うのが良いのかもしれません。

他の教材でいうと「カランメソッド」「QQE Basics」「トピックカンバセーション」「ビジネスイングリッシュコース」を受講すると学習効果が高まるので、おすすめです。

ちなみに、QQEnglish側としても対応講師を増やす努力はしているようですから、徐々に対応講師は増えていくでしょう。

QQEnglishのレッスンだけでなく、自習学習にも取り組む

QQEnglishのレッスンでは、試験を攻略するためのテクニックを教えてくれますが、当然、レッスン以外の時間でも、TOEICに向けた学習時間を確保することが大切です。

QQEnglishが提案している自習学習方法は、以下の通り。

【TOEIC対策に向けた自習学習】

  • 音読(⇒声に出すことで英語の音のパターンに慣れる)
  • 暗唱(⇒英語の分のパターンを丸暗記して英語の基礎を身に付ける)
  • スラッシュリーディング(⇒英文の特徴に慣れて、先読みできるよになる)

自習内容の他にも「毎日5分でも良いから英語に触れる環境作り・毎日音読の継続が英語上達への近道!」とのことなので、スキマ時間を活用しながら、英語スキルを身に付けていきましょう。

QQEnglishのTOEICに関するリアルな口コミ・評判・感想

TwitterからQQEnglishのTOEICレッスンを受講したことがある人のツイートを抜粋しました。

【Twitter】

  • 【TOEIC目指せ!ハイスコアラー】というレッスンを今朝初めて受けてみました。自分で勉強してるとなかなか前に進まないし、しばらく続けてみようかな。ポイントがものすごいスピードで減っていくけど、見ないことにします。 #qqenglish #toeic(Twitter一部抜粋
  • #QQEnglish #オンライン英会話 News Alertのレッスン。明日TOEICだと話したら、ものすごくポジティブな励ましをいだたいた😇先生たちもTOEICは受けなければならないそうだが、今年はコロナの影響もあってまだ受けてない(先生的にはラッキー)とのこと。卵と糖尿病リスクについての記事の2回目🍳(Twitter一部抜粋)

  • 基礎力って、何事においても大事だなと思う。TOEIC受けながら、お気に入りの先生のカランレッスンジェスチャーが頭の中に浮かんだ問題だけ解けた気がする。残念過ぎるほどにできなかった。(Twitter一部抜粋
  • 見るも無惨なTOEICの結果だったから、気を取り直して頑張ろうと。 週の真ん中は、仕事から帰って、一回寝てレッスン受けて、また寝る的な生活。 時折、英語話せるようになるのかなの不安がどっと襲ってくる。いや、やるしかないのだ。 #qqenglish #カラン #オンライン英会話(Twitter一部抜粋
  • 【オンライン英会話】最初はQQ Englishで、一年くらい続けたけど、その後ネイティブキャンプに乗りかえました。フィリピンの先生はみんな、英語めちゃウマ、明るい!ネイティブキャンプの先生は「元QQ English」の先生が結構いて、アマゾンで働いた人もいた。発音が綺麗だった(Twitter一部抜粋
  • QQEnglishも良さそうですね!!TOEIC対策が一番しっかりしていそうな印象です!!参考にします!!(Twitter一部抜粋
  • 個人的にはQQEnglishよかったです👍最近は知らないですけど、昔やってみたら、TOEICは劇上がりしました👍(Twitter一部抜粋)

残念ながら、TOEIC教材の内容に関するツイートを見つけることはできませんでした。

しかし「QQEnglish TOEIC」で検索すると、表示されるツイートの件数も多く、TOEIC試験のためにQQEnglishを利用している人が多いということは分かりました。

また、上記のツイートにもある通り、講師の評判がかなり良いですね。

実際、私自身もEnglishを利用していましたが、講師の人達の印象は好印象でした。

試験勉強、オンライン英会話のモチベーションの維持のために、講師の質が良いオンライン英会話を選ぶのは大事なのことなので、評価の高い講師に興味がある人は、QQEnglishを利用してみてはいかがでしょうか。

QQEnglishで本格的なTOEIC対策をしよう

QQEnglishはもともと語学学校を運営している会社ということもあり、教材やカリキュラムもしっかりしています。

口コミで講師の評価が高い通り、講師の質も良く、TOEIC対策の内容もけっこう本格的です。

QQEnglishは無料体験することもできますし、オンライン英会話を利用して、TOEIC対策を考えている人は、QQEnglishを検討してみてはいかがでしょうか。

>>QQEnglishの公式サイト

>>QQEnglishってどんなオンライン英会話?(当サイトのQQEnglishの記事の飛びます)

タイトルとURLをコピーしました