シェーン英会話と24/7イングリッシュの徹底比較!重視するのは料金?講師?レッスン時間?

シェーン英会話と247イングリッシュの比較 スクール比較
スポンサーリンク

シェーン英会話と24/7イングリッシュは、 ともに人気の英会話教室。

名前はよく聞くけど違いがよくわからないため、どちらを利用しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

本記事では、この2つの教室の料金やレッスン形態、試験対策コースの違いや講師などについて比較しながら詳しく解説します。

シェーン英会話と24/7イングリッシュの基本情報を比較

まずは、シェーン英会話と24/7イングリッシュの基本情報について比較してみます。

シェーン英会話 24/7イングリッシュ
レッスン形態 ・グループ
・マンツーマン
※オンラインあり
マンツーマン
※オンラインあり
料金 月謝制少人数レッスン
月額15,950円
(50分×週1回)
月謝制個人レッスン
月額29,150円
(40分×月4回)
※他プランあり
入会金
22,000円
週1回・Expressコース】
月額84,480円
(2ヶ月・8回)
週2回・通常コース
月額158,400円
(3ヶ月・24回)
※他プランあり
入会金
38,500円
レッスン時間 ・1回50分(グループ)
・1回40分(個人)
※一部プランを除く
1回60分
講師 ・ネイティブ講師
・日本人講師
日本人講師
教材 オリジナル教材 オリジナル教材
開講時間 午後12時~夜21時※ 朝7時30分~夜22時30分
全額返金制度 なし あり

(税込価格で表示)

※開講時間はスクールによって異なる

レッスン形態・時間|マンツーマン以外もあるのはシェーン、レッスン時間が長いのは24/7

シェーン英会話のレッスン形態は、マンツーマンとグループレッスンの2つ、24/7イングリッシュはマンツーマンのみです。

シェーン英会話のマンツーマンは1回40分、グループレッスンは1回50分で、通常は定員2~4名。

平日午後1時~3時の間、定員2~6名となりますが、お得な料金で受講できるという「アフタヌーン」といったプランもあるので、グループレッスンを受けたい人はチェックしてみましょう。

またシェーン英会話には講師と生徒が1対2の「ペアレッスン」があるのが特徴的。

ペアレッスンは、友達や家族と一緒に受けられるレッスンです。

一方、24/7イングリッシュのマンツーマンは1回60分。人によっては長く感じるかもしれませんが、レッスンにしっかり集中できる環境です。

レッスン時間の長さを重視する人にとっては24/7イングリッシュのほうが満足できるでしょう。

24/7イングリッシュにも平日13:20~17:50に利用できる「デイタイムコース」というお得なプランがあります。

グループやペアレッスンを希望する場合はシェーン英会話が候補になりますが、マンツーマンで探している場合は、レッスン時間や後述する料金などを考慮して判断しましょう。

料金|月額やレッスン単価はシェーンのほうが安い

シェーン英会話と24/7イングリッシュの料金は、以下の通りです。

シェーン英会話 24/7イングリッシュ
料金 【月謝制少人数レッスン】
月額15,950円
(50分×週1回)
【月謝制個人レッスン】
月額29,150円
(40分×月4回)
※他プランあり
【週1回・Expressコース】
月額84,480円
(2ヶ月・8回)
【週2回・通常コース】
月額158,400円
(3ヶ月・24回)
※他プランあり
入会金 20,000円 35,000円
教材費 15,000円前後※1 10,000円

(税込価格)
※1レベルによる

まず、 シェーン英会話の「月謝制個人レッスン」と24/7イングリッシュの「週1回・Expressコース」の1ヶ月あたりの料金を比較してみます。

シェーン英会話では1ヶ月26,500円、24/7イングリッシュでは76,800円と約3倍。

1レッスンあたりに換算してみても6,625円と19,200円なので24/7イングリッシュのほうが高いですね。

次に、シェーン英会話の回数制(4ヶ月・20回)と24/7イングリッシュの週2回・通常コース(3ヶ月・24回)の1ヶ月あたりの料金を比較してみましょう。

シェーン英会話では1ヶ月32,500円、24/7イングリッシュでは48,000円と約1.5倍。1レッスンあたりに換算してみても6,500円と18,000円なので24/7イングリッシュのほうが高いことがわかります。

経済面を重視する人なら24/7イングリッシュは高すぎると感じるためシェーン英会話が候補ですが、料金だけでなくサービス内容を総合的に見て判断したいですね。

ちなみに先ほど触れた平日限定のお得なプランについてですが、シェーンの場合は通常の少人数レッスンが月額14,500円であるのに対し、「アフタヌーン」は月額8,000円なので、かなりお得です。

一方、24/7イングリッシュの「デイタイムコース」では通常コースの月額144,000円に対して月額139,200円と、若干安くなっています。

都合が許せばあえてこれらのコースを利用するのもよいでしょう。

支払い方法|シェーンは月謝制がある、24/7は一括またはローン

シェーン英会話では受講費の支払いが「月謝制」と「年間一括支払い」から選択でき、「年間一括支払い」の場合は受講費が10%OFFになります。

そのため、初期費用を抑えたいのであれば月謝制を、トータル費用を抑えたいのであれば年間一括支払いを選択したいところ。

ちなみに、シェーン英会話を利用している生徒の約9割は月謝制を利用しているようです。

一方、24/7イングリッシュにはこのような割引はありませんが、支払い方法として「247ローン」という独自のプランがあります。

「247ローン」は3回~36回まで分割して支払うことができるため、少しでも負担を小さくしたいのであれば利用したいですね。

全額返金制度|シェーンにはなし、24/7にはある

実際にレッスンを受け始めてから「ちょっと自分には合わないな」「事情があって通えなくなってしまった」なんてこともあるかもしれません。

もし退学する場合、 返金してもらえるのかどうか気になるところですよね。

シェーン英会話では全額返金制度はありませんが、消化済み受講費などの費用を差し引いた残額の20%または50,000円のいずれか低い金額が返金されます。

そのため、辞めることを伝えた後はレッスンを受講しないほうが返金額が多くなることを知っておいたほうがよいでしょう。

一方、24/7イングリッシュでは初回レッスンから30日以内に申し出れば全額返金されます。ただし、2ヶ月以上のコースを1ヶ月で受講する場合は全額返金制度の適用外です。

また、全額返金が適用されないコースもあるようなので、詳しいことはスクールに問い合わせましょう。

シェーン英会話と24/7イングリッシュの違い

シェーン英会話と247の違い

ここではシェーン英会話と24/7イングリッシュのサービス内容の違いについて解説します。

受講期間|シェーンは自由に決められるが、24/7は2~4カ月の短期が基本

シェーン英会話では月謝制のほか、回数制でも4ヶ月(全20回)~12ヶ月(全80回)と、受講期間の自由度が高いのが特徴。

さらに短期間で学べる「渡航前準備コース(40分×全10回/受講期限2ヶ月)」 や「留学前準備コース(40分×全8回/受講期限2ヶ月)」も用意されています。

一方、24/7イングリッシュでは2ヶ月(全8回)~4ヶ月(全32回)と短期集中が基本。(月謝制はありません)

少しずつマイペースで学習したい人はシェーン英会話、とにかく短期間で英会話をものにしたいという人は24/7イングリッシュ、といったところでしょうか。

このあたりは自分の都合や好みを考慮して正しい選択をしたいですね。

学習の仕方|両方ともオリジナル教材、24/7イングリッシュは学習法も教えてもらえる

両校ともオリジナル教材を使いますが、シェーン英会話では通常のレッスンで使⽤する教材に加え、自習用に副教材が⽤意されているのが特徴。

たとえば「Lesson Notes」というA5サイズのノートは、英単語のほか、レッスンで習ったポイントや学習予定などが書き込めるようになっていてとても便利。

「Lesson Notes」はすべてのレッスンで使用し、このノートに書き込みながら日々の学習を進めていくことになるので、うまく利用したいですね。

一方、24/7イングリッシュもオリジナル教材を使ってレッスンを進めていきますが、シェーン英会話で提供されるような副教材はありません。

ただ各生徒に合わせたオンリーワンのカリキュラムを組んでくれるので、教材に関しては心配はいらないのではないでしょうか。

また、24/7イングリッシュでは生徒一人ひとりに合わせた学習法も教えてもらえるのが特徴です。

予習・復習の仕方によって効果も大きく変わってきますので、講師から的確なアドバイスをもらえるのは大きな強みになりますよ。

試験対策|英検対策は両方できるが、シェーンはTOEICやIELTS対策コースもある

両校とも英検対策講座が用意されていて、レッスン形式はマンツーマン、講師は日本人という部分は共通しています。

また内容についても、英作文指導と模擬試験を行うこと、英会話力も向上するようにカリキュラムが組まれていることなどが共通点です。

ただシェーン英会話では、各級の合格に必要な単語や文法を学び、生徒一人ひとりの弱点を補強しながらレッスンが進んでいきます。

一方、24/7イングリッシュでは、それ以外に宿題と自宅学習が入ってくるのが異なる点。家でもがっつり勉強するといったスタイルです。

「〇ヶ月で△級に合格させます」と言い切っていることから、このスクールの自信と徹底ぶりが伺えますね。

レッスンスタイルで比較すると、シェーン英会話は通学型のみであるのに対し、24/7イングリッシュはオンラインと通学型から選べるという形。

そのため、スクールに通って英検対策を行いたい人は両校が候補になりますが、自宅で行いたいと考えている人は24/7イングリッシュ一択です。

両校では時間(期間)も異なるのでチェックしておきましょう。

シェーン英会話は時間をかけてじっくり学ぶ「月謝制個人レッスン(50分×週1回)」と、短期集中で学ぶ「一次直前演習(50分×全12回/受講期間3ヶ月)&二次面接対策(50分×全4回/受講期間1ヶ月)」から選べます。

一方、24/7イングリッシュは通常は短期集中型ですが、英検対策については級によって期間が大きく異なります。

たとえば、英検3級なら最短3ヶ月ですが、準1級になると最長8ヶ月もかかるなど、レベルに合わせて期間が設定されているのが特徴です。

24/7イングリッシュは英検対策だけですが、シェーン英会話にはTOEIC対策やIELTS対策もあります。

今のところ、IELTS対策を行っている英会話教室は多くはないため、この資格の取得を考えているのであれば、シェーン英会話は有力な候補の一つになるでしょう。

講師|シェーンはネイティブ講師もいるが24/7イングリッシュは日本人講師のみ

講師はシェーン英会話がネイティブと日本人、24/7イングリッシュは全員日本人です。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、それを把握した上で自分に合ったほうを選びましょう。

たとえば、ネイティブ講師はきれいな発音やイントネーションで英語を話しますが、日本人が英語を学習する上でつまずきやすいところなどは理解するのが難しい、といった部分があるのも事実。

24/7イングリッシュでは専属の日本人講師がついて最後までサポートしてくれるので、その点は安心です。自分の成長を確認してもらいながらレッスンを受けたいのであれば24/7イングリッシュ、という考え方もできるでしょう。

ただ逆に、学習者が陥りやすいポイントは分かってくれますが、 ネイティブのような自然な英語を話せるわけではありません。

そのためとにかく本場の英語をたくさん聞きたいというのであれば、ネイティブ講師がいるシェーン英会話が候補になります。

ただ、シェーン英会話は英検対策など一部のコースでは日本人講師だけが担当するため、あらかじめ確認しておきましょう。

レッスン振替|シェーンは振替回数が決まっているが24/7は何度でもOK

レッスンを休んでしまった場合の振替レッスンは両校とも可能ですが、シェーン英会話は振替回数に制限があり、24/7イングリッシュは制限がありません。

シェーン英会話ではレッスンによって振替できる回数が決まっていて、月謝制個人レッスンは月2回まで、回数制個人レッスン (20回)は6回までと、プランによって条件が異なります。

ただ、シェーン英会話の場合、在籍校だけでなく他スクールで開講している同レベルのクラスで振替レッスンを受講できるのはメリットです。

一方、24/7イングリッシュは何度でも振替レッスンを受講できますが、レッスン開始24時間前までにキャンセルする必要があります。

もし24時間前までにキャンセルしなかった場合は、その1回分のレッスンは消化したものとみなされるので注意が必要です。

いつもと違う教室でレッスンを受けてみたいという人はシェーン英会話、決まった時間に通えないことが多い人は24/7イングリッシュ、といったところでしょうか。

振替ができることでレッスン料金を無駄にすることがないのは両校のメリットですね。

オンライン受講|両方できるがシェーンは1回30分とレッスン時間が短い

両校ともオンラインでの受講が可能です。

シェーン英会話では1ヶ月4回の月謝制、1回30分で5,600円~(税込)となっていて、通常の料金プランとは異なります。

また、オンラインでは講師はすべてネイティブで、マンツーマンでのレッスンです。

パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンでも受講でき、レッスンの予約は電話で行う形になります。

一方、24/7イングリッシュではすべてのコースでオンライン受講が可能で、いずれも1回60分。

自分の都合で通学・オンラインが選べるのが特徴です。

この2校のレッスン時間を比較すると、24/7イングリッシュが1回60分であるのに対し、シェーン英会話は1回30分と短くなっています。

ただ、一般的なオンライン英会話の1回のレッスン時間は25分が多いことを考えると、シェーン英会話が短いというより、24/7イングリッシュが長いとも言えるでしょう。

レッスン時間は長ければよいというものでもないため、料金や自分の学習スタイルなどを考慮して判断したいですね。

シェーン英会話と24/7イングリッシュの口コミの違い

シェーン英会話と24/7イングリッシュの口コミは以下の通りです。

シェーン英会話】

  • 講師の質がいいから値段も相応だと思う
  • イギリス人講師が多くて発音が正確なのが好き
  • IELTS対策の質が良い
  • 月謝制を選べるのは大きい。無理なく続けやすいから。
  • グループレッスンも少人数だから楽しめる
  • 評判がいいだけあって受付も丁寧な対応をしてくれる
  • グループレッスンは安いけどマンツーマンは普通に高い
  • カウンセラーの喋りが止まらなくてずっと聞いてて疲れた

24/7イングリッシュの口コミは以下の通りです。

24/7イングリッシュ】

  • 1時間のレッスンだから英語が集中的に学べて良い
  • 短期で英語力を向上させるプランを作成してもらえる
  • 講師の質が高い、日本人ならではの丁寧な指導をしてくれる
  • レッスン時間が他より長いから、勉強した感がある
  • コーチング系だと思ったら、学習の進捗管理とかはやってくれない
  • 正直講師には期待していなかったけど、ネイティブ講師並みの英語力だった
  • こんな料金が高い教室があるのかと引いた。

両方ともスクールに対する良い口コミの方が多いですが、経済面で決めかねたという人もそれぞれにいました。

レッスン内容や細かなシステムが、自分に合っている方はどっちかということが最終的な決め手でしょう。

シェーン英会話がおすすめな人、24/7イングリッシュがおすすめな人

シェーン英会話はこんな人におすすめです。

シェーン英会話がおすすめな人

  • ネイティブ講師から習いたい人
  • グループレッスンを受けたい人
  • ペアレッスンを受けたい人
  • TOEICやIELTSの試験対策をしたい人
  • マンツーマンでも料金が安いスクールで探していた人
  • 月謝制で支払いたい人
  • 固定制か自由予約制か選びたい人

24/7イングリッシュはこんな人におすすめです。

24/7イングリッシュがおすすめな人

  • バイリンガル日本人講師からレッスンを受けたい人
  • レッスン時間が長い方がいい人
  • 料金重視でない人
  • 英検対策をしたい人
  • 短期間で英会話を習得したい人
  • 完全個室でレッスンを受けたい人

ネット上には様々な口コミが見られますが、やはり実際に体験しないことには自分に合うかどうかはわかりません。

シェーン英会話も24/7イングリッシュも無料体験・カウンセリングが受けられるので、まずは無料体験を受けてみるのが一番でしょう。

タイトルとURLをコピーしました