英語を使う仕事まとめ(仕事内容、年収、英語力の目安など)、英語を活かした職種を要チェック

英語を使う仕事 英語関係全般

英語を勉強して将来に活かしたいという、漠然とした目標を持っている人は多いかもしれません。

しかし実際のところ英語を使う仕事はどのくらいあるのか、具体的には知らないという人も沢山いるのではないでしょうか。

本記事では英語を使う仕事をいくつか紹介し、仕事内容や平均年収、どのくらいの英語力が必要なのかなど紹介します。

英語を使う仕事の仕事内容や年収、英語力の目安など

今後英語を使う仕事がしたいと思っている人は、どのような仕事に就きたいのか、その実現に向けてどの程度の英語力が必要なのか知っておくことが大事です。

英語を使う仕事と聞くとレベルが非常に高いような気がしますが、職種によって求められる英語力が全然違うので、すぐにチャレンジできそうな仕事も中にはあるかもしれません。

ここでは実際に英語を使う仕事にはどんなものがあるか見ていきましょう。

(参考:転職・求人doda「平均年収ランキング 最新版」、求人ボックス「給料ナビ」キャリアガーデン

ホテルフロント業務(平均年収300万円~)

有名ホテルのフロント業務は、電話での宿泊予約対応やフロントでのインフォメーション、会計業務などを行う仕事です。

外国人観光客が多いところでは最低限のレベルとして日常英会話ができること、という条件のホテルも沢山あります。

必須の資格:なし

活かせる資格:ホテルビジネス実務検定 / TOEIC / 実用英語技能検定 / サービス接遇実務検 /  ホテル実務技能認定試験 など

留学カウンセラー(平均年収300万円~)

留学カウンセラーは、留学を希望する学生や社会人に対して現地での情報などを提供し、留学先の国の航空券手配や滞在場所の手配、学校への入学手続きなど留学するまでのサポートをする仕事です。

現地の学校と電話やメールなどで連絡を取り合うことも多いため、TOEIC700点以上のビジネスレベルの英語力が求められることもあります。

必須の資格:なし

活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定 / JAOS認定留学カウンセラー資格 など

日本語講師(平均年収300万円~)

日本語講師は外国人に日本語を教える仕事です。メインとしては日本語を教えますが、それに加えて日本文化や日本の歴史などについても授業をします。

生徒に配布するテキストの事前準備や授業のカリキュラムを立てるなど、仕事内容は濃いですが、その割には平均年収が300万円~と低めになっています。

これは日本に限らず、海外でも日本語講師は非常勤講師としての募集の方が多く、週2~3日程度の出勤であることが多いからなのです。

必須の資格:なし

活かせる資格:日本語教育能力検定試験 / 実用英語技能検定 / TOEIC など

英語講師(平均年収350万円~)

英語講師と一言で言っても、英会話スクールの講師や学校で英語を教える教員、塾の講師や家庭教師など様々です。

公務員を除き、一般的な英会話スクールの講師や塾の英語講師の平均年収は約350万円~と言われていますが、TOEIC対策コースの専門講師や難関大学の合格を目指すレベルの高い塾の講師の場合、TOEIC800点近くの高度なレベルが要求されることもあり、年収もそれに伴って500万円~と高くなる傾向にあります。

一方で未就学児~小学生に教える英会話スクールの講師の場合は、求められる英語のレベルも低くなり、条件がないところも少なくありません。

必須の資格:なし
活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定 / IELTS / TOEFL /CEFR など

翻訳(平均年収約350万円~)

翻訳の仕事はテキストの言語を他の言語に変換していく仕事です。

私の友人は日本の観光案内のパンフレットをすべて英語版に書き換える、という翻訳のアルバイトをしていました。

翻訳と聞くと映画や本をイメージする人も多いかもしれませんが、契約書や製品の取扱説明書、会社のホームページなどWEB系の翻訳の仕事もあり幅広いです。

必須の資格:なし
活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定 / 通訳案内士 / TOBISなど

通訳(平均年収350万円~)

通訳は言語が異なる二者がスムーズにコミュニケーションをとれるように、両方の言語を聞いてそれぞれの言語に変換して伝えてあげる仕事です。

オリンピックなどの国際的なイベントの場にも通訳は欠かせませんし、海外の会社との会議などのビジネスの場で活躍したり、医療現場での通訳も重宝されます。

通訳の仕事は経験とスキルに応じて年収が高くなるようです。

通訳と言えば数々の映画の翻訳やハリウッドスターの通訳で有名な戸田奈津子さんが印象的ですが、年収もおそらく相当なものなのでしょう。

必須の資格:なし

活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定 /医療通訳技能検定 /通訳案内士 など

高級マンションのコンシェルジュ(平均年収350万円~)

高級賃貸・分譲マンションのコンシェルジュは、館内設備の案内や来客対応、マンションの駐車場やゲストルーム、カラオケルーム、ジムやスパなどの予約管理を行ったり、宅急便やクリーニング、タクシーなどの手配、取次など幅広い内容の仕事をします。

海外の利用者が多いため、TOEIC600点程度の日常英会話レベルの英語力が求められることも多いようです。

必須の資格:なし

活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定  など

貿易事務(平均年収370万円~)

貿易事務は、メーカー各社や商社、物流業者などに勤めて船荷証券や信用状など輸入や輸出に必要な書類作成やチェック、貨物の輸送手配や通関の手配、電話応対やメールのやり取りなど幅広い仕事となっています。

貿易に対する専門的な知識はもちろん、高度な英語力も必要です。

必須の資格:なし

活かせる資格:貿易実務検定 /日商ビジネス英語 / TOEIC / 通関士など

ツアーコンダクター(平均年収370万円~)

ツアーコンダクターは旅行会社の国内、海外ツアーを申し込んだ団体客に同行し、入国、出国の手続きや税関検査がスムーズに進むようなサポート業務や、交通機関やホテル、レストランなどの調整をしたり、スケジュール管理をする窓口のような仕事をします。

ツアーガイドとは違って、現地に着いてから観光地の歴史を説明したりする業務はツアーコンダクターの本来の仕事ではありませんが、旅行会社の中にはツアーコンダクターにガイド役をさせるところもあるようなので注意が必要でしょう。

必須の資格:旅程管理主任者

活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定 / 旅行業務取扱管理者資格 /  観光英語検定 など

IT系の英語対応のヘルプデスク(平均年収400万円~)

IT系の英語対応のヘルプデスクは、海外のエンジニアがネットワークなどのトラブルシューティングに見舞われた際にメールや電話で対応をする仕事です。また会議のサポートをする場合もあります。

そのためITの知識だけでなく、TOEIC600点程の日常会話レベルの英語力が求められることも少なくありません。

必須の資格:なし

活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定 / ITパスポート試験 など

英文経理(平均年収450万円~)

英文経理は、伝票作成や仕訳、出金管理、決算業務などの経理業務を英語で行う仕事です。

主に海外進出する日本企業や外資系企業からの依頼がくるので、基本的な経理の知識やスキルに加え、専門用語やビジネス英語も知っておく必要があります。

会社によってはTOEIC700点以上の高い英語力が必須というところも多いです。

必須の資格:なし

活かせる資格:日商簿記検定 / USCPA(米国公認会計士) / BATIC (国際会計検定)/ IFRS(国際会計基準検定)など

外国人社員がいる会社の人事(平均年収470万円~)

人事は社員の労務管理や採用サポートなどをする仕事です。

外国人社員がいる企業の人事は、入社前後の手続きや社員の年末調整などに際して、電話での対応やメールでのやりとりが必要になる場面がよくあります。また外国人の採用面接で、入社の合否を連絡するのも人事の仕事の一つです。

外資系企業の場合は国内企業に比べて日常的に英語を使う機会が多いので、英語力もそれに比例して高いものが求められるでしょう。

必須の資格:なし

活かせる資格:ビジネスキャリア検定 / TOEIC / 実用英語技能検定 /衛生管理者  など

バイヤー(平均年収480万円~)

バイヤーは洋服やインテリア雑貨、家電や食品などの製品、商品の買いつけをする仕事です。

日本国内の商品の買い付けをする場合は英語力は必要ありませんが、海外に買い付けに行ったり海外企業と商談をする際は高い英語力が求められます。

企業によって基準は異なりますが、TOEIC750点以上の英語力が必須だったり、外資系企業での実務経験などが就業条件であることも多いでしょう。

必須の資格:なし

活かせる資格:販売士 / TOEIC / 実用英語技能検定 / ファッションビジネス能力検定 など

外資系企業の秘書(平均年収500万円~)

外資系企業の秘書は、外国人上司のスケジュール管理や電話応対、取引先とのメールのやり取りや上司の出張・取引先との会食の手配などをする仕事です。

一般的な秘書とは違って外国人とのコミュニケーションが必須なので、ビジネス英語力が問われる仕事と言えますが、それに加えて基本的なOAスキルも必要になります。

必須の資格:なし

活かせる資格:CBS検定 (国際秘書検定)/ 秘書検定 / 実用英語技能検定 / TOEIC など

観光タクシードライバー(平均年収500万円~)

近年タクシー会社では、日帰りの観光案内を提供するところが増えています。

観光タクシードライバーは、お客様の都合のつく時間帯を確認して観光したい場所へ連れて行き、簡単な歴史の説明やSNS映えスポット、穴場のお店などを紹介する仕事です。

ツアーではなく身内だけで効率良く観光したいという外国人観光客が増えたことで、より需要が高まっています。

あらかじめ給料を高く設定している会社が多く、若者にも「稼げる」と注目されている仕事の一つです。

必須の資格:普通自動車免許

活かせる資格:観光士 / 全国通訳案内士 / 実用英語技能検定 / TOEIC など

海外営業(平均年収500万円~)

海外営業は各業界のメーカー企業や商社、金融企業などに勤め、顧客である海外の代理店とやりとりをする仕事です。

取引先が海外企業のため、電話対応やメール文、資料などは英語が使用されていることも多く、社内にも外国籍の社員が沢山いる企業も珍しくありません。

高い英語力が求められるため、TOEICでは700点はほしいところでしょう。

必須の資格:なし

活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定  など

キャビンアテンダント(平均年収600万円~)

キャビンアテンダント(CA)は飛行機内でのアナウンス、機内食やドリンク、毛布などのサービス提供、保安業務、病人が出た時の応急処置対応など仕事内容は多岐にわたります。

国内大手航空会社で求められる英語力はそこまで高いレベルではなく、TOEICで600点以上あれば基準はクリアしていると判断されるケースが多いようですが、外資系の航空会社の場合はTOEIC750点以上のレベルを求められることも珍しくありません。

必須の資格:なし

活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定 / GTEC /  赤十字救急法救急員資格 など

ITコンサルタント(平均年収650万円~)

ITコンサルタントは、企業の課題を洗い出してそれを解決するIT技術の提案、プロジェクトの立ち上げ管理やシステムの動作検証などを行う仕事です。

グローバル化が進んでいる現代では、国内の企業だけに留まらず海外に拠点を設け、海外企業の問題解決にも目を向ける会社が増えています。

そのためITコンサルタントの英語力は非常に重要視されていて、TOEIC700点以上のビジネスレベルの英語力を求める会社も少なくありません。

中にはTOEICスコアが昇進の条件になっている会社もあるようです。

必須の資格:なし

活かせる資格:TOEIC / 実用英語技能検定 /ITコーディネータ /  プロジェクトマネージャ / 中小企業診断士 など

未経験者におすすめの英語を使う仕事

英語を使う仕事はしてみたいけど、上記に挙げた仕事はどれも自分にはレベルが高すぎると感じる人も中にはいるかもしれません。

では未経験者でもできるような、英語を使う仕事にはどのようなものがあるでしょうか。

ここでは気軽にチャレンジできる仕事を4つ紹介します。

子供向け英会話講師

最初に子供向け英会話講師の仕事です。

大手英会話教室の講師の場合は、子供向けでもハイレベルな英語力が要求されますが、比較的小さな英会話教室の求人では「日常英会話ができる方歓迎」という記載も多く、アルバイトやパートでの募集も沢山あります。

子供が好きな人であれば、試しにアルバイトやパートからスタートしてみるのも良いのではないでしょうか。

外国人観光客に人気の飲食店スタッフ

次に外国人観光客に人気の飲食店の仕事です。

外国人の口コミサイトで有名な飲食店だと、平日でも長蛇の列ができていることも多く、お客の半分以上は外国人客ということも少なくありません。

そこで働けばメニューを聞く際や会計の際に英語を使うことができますし、スモールトークができるチャンスは山のようにあるでしょう。

外国人観光客が多いホテルや旅館のスタッフ

同じく外国人観光客が多いホテルや旅館のスタッフとして働くのもおすすめです。

外国人がよく泊まるホテルや旅館には、もともと英語版のマニュアルが用意されていることがほとんどですが、それにプラスして自分でお勧めたい穴場の居酒屋や、SNS映えするスポットなどを英語で教えてあげると英語の練習にもなりますし、相手は喜んでくれるでしょう。

ホテルや旅館では相手もリラックスしていることが多いので、積極的に英語のコミュニケーションがとれる練習の場になります。

翻訳の仕事

クラウドソーシングで短い翻訳の仕事に挑戦してみるのもおすすめです。

翻訳は実際に話すわけではないので咄嗟の判断力は必要ないですし、在宅なので調べながらできます。

日本語から英語に翻訳という案件もありますし、その逆の仕事も見つけられます。

やってみてもし合わないと感じたら、今回限りで止めることができるのも良い点でしょう。

何の仕事で英語を活かしたいか、改めて計画を立てることが大事

今回は英語を使った仕事を紹介しました。

職種によって求められる英語力は違いますが、やはり英語力はあるに越したことがありません。英語の学力が低い日本では「英語力がある」と、より多くの業界で重宝されることが分かりましたね。

英語力は高ければ高いほど仕事には困らず、以前紹介した記事の「英語ができる人ほど年収が高い」というデータにも頷けるような気がします。(中には英語力に見合わない年収という仕事もありましたが)

せっかく英語を勉強するのなら、仕事に活かしてみたいという人は多いですよね。

ただ英語力が身に付いてから将来の仕事を考えるのでは少し遅いかもしれません。

今から将来就きたい仕事を考えて、それを実現するために必要な英語力はどのくらいなのかを知り、具体的な計画を立てることが大事です。

具体的な計画を立てれば方向性が定まりぶれることがありません。この機会に改めて計画を立て直してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました