【スラング一覧表】よく使われるスラングや日本語意味を紹介、ビジネスでの利用は要注意

よく使われるスラングや日本語意味 英語関係全般
スポンサーリンク

ネイティブの人は、日常生活の中でスラングを多用します。

「外国人の友達ともっとカジュアルに話したい」という時は、スラングを知っておいた方が絶対に良いでしょう。

本記事では、日常生活でよく使われるスラングや使えるとかっこいいスラングについて紹介します。

スラングとは

スラングとは、ある階層・社会だけで用いられる言葉、直訳すると「卑語」「俗語」です。

日本語でいうと、たとえば「まじで(本当に)」「ちな(ちなみに)」「とりま(とりあえずまぁ)」「ぴえん(ぴえーん)」みたいな感じの言葉。

ネイティブの人は、特に友達同士などのラフな会話の中で、たくさんスラングを使うので、スラングの意味が分からないと話の流れがイマイチ分からない・・・なんてことになります。

スラングはどこで、どうやって使う?

日本でも「まじで」「やばい」などの言葉は、どこでも使えるわけではないですよね。

それと同じでスラングを使うときも、相手や場面を選んで使う必要があります。

友人や家族など、砕けた会話の中で使われる

スラングは非常にカジュアルな英語表現なので、友人や家族と軽いコミュニケーションをとる会話の中で使われます。

たとえば、ビジネスシーンで目上の人に対して使うと、不愉快な気持ちにさせてしまうので、そういった場面で使用するのは避けましょう。

SNSやチャットの中でもよく使われる

SNSやチャットでも、スラングは使われます(チャットの場合も相手は親しい人)。

ただSNSやチャットで使われるスラングは、会話中に使われるスラングと少し違う場合も

たとえば「SRY」は「Sorry(ごめんね)」の略、「IDK」は「I Don’t Know(分からない・知らない)」の略など、長い英文を短くしたスラングが使われることが多いです。

スラングを使うときに注意すること

上記でも触れた通り、ビジネスシーンや一般の人に対して使うと「非常識な人」と非難される可能性が高いです。

他にも、状況や前後の話によって、適切なスラングがあるので、意味をよく理解していないのに使うと「ダサい」ので注意した方が良いでしょう。

「まだ自信がないな」というときは、無理して使わずに、ネイティブの友達が使っているシーンを研究して、よく理解してから使った方が無難です。

上司に対して「ぴえん」とか言っちゃったら、場違い過ぎるでごんす。

【スラング一覧】相手を褒めるときに使えるスラング

以下、相手を褒めるときに、よく使われるスラングです。

英語スラング 日本語意味
cool やばい(良い意味)
かっこいい
イケてる
Awesome やばい!(良い意味)
優秀
すごくいい
最高
Nasty えぐい
※悪い意味でも使われる
Sounds good! いいね/了解/賛成!
sweet 素敵、いいね
hot 人気(アツイ)/セクシー

「すげえ」「かっこいいじゃん」はcool

とにかく褒めたいなら「cool」って言っておけば間違いないワン。

基本的には「涼しい・冷たい」という意味ですが、スラングとして使う場合は「かっこいい」「すげえ」「最高」など、イケてるという意味になります。

coolの前に「not」がつくと、「社会的に未熟、子供っぽい」という意味です。

人の発言や行動に対して使われます。

【例文】

Bob is really a cool kind of a guy.
意味:ボブはマジでイケてる奴だよ。

That’s not cool.
意味:それはひどい。/それはいけないよ。

「すごっ!」「やばい!」はAwesome

アメリカ人なら、かなり使う頻度が高いスラングでごんす。

イギリス人は使いませんが、アメリカ人やカナダ人は「Awesome」をよく使います。

基本的には「畏敬の念を抱かせる」という意味のある形容詞ですが、スラングで使う場合は、日本語でいう「すごい!」「(ポジティブな意味で)やばい!」という意味になります。

「恐れを抱くようなすごさ」という感じで使われるため、褒め言葉ですね。

【例文】

・(綺麗な景色をみて)Awesome!
意味:ヤバイ!

・There are a lot of awesome sightseeing spots in Japan.
意味:日本には素晴らしい観光名所がたくさんある。

「えぐい」はNasty

基本的には「不快な、悪い」「意地悪」「危険な」「失礼な」などという意味をもつ言葉ですが、スラングでは真逆の意味になります。

たとえば、勝負の世界で「えぐいくらい上手い」みたいなときに使います。

ただ、本来の意味で使われることも多いので、状況をみて判断した方が良さそう。

【例文】

He is so nasty at the piano.
意味:彼のピアノの演奏はえぐいくらい上手い。

「いいね!」はSounds good!

「いいね!」「了解」「賛成!」という軽い感じで使うことができるスラングです。

たとえば「〇〇しない?」と言われて「賛成!」という感じで使います。

【例文】

Why don’t we go to karaoke on Saturday?
意味:土曜日カラオケ行かない?

Sounds good!
意味:いいね!

「可愛い」「優しい」はsweet

どちらかというと内面的な可愛さを表現するときに使われるワン。

基本的には「甘い」という意味のある言葉ですが、赤ちゃんや動物や彼氏・彼女などに対して褒める時に使われるスラングです。

【例文】

This baby is so sweet!
意味:この赤ちゃんは本当に可愛い!

You’re so sweet.
意味:あなたって本当に優しいね。

「アツイ」「セクシー」はhot

基本的には「熱い」「からい」という意味のある言葉ですが、スラングとして使われるときには「今〇〇が人気(アツイ)」や「〇〇はセクシーだね」という時にも使われます。

【例文】

That bar is so hot.
意味:あのバー凄いすごい人気だよね。

会話中に使える相槌などのスラング

以下、会話中によく使われる相槌スラングです。

英語スラング 日本語意味
Yep.Ya. うん
(YesやYeahを崩したもの)
Nope. いいえ
(Noを崩したもの)
eh ~だよね?
You know えっと~
No way ありえない、とんでもない
What’s up? 元気?/よっ/おっす

「はい(Yes)」はYep./Ya.「いいえ(No)」はNope.

友人や家族との会話中に、Yesの意味で返事する時はYep.やYa.というスラングを使います。

逆に、Noを意味するスラングNope.です。

他にも、恐怖や嫌悪感を示す反応として「Nope, nope,nope!」という使われ方の場合は、日本語でいう「ムリムリムリムリ」みたいな意味になります。

【例文】

did you have dinner?
意味:晩ご飯、食べた?

・Yep./Ya.
意味:うん

・Nope.
意味:いや

同意を求める「だよね?」はeh

同意を求めるときに使う「だよね?」で多用されます。

「(自分の意見に対して)あなたもそう思うよね?」みたいな感じです。

【例文】That bag is pretty cool, eh?
意味:このカバンめっちゃイケてるよね?

「ねえ」「えっと」「でしょ」はYou know

外国人と話していると、「You know」って何度も聞くでごんす。

ネイティブの人が会話中に連発するスラングとして有名ですよね。

文頭に使うと「ねえ」「あのさ」という意味になり、文中の場合は「え~っと」という感じの意味。

(文中に使われるときは、特に意味がないことが殆ど)

文末に使うと、同意を含んだ「でしょ」「なのね」「じゃん」です。

【例文】

You know,I met you yesterday,right?
意味:ねえ、昨日あなたと会ったよね?

that new restaurant… you know, next to the supermarket.
意味:あの新しいレストラン、ええとほら、あそこのスーパーの隣のさ。

I’m too busy these days, you know?
意味:最近ほんと忙しいよね。

「ありえない」「嘘でしょ!?」はNo way

「ありえない」「嘘でしょ!?」という意味で、嫌な事実を知ったときや嬉しいとき、驚いたときにも使えます。

【例文】

I’m pretty sure that he likes you.
意味:彼はあなたのことが好きだと思うよ。

No way!
意味:嘘~!?

「よっ」「おっす」はWhat’s up?

友達と会ったときの挨拶ですね。「よっ」「最近どう?」という感じで使われます。

最後の語尾が下がっていれば挨拶、最後の語尾が上がっていれば質問なので自分の状況を答えてあげましょう。

ちなみに、イギリス人の場合は「Alright?」「How are things?」を使います。

【例文】

What’s up?
意味:よっ

What’s up?
意味:おっす。

※質問に対して質問をしているようで違和感を感じるかもしれませんが、実際にこのように質問返しをすることも多い。

チャットやSNSで使われるスラング

最後に、チャットでよく使われる定番のスラングについて紹介します。

スラング 意味
OMG Oh my god.
(まじかよ/信じられん)
lol laughing and loud
(笑)
JK Just kidding.
(冗談だよ、なんちゃって)
ASAP As soon as possible
(できるだけ早く)
WTF⁉ What the f**k!?
(なんだって!?)
R.I.P Rest in peace.
(ご冥福をお祈りします)
C U See you.
(さよなら/バイバイ)
Cuz Because
(なぜなら)
bf/gf boy friend/girl friend
(彼氏/彼女)
BFF best friends forever
(親友、一生の友達)
bro brother
(お前)
※仲良い相手に対して

「みたことある!」「あれってこういう意味なんだ」というものもあったかもしれませんね。

英語だと一つの言葉を表すのに、たくさんの文字数を打たなくてはいけないので、とにかく略せるものは略すという感じです。

そう考えたら、漢字一文字でイメージが伝わる日本語って便利だワン。

スラングを覚えて、友人との交流をスムーズにしよう

スラングの意味が分かれば、外国人の友達との会話から置いていかれることもないでしょう。

時代や流行りによって、意味合いが変わってくるスラングもあるので、その都度、自分の中にあるスラングをアップデートすると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました