TORAIZ(トライズ)のメインコース、英語プログラムのレッスン内容や効果を詳しく解説。ビジネスマンに特におすすめ?

イメージ画像 トライズ

トライズは2006年にサービスを開始した英語コーチングスクールです。

メインのコースである英語プログラムは、1年で1000時間の学習を行う英語習得プログラム。

長期にわたるプログラムですが、受講者の継続率は91.7%。途中で投げ出してしまう人が少ないのが特徴です。

本記事では、トライズ英語プログラムの概要やサービス内容、受講者の体験談などを紹介していきます。

TORAIZ(トライズ)英語プログラムの基本情報

トライズの英語プログラムは、科学的な理論に基づいたスピーキング特化型のコースです。

NHK放送通訳者や第二言語習得の専門家などを顧問に迎えて、独自の語学研究所を組織。

語学研究所では最先端の学習方法と、これまでの受講者から得たデータを掛け合わせて日々プログラムを改良しています。

英語で行われる会議に参加したい、英語でプレゼンができるようになりたいなど、受講者の目的に合わせて自由にレッスンをカスタマイズできるのが特徴です。

以下、トライズ英語プログラムの基本情報を表にまとめました。

英語プログラムの基本情報
レッスン形態 ・マンツーマン(1回25分、週3回)
・グループ(週1回50分)
・フリートーク受け放題
※グループ以外はオンライン
コース ・通学タイプ
・完全オンラインコース
期間・料金
受講料(12カ月):932,364円
コンサルティング費:185,000円
※割引適用価格参考
入会金:50,000円
教材費:別途実費
教材 市販教材
支払い方法 ・銀行振込
・口座引き落とし
・分割払い制度あり
公式サイト https://toraiz.jp/

(税抜き価格で表示)

期間・レッスン|12カ月/マンツーマンが週2~3回、グループレッスン受け放題もあり

トライズの期間は12カ月と長め。他のコーチングスクールでは2~4カ月がほとんどです。

レッスンは週3回で、ネイティブコーチによるオンラインプライベートレッスン(1回25分)、ネイティブ講師が担当するグループレッスン(1回50分)、またオンライン・フリートークグループレッスン(1回50分)の3種類から組み合わせが可能。

オンライン・プライベートレッスンを週3回、または週2回にしてグループレッスンを週1回足すのもOKです。(ただしオンラインコースの場合は対面グループレッスンの代わりに、オンライン・プライベートレッスンが週3回)

レッスン時間の長さでは、90分のレッスンが週2回というイングリッシュカンパニーには負けますが、フリートークレッスンは無料で何回でも参加することができるので、場合によってはトライズの方がお得かもしれません。

レッスン回数でいうと他より多い方でごんす。

プログラム内容|面談は2週に1回の頻度で行う

トライズの英語プログラム内容は以下の通り。

  • 日本人コンサートによるコンサルティング
  • 毎営業日のメールサポート
  • ネイティブ講師とのレッスン
  • グループレッスン
  • フリートーク・グループレッスン、English Lounge受け放題
  • 2週に1回の進捗確認面談
  • 月1回の進捗確認テスト(Versant受験)
  • オリジナル学習管理ツールの使用

本記事にも書きましたが、サービスに不満がある場合など、1カ月間は無条件で全額返金保証の対象になるので覚えておきましょう。(詳しい内容に関しては後述します)

料金|割引キャンペーンを行っていることが多い

トライズでは割引キャンペーンを行っていることが多く、公式サイトには通常価格が載っていません。

以下は割引価格適用後の料金です。

英語プログラム
一括払い
(12カ月分)
受講費:932,364円
(月額77,697円)
その他 入会金:50,000円
コンサルティング費:185,000円
教材費:別途

通常時の定価表示がないため割引適用価格で表示

大手コーチングスクールでは、1カ月あたりの料金相場が15万円~20万円程度。

マンツーマントレーニングではなくグループトレーニング型のコーチングスクールだと、1カ月7万~9万円くらいです。

コンサルティング費用を受講費にプラスして考えても月93,113円になるので、トライズの料金は他のコーチングスクールと比べて安い方だと言えるでしょう。

1年間は長いけど確実に力がつきそうだワン…。

公式サイト:トライズ

TORAIZ(トライズ)英語プログラムの特徴

ここでは、トライズ英語プログラムならではの特徴を項目別に紹介していきます。

徹底的にアウトプットをする

トライズの英語プログラムでは、アウトプットを徹底しているのが特徴。

スピーキングに特化したカリキュラムで、ライティングやリーディングは原則行いません。

また、英語プログラムでは「完璧な発音」にとらわれることなく、コミュニケーションのための伝わる英語が話せるようになることを目指します。

前述したように合計で週3回のネイティブ英会話レッスンが受けられるほか、フリートークのグループレッスンも無料で受け放題。

マンツーマンとグループ、それぞれでバランス良く大量のアウトプットが可能なプログラムとなっています。

確かにバランスがいいでごんす。

オンラインコースもある

英語プログラムはオンラインでの受講ができ、全受講者のうち40%以上を占めています。

オンラインコースの場合は対面のグループレッスンの代わりに、オンライン・プライベートレッスンが週3回。

他にもオンラインで受講できる無料のイベントに参加することが可能です。

月に1回無料でVersantが受験できる

コーチングスクールによってはTOEICを学習の成果を測る指標にしているところもありますが、トライズの英語プログラムでは、Versantのスピーキングテストを利用し、月に一度無料で受験できます。

Versantは政府機関やグローバル企業で採用されている、英語のコミュニケーション能力を測るテストで、スピーキング能力を測るという点では、TOEICよりも適したテストと言えるでしょう。

トライズの基準では、Versantのスコアが45点以上で海外勤務に困らないレベルと定めています。

1年で12回も受験することになるワン!

公式サイト:トライズ

トライズの英語プログラムで行う学習内容

ここからは、トライズの英語プログラムで行う学習内容をインプットとアウトプットに分けて、具体的に紹介していきます。

学習内容(インプット)

インプットの学習内容は以下に大別できます。

  • スピーキング
  • シャドーイング
  • レッスンの予習

それぞれについてみていきましょう。

スピーキング(週5回:約4時間)

トライズ英語プログラムのスピーキング練習は、フレーズの暗記が中心。瞬間英作文や英会話フレーズ集などの教材を使用します。

フレーズの内容は、中学英文法と日常会話で頻繁に使われる3,000語で話せるものがメインです。

文法や語彙の範囲をあえて狭くすることで、シンプルな文章をたくさん話すことがトレーニングの狙い。

暗記するフレーズは生徒によって違うものが選ばれます。

たとえば仕事上、会議の進行役を務めることが多い人であれば、”Let’s start the meeteing(会議をはじめましょう)”といったようなフレーズを中心に学習。

自分の最終的な目標から逆算して、覚えるフレーズを選んでいきます。

コンサルタントがちゃんと提示してくれるから助かるでごんす。

シャドーイング(週5回:約12時間)

シャドーイングの目的はネイティブが話す英語の音を聞き取れるようになることです。

使用教材は「プラダを着た悪魔」のような有名な洋画のスクリプトを使うことが多いのが特徴。

洋画では教科書通りの言い回しよりも、実際にネイティブが使うような崩した言い回しや、スラングなどが使われていることが多いので、リアルなネイティブ英語を聞き取るトレーニングができます。

初心者でいきなり洋画のシャドーイングが難しい場合は、「決定版 英語シャドーイング【超入門】のような市販の初心者向けシャドーイング教材を使用することも。

(画像引用:Amazon

日本人は学生時代の英語教育のおかげで、書かれている英語を理解する力はあると考えられています。

シャドーイングでネイティブが話す音を聞き取れるようにトレーニングして、すでに持っている知識とリンクさせることで、英語を正しく聞き取る力を養っていくのです。

英語の自然な言い回しを覚えられそうだワン!

レッスンの予習(週6回:約2時間)

英語プログラムでは、英会話レッスンの前に講師から取り扱うトピックについての資料が送られてくるので、生徒はレッスンで取り扱われるトピックについてしっかりと予習しておく必要があります。

送られてくる資料には、トピック内容と日本語訳がついてくるので、初心者でも安心です。

予習にかける時間の目安は、レッスン時間と同程度とされていて、レッスンの前にトピックについて自分の意見を発表できるようにしておくことが求められます。

学習内容(アウトプット)

アウトプットの内容は以下の通り。

  • オンライン・プライベートレッスン
  • グループレッスン
  • フリートークグループレッスン、English Lounge

それぞれについてみていきましょう。

オンライン・プライベートレッスン(週2回:約1時間)

英語プログラムのオンライン・プライベートレッスンは、Skypeで行われます。

トピックは海外のニュースやハウツー記事など、ビジネスに関するものからアカデミックなものまでさまざま。

ビジネスに関するトピックの場合は生徒にとって必要なものを、アカデミックなものであれば、生徒に興味があるテーマをピックアップしてもらえます。

なお、オンライン・プライベートレッスンとグループレッスンは同じ専属ネイティブ講師が担当。

レッスンごとに講師が変わるサービスとは違い、生徒の性格やレベルを把握しながらレッスンを組み立ててくれます。

専属コンサルタントに専属ネイティブ講師…徹底しているでごんす。

グループレッスン(週1回:約1時間)

英語プログラムのグループレッスンは最大4名まで。生徒主体のグループディスカッションです。

一人ひとりが最大限アウトプットできるように、講師は進行役として生徒がたくさん英語を話せるように誘導してくれます。

トライズはビジネス英語の習得を目標にしている人が多いこともあり、グループレッスンのトピックは、マンツーマンレッスンに比べてビジネスに特化したものが多いようです。

たとえば、「A社とB社ではこの先どちらが生き残るか」、「もし〜を開業するとしたら、どこに出店するか」といった内容が取り上げられるとのこと。

なお、グループレッスンは原則的に曜日と時間が固定で振替ができませんが、1ヶ月単位であれば、スケジュールの変更に応じてくれる場合もあります。

フリートークグループレッスン、English Lounge(受け放題)

英語プログラムでは、2020年2月から1回1時間程度のフリートークグループレッスンが利用できるようになりました。

フリーレッスンは全ての教室で行われているわけではないので、開講状況や定員については各教室に確認しましょう。

また、現受講生を対象にオンラインでもZOOMによるフリーグループレッスンを提供しています。

レベルは初級、中級、上級に分けられていて、定員は5名まで。開講情報は公式ブログなどから確認できます。

またEnglish Loungeは受講生や修了生が無料で参加できるフリーグループレッスンで、こちらもオンラインで開催されることがあります。

English Loungeは受講生でなくても無料で参加できることもあるから、公式ブログやFacebookページからチェックだワン!

公式サイト:トライズ

TORAIZ(トライズ)英語プログラム体験者の口コミ、評判まとめ

トライズの英語プログラムを実際に体験した人の声をまとめてみました。

  • じっくり取り組みたかったのでやって良かった。VERSANTで40点超えは感動した。
  • 自分の英語に自信が全く持てないという人におすすめです。ナチュラルな英語をしっかり落とし込めました。
  • ネイティブ講師のレッスン回数が多いのが決め手だった。高いお金を出すだけの価値はある。
  • トライズのおかげで転職に成功できた。来年から夢に見た海外生活が始まります!
  • 程よいグループレッスンがまたいい刺激になって、モチベーションを継続できました。
  • 結果的にはやって良かったけど、その分費用も高かったなぁと(まだローンあり)。
  • 短期集中型コースを作ってほしい。

期間が長いといった不満の声も見られましたが、サービスには定評がある印象です。

ネイティブ講師とのレッスンでスピーキング強化したい人向け

トライズの英語プログラムは、専属コンサルタントに加え、ネイティブ講師からマンツーマンレッスンが受けられます。

ひと月あたりの受講料は比較的リーズナブルですが、1年間を通しての受講料は決して安くありません。

また、発音を強化したり4技能をバランス良く学習したい人は、自分で日々の学習を工夫する必要があるでしょう。

とはいえ、ネイティブとのマンツーマン英会話が週2回もできるコーチングサービスはあまりないので、スピーキングを強化したい人には最適。

気になる人は無料カウンセリングから試してみてはどうでしょうか。

公式サイト:トライズ

TORAIZ(トライズ)の料金やサービス内容はどんな感じ?評判は良いの?
トライズは、1年で英語力を確実に身につけることができると謳っているコーチング型英会話スクールです。 効果が出ない、なかなか続かないと悩む人が多い英会話スクールの中で、公式が発表している満足度97.9%、継続率91.7%という高い数字は...

TORAIZ(トライズ)の料金やサービス内容はどんな感じ?評判は良いの?

タイトルとURLをコピーしました