トライズのTOEIC® L&R TEST対策プログラムを詳しく紹介。2カ月で何点スコアアップする?レベルアップ保証があるから効果バツグンって信じていい?

イメージ画像 トライズ
スポンサーリンク

英語コーチングスクールであるトライズは、2019年6月からTOEIC対策プログラムをスタートしました。

TOEIC対策プログラムでは、2ヶ月で最大200点以上のスコアアップを達成するためのプランを提供しています。

本記事ではトライズのTOEIC対策プログラムの概要やサービス内容、体験者の声などを紹介します。

トライズTOEIC®対策プログラムの基本情報

トライズの運営元はトライオン株式会社。トライズでは、第二言語習得論の第一人者や日本トップクラスの通訳者を招いた「語学研究所」を組織し、TOEIC学習を研究しています。

TOEIC対策プログラムは、語学研究所のTOEIC研究をもとに、過去の受講生から得られたデータをミックスして作られていて、日々改良が加えられているのが特徴です。

担当コンサルタントが受講者の生活に合わせて、スキマ時間を最大限利用できる学習スケジュールを提案。

生活スタイルを大幅に変えることなく1日3時間、2ヶ月で約180時間の学習を達成できるようにサポートします。

以下、TOEIC対策プログラムの基本情報を表にまとめました。

TOEIC対策プログラムの基本情報
レッスン形態 マンツーマン
レッスン回数 1回60分、週2回
期間・料金
受講料(2カ月):230,000円
→184,546円

TOEIC® IPテスト受験料:4,800円
※割引適用価格(一括払い)
入会金:50,000円
教材費:別途実費
教材 市販教材
支払い方法 ・銀行振込
・口座引き落とし
公式 https://toraiz.jp/toeic/

(税抜き価格で表示)

なおトライズのスクール情報に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

TORAIZ(トライズ)の料金やサービス内容はどんな感じ?評判は良いの?
トライズは、1年で英語力を確実に身につけることができると謳っているコーチング型英会話スクールです。 効果が出ない、なかなか続かないと悩む人が多い英会話スクールの中で、公式が発表している満足度97.9%、継続率91.7%という高い数字は...

期間・レッスン|2カ月/週2回のオンライン・プライベートレッスンと週1回のコンサルティング(1回60分)

TOEIC対策プログラムの期間は2ヶ月間。一般的な短期コーチングスクールは3ヶ月のところが多く、やや短めです。

日本人講師によるオンライン・プライベートレッスンが週2回と、コンサルタントによる学習計画のチェックを週1回受けることができます。

オンラインレッスンは英会話レッスンではなく、学習進捗を確認し、より学習成果を上げるためのアドバイスが受けられるというもの。

TOEIC対策プログラムはオンラインで受講することも可能で、全体の40%以上がオンライン受講者となっています。

ただオンラインだと伝わりづらいこともあるので、できるなら対面でコンサルティングを受けるのがいいみたいでごんす。

プログラム内容|レッスン以外に英語力テスト

トライズのTOEIC対策プログラム内容は以下の通り。

  • 週2回の日本人講師によるオンライン・プライベートレッスン
  • 単語暗記、シャドーイング、文法
  • コンサルティング(1回)
  • 週1回のプログレスチェック
  • TOEIC®満点講師によるセミナー動画(1回)
  • 毎日の学習管理(メールサポート)
  • TOEIC® L&R IPテストなどの英語力テスト(6種類)

トライズはコーチングスクールなので、専属コンサルタントが付いてマンツーマンレッスンや英語力テスト、日々の学習管理など徹底的にサポートしてくくれます。

またサービスに不満がある場合など、1カ月間は無条件で全額返金保証の対象になるので覚えておきましょう。(詳しい学習内容に関しては後述します)

料金|受講費は2カ月で284,800円(キャンペーン割引適用価格)

TOEIC対策プログラムの料金は以下の通りです。

TOEIC対策プログラム
一括払い
(2カ月分)
受講費:230,000円
→184,546円
(月額92,273円)
その他 入会金:50,000円
TOEIC®IPテスト受験料:4,800円
教材費:別途

キャンペーン割引適用価格で表示
税抜き価格で表示

トライズと同様、2ヶ月のTOEIC対策コースがあるプレゼンスやプログリットと比較してみましょう。

プレゼンスは入会金がなく、グループレッスンで2ヶ月の受講料が141,000円〜161,000円。

レッスンなし、マンツーマンコンサルティングのみのプログリットは入会金込みで378,000円です。

トライズのTOEICコースの受講料は他社と比べると中くらいといったところ。

マンツーマンのコンサルティングとオンラインレッスンを合わせて週3回受けられることを考えると、トライズは料金とサービスのバランスが良いといえるのではないでしょうか。

現在はキャンペーン中で、10月31日までは「受講料が5万円割引」となっています。

料金はクリアかな…。

公式サイト:トライズ

トライズのTOEIC®対策プログラムの特徴

ここではトライズのTOEIC対策プログラムならではの特徴を紹介していきます。

レッスンは日本人講師

トライズのTOEIC対策プログラムでは、以下の理由で日本人講師を採用しています。

  • TOEICにコミュニケーションスキルは不要だから
  • TOEICの音声はリアルな会話より聞きやすく、ネイティブ講師と会話するメリットが少ないから
  • 日本人講師は日本人が間違いやすいポイントを熟知しているから
  • 日本語で質問できる環境がベストだから

試験対策でわからないところを講師に聞くときは日本語の方が細かく聞けますし、理解もスムーズ。

ネイティブ講師の授業は、レッスン自体がリスニングになると謳っているところもありますが、TOEICのテストで話される英語は、生のネイティブ英語より明瞭で教科書的な英語なので、専用の音声を使った方が効率的とも言えるでしょう。

トライズでスピーキング(コミュニケーション)をメインに学習できる英語プログラムでは、ネイティブ講師がレッスンを担当しています。

多くのスクールでは試験対策コースの場合は日本人講師でごんす。

入会時のレベル別にスコアアップ保証がある

トライズのTOEIC対策プログラムでは、1ヶ月以内の全額返金保証のほか、50〜200点のスコアアップ保証を受けることができます。

規定のスコアアップを達成できなかった場合、無料で1ヶ月受講を延長することが可能です。

スコアアップ保証の条件は以下の通り。

  • 規定のスコアアップ未達成
  • 受講前の過去2年以内のTOEIC L&Rスコアを提示
  • 週20時間以上の学習を達成
  • レッスンの欠席なし
  • 受講後に受けたTOEIC L&Rのテスト結果を提出

受講前TOEICスコアとスコアアップ保証について表にまとめました。

受講前TOEIC L&Rスコア スコアアップ保証
450〜495点 200点
500〜545点 100点
550〜645点 75点
650〜745点 50点

たとえば、コース受講前に提示したスコアが450点だった場合、受講後のTOEICスコアが650点に満たなければ保証の対象になります。

このような保証制度は、自社のサービスに自信があるからこそできると言えるでしょう。

TOEIC® L&R IPテストが無料で受けられる

TOEIC対策プログラムでは、TOEIC IPテストを無料で1回受験することが可能。

ただし、オンライン受験には対応していないので、希望者は会場に試験を受けに行く必要があります。

就職活動などでTOEICのスコアを利用する人は、IPテストのスコアレポートが認められない場合もあるので、公式認定証が発行されるTOEIC公開テストを改めて受験した方がいいでしょう。

TOEIC満点の講師による対策セミナーを受けられる

TOEIC対策プログラムでは、TOEIC満点の語学研究所所長による対策セミナーが受講可能。

たとえばリーディングのパート5は最後の10問ほどに難しい問題が集中しているので、分からなかったら早々に諦めて先に進む、といったスコアに直結するテクニックなどを聞くことができます。

普段のトレーニングでしっかりと英語力を底上げしつつ、テクニック面でも専門家の指導を受けることで、短期間でのスコアアップが期待できるでしょう。

なお、対策セミナーは受講期間中に一度のみとなっています。

為になるから2回くらい受けたいワン!

スピーキングなどのアウトプット学習はしない

TOEIC対策プログラムは、TOEIC L&R対策に特化したコースであり、スピーキングなどのアウトプット学習はありません。

そのため、TOEIC対策プログラムを受講しても、英語を話す力が大きく向上することは望めないでしょう。

スピーキング力を強化したい場合は、トライズの英語プログラムを受講するようにすすめられています。

ある程度TOEICコースで英語力の基礎を作り、英語プログラムに移籍する受講者も多いようです。

公式サイト:トライズ

トライズのTOEIC®対策プログラムで行う学習内容

ここではTOEIC対策プログラムで行われる学習内容と、プログラム受講期間中に実施されるテストについて紹介していきます。

トライズTOEIC対策プログラムで行われる学習内容

TOEIC対策プログラムで行われる学習内容は以下の通り。

  • 文法学習
  • 語彙力
  • 速読力
  • シャドーイング

それぞれについて詳しくみていきましょう。

なお、TOEIC対策プログラムでは受講者一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成するため、教材はオリジナルではなく、市販のものを使います。

文法学習

TOEICは高校レベルの文法をきちんと理解していれば、900点は取得できるテストと言われています。

TOEIC対策プログラムでは、初回カウンセリングで行われるレベルチェックテストで受講者の文法力を把握。

文法力が高校レベルに達するまで学習し、それ以降は他の学習に時間を使います。

十分な文法力がつき、模試を受ける中で文法の苦手分野がはっきりしてきたら、その部分を重点的に学習。

TOEIC対策プログラムでは、最小限の時間で効率的に文法を強化することを目指します。

TOEICでハイスコアを取るのに文法博士になる必要はないでごんす。

語彙力

トライズによると、語彙の数が1,000語増えると約100点のスコアアップが目指せるとのこと。

TOEIC対策プログラムは、2ヶ月のコースで2,000語以上を習得するカリキュラムとなっています。

トライズが推奨するTOEIC英単語の勉強法は以下の3つ。

  • 単語を覚えるときは英語→日本語だけ
  • 類似の単語をまとめて覚える
  • 最低でも1日100語に目を通す

TOEICでは日本語を英語に置き換える場面はないので、英→日にしぼると効率よく単語を覚えることができます。

また、TOEICでは語彙の言い換え問題が頻出なので、同じ単語でも別の言い方を覚えておくとスコアに反映されやすいのも特徴。

英単語はいかに数多く目を通したかが重要なので、1日に10単語を時間かけて覚えるよりも、100単語に目を通す方が時間効率がいいと言えるでしょう。

速読力

TOEICのリーディングで使われているワードはおよそ7,000語。

TOEIC対策プログラムでは、75分で解き終わることを想定し、まずは1分で150語(150wpm)を読めるようになることを目指します。

TOEICのリスニングがおよそ160〜170wpmと言われているので、それより少し遅めぐらいと考えると想像しやすいかもしれません。

トライズ式の速読のコツは以下の通り。

  • 問題文を先に読んで、必要な情報を意識する
  • 意味のまとまりごとに読む(チャンクリーディング)
  • 接続詞に気をつけて読む
  • 返り読みをしないで読む
  • わからない表現に時間をかけない
  • 指と目で文章を追いながら読む

早く文章を読み終われば、わからなくてとばした問題をやり直したり、回答の見直しに当てる時間に使えるので、速読はTOEIC対策に必要不可欠なスキルと言えます。

ちなみに、速読のスピードは目標とするスコアごとに違い、900点超えを狙うレベルでは200wpm程度のスピードで読む必要があるとのことです。

(参考:https://www.youtube.com/watch?v=-ugXhke_AEg)

シャドーイング

シャドーイングは英語のスピードやリズムに慣れ、発音を矯正するという目的で使われるトレーニング法です。

トライズがすすめるシャドーイングのやり方は以下の5ステップ

  • 口を動かさずリスニングに集中
  • 正確性や発音にこだわらずに自分が聞こえた通りに発声
  • 聞こえなかった部分をスクリプトでチェック
  • テキストを読みながら音声と同じ速度で発話(シンクロリーディング)
  • 音声に集中して聞こえた音を影のように追いながら発話(シャドーイング)

4つめのシンクロリーディングは、長文を素早く読むためのトレーニングとしても取り入れられることがあります。

シャドーイングはリスニングはもちろん、意味を考えながら行えば(コンテンツ・シャドーイング)、リーディングの意味理解にも役立つので、TOEIC対策プログラムの中でも重視されている学習法です。

プログラム受講期間中に実施されるテスト

TOEIC対策コースではいろいろなテストが実施されるのが特徴。どのようなテストが行われるのかを表にまとめました。

テスト内容 実施頻度
TOEIC L&R 模擬試験 計3回〜
TOEIC IPテスト 計1回
シャドーイングチェック 週3回
単語力測定テスト 2週間に1回
速読力測定テスト 2週間に1回
英文法テスト 計1回

毎日の学習報告を受けるだけでは本当に実力がついているのかわからないので、幅広い分野での進捗状況を把握するために、これらのテストが行われます。

頻繁にテストを実施することで、苦手な分野は克服できているのかを確認したり、新たな課題を発見することも可能です。

公式サイト:トライズ

トライズのTOEIC®対策プログラムの効果、実績

トライズのTOEIC対策プログラムの実績は以下の通り。

レベル 初級者 中級者 上級者
受講前 〜550点 555〜650点 655〜750点
最大
スコア
アップ
295点 225点 200点
平均
スコア
アップ
152点 130点 153点

初級者では最大300点近くスコアが上昇しているケースがあるのは驚きです。

上級者でも平均150点以上スコアアップしているので、TOEIC対策プログラムはTOEICをある程度やり込んでいる人にも効果があると言えるでしょう。

トライズのTOEIC®対策プログラム体験者の口コミ、評判まとめ

TOEIC対策プログラムを実際に体験した人の声をまとめてみました。

  • 自分でTOEIC対策をしても基礎力が上がらなかったのでやって良かったです!
  • 他社は学習時間の捻出に力を入れていた。トライズではスキマ時間の活用が身に付けられた。
  • 速読力不足など、自分の弱い部分に対して細かな分析とアドバイスをしてくれるからピンポイントで実力に繋がった気がします。
  • 2カ月で200点もスコアアップできた。トライズに賭けて良かった。
  • 試験結果を見て驚きました。希望していた会社の就職条件を無事クリアできました。
  • 英語上達の実感が湧かず、本当にこれでいいのか不安だった。
  • 英語力の上達を感じたのは修了間際。2カ月では限界があったのかなと少し残念な気持ちです。

2カ月のプログラムはあっという間。大して英語の上達を感じないまま試験を受け、結果で驚いたというパターンもあるようです。

転職などで今すぐにTOEICのスコアアップをしたい人には向いている

トライズのTOEIC対策プログラムは試験対策に特化したコースです。

アウトプットのトレーニングがないので、英語でのコミュニケーション力を伸ばしたいという人には向きません。

ただ転職や昇進試験などで、すぐにでもTOEICのスコアアップをしたいという人にはおすすめのプログラム。

無料カウンセリングでも、英語力テストで自分の課題や適切な学習法のアドバイスをもらえるので、気になる人は試してみてはどうでしょうか。

公式サイト:トライズ

TORAIZ(トライズ)の料金やサービス内容はどんな感じ?評判は良いの?
トライズは、1年で英語力を確実に身につけることができると謳っているコーチング型英会話スクールです。 効果が出ない、なかなか続かないと悩む人が多い英会話スクールの中で、公式が発表している満足度97.9%、継続率91.7%という高い数字は...

TORAIZ(トライズ)の料金やサービス内容はどんな感じ?評判は良いの?

タイトルとURLをコピーしました