英会話教室が続かない!教室選びに問題が?辞めるデメリットやレッスン形態などの見直し法について。

英会話教室が続かない人 スクール関係の役立つ情報
スポンサーリンク

英会話を習い始めたのに、結局続かなかったという人は多いでしょう。

実際に私も何か所か英会話教室に通いましたが、何年も持たずに辞めてしまった経験があります。

習い事を辞める時、続けられなかった自分を責めてしまうことがありますが、実は自分のせいでもなんでもなく、単に英会話教室選びを間違っただけのことかもしれません。

また、「ダメだ」と決めつける前にあることをやってみると、案外続くなんてことも。

本記事では英会話教室を辞めてしまう前にやってみるべきこと、それでも続かない場合の対処法などを詳しく説明します。

英会話教室が続かない人が多い原因

英会話教室が続かないという人は多いです。

中には長く続けられている人もいるのに、どうして続かなくなってしまうのでしょうか。

まずは原因を見ていきましょう。

  • レッスンだけで成果が出ると期待している
  • 忙しくてきちんと通えない
  • 周りの人に聞かれるのが恥ずかしくて発言できない
  • 周りの人のレベルについていけない
  • モチベーションが続かない
  • 経済的にきつい

以下で一つずつ説明します。

レッスンだけで成果が出ると期待している

レッスンだけで成果が出ると期待している人は、現実とのギャップを感じて続かなくなることが多いです。

もちろん全く英会話教室に通わない人と比べると英語力は確実に伸びますが、日本人が英語を習得するには、学校以外に1,000時間の学習時間が必要だと言われています。

つまり1回40分程度のレッスンを週に1~2回受けるだけでは全然足りません。それ以外に自己学習が必要なのです。

忙しくてきちんと通えない

忙しくてきちんと通えず、続けられないという人も多いです。

実際に仕事が忙しくてなかなか通えなかった私は、そのうち英会話を楽しむどころか「今月中にあと〇回受けなければ損してしまう」という焦りしかありませんでした。

仕事や子育てなどに追われて「今日は無理、明日も無理そう、今週は…」と重なると、結局お金の無駄だと思ってしまうため続きません。

周りの人に聞かれるのが恥ずかしくて発言できない

英会話教室のグループレッスンが苦手で続かないという人も多いです。

間違った英語を他の人に聞かれるのが恥ずかしい、人前で話すのが苦手という人は結局辞めるという決断を下す傾向に。

英語はインプットとアウトプットの両方が大事なので、どうしても慣れない人はレッスン形態を考え直した方が良さそうですね。

周りの人のレベルについていけない

周りのレベルについていけず、自分に自信がなくなってしまって辞めるという人もいます。

グループレッスンの場合、同じレベル同士でも「もう少しで次のレベルにいけそうな人」と「やっとこのレベルに入った人」が同じレッスンになることがあるのが難点です。

実際にレベルが高い人と同じレッスンを受けたことがありますが、知らない単語はいくつも出てくるし、先生と話すスピードも速いしで「ついていけない…」と思いました。

周りとの格差を感じると結構辛いですよね。

モチベーションが上がらない

少しずつ英語が上達しているにも関わらず、最終目標が高いだけに気が遠くなってしまって、モチベーションが上がらずに辞めたという人もいます。

たとえば海外で起業すると意気込んで始めたものの、英語は初級者レベル。一体いつになったら英語が話せるのか…と途方に暮れるパターンはよくあります。

英語の上達は目に見えて分かるものでない分、モチベーションを維持するのって結構難しいんですよね。

経済的にきつい

経済的な理由で続かないという人も中にはいます。

大手英会話教室の場合、授業料だけで月15,000円前後かかるケースが多く、そのほかに入会金や教材費が発生するケースも珍しくありません。

英会話を習うって結構お金がかかりますよね。

退会するのはまだ早い?英会話教室を辞めるデメリット

退会を決めたら手続きまでスムーズに進むことが多いですが、英会話教室を辞めるのはデメリットも多いです。

ここではどんなデメリットがあるのか説明します。

英語力が落ちる可能性が高い

今後英語に触れなくなることで、英語力が落ちる可能性が高いのがデメリットの一つ。

あの時あんなに話せていたのに…と悔やむ人は多いです。

もちろん他の英会話スクールに変えたり、独学でずっとやっていこうという場合は別ですが、英語は話さなければ忘れるもの。

再度英語を習おうとした時には、また低いレベルからスタートを切ることになるかもしれません。

退会(解約)手数料が発生し全額返金されないことが多い

英会話教室の退会手続きには手数料が発生するため、これまで支払った金額より少なくなって戻ってくることが多く、全額返金されるとは限りません。(スクールによって規定は異なります)

退会する場合、すでに行ったレッスン分を単価換算し、残った金額から手数料を引いた金額が返ってくることが多いです。

ただ月謝制の場合は、手数料がないこともあるでしょう。

再入会する場合はまた入会費等がかかる

英会話教室に入会する際、入会費や教材費、管理費などで万単位のお金を支払っている人は多いはず。

英会話教室を一度退会したら、その後再入会するとなった時にまた同じ金額がかかるのはデメリットの一つ。

結構な出費なので、そう簡単に退会を決めるのも考えものですね。(中には再入会時の費用が全くかからないスクールもありますが。)

スクールによっては再入会できない可能性もある

スクールによっては、一度退会してしまうと再入会を拒否される場合もあるので要注意。

たとえば「全額返金保証制度」があるスクールの場合、制度を使って退会した人は再入会ができないと決められていることがあります。

また一からやり直そうと思った時には遅かったなんてことがないように、退会の決断は焦らない方がいいかもしれません。

もしかしたら続けられるかも…英会話教室を辞めたいと思ったらすべきこと

辞めようと思って辞めるのは簡単ですが、一度辞めると何かとデメリットもあることが分かりましたね。

では、英会話教室を辞めたいと思った時はどうしたらいいのでしょうか。

英会話を習う目的は何かを思い返してみる

そもそも英会話を習っている目的が何なのかを思い返してみてください。

留学や就職試験に合格するということだったり、通訳になるという夢がある人など、目的は様々ですよね。

このまま英会話教室を辞めてしまったら、叶わずに終わってしまうかもしれません。

自分の目的を叶えるために、今できることは何かを考えてみましょう。

教室に通う以外にも自己学習をしてみる

確実に英語力を上げるには、英会話教室に通いながらも自己学習をすることが大事。

英会話教室に通っているだけで成果を期待することを止めて、自分でも自主学習を始めてみましょう。

自己学習でインプットできた単語やフレーズをレッスンに活かすことで、英語力が伸び自信もついてくるはずです。

【エビングハウスの忘却曲線】効率の良い英単語の覚え方。英単語を覚えるおすすめの本やアプリも紹介
英語の勉強をするうえで避けられない「英単語の暗記」。 テスト前日になって単語帳を必死で見るという人も多いではないでしょうか。 でも効率の悪い英単語の覚え方をしても、すぐに忘れてしまうし結局意味のないもの。勉強はいかに効率良く覚え...

【エビングハウスの忘却曲線】効率の良い英単語の覚え方。英単語を覚えるおすすめの本やアプリも紹介

クリアできそうな小さな目標を設定する

「海外で起業をしたい」「英語をペラペラ話したい」という大きな目標だけを見ていると、ゴールが遠すぎて諦めそうになるものです。

「まずは5W1Hを覚える」「onとinの使い分けができるようになる」といった、少し時間をかければクリアできそうな小さな目標を設定してみましょう。

英語力は日々の努力の積み重ね。実際に「気が付いたら話せるようになっていた」という英語学習者が多く、ある地点から急激に伸びたという実感がない人がほとんどのようです。

一つずつ段階的に目標をクリアしていきましょう。

英会話教室がどうしても続かない時はレッスン形態やスクール形態の見直しを

英会話教室を辞める前にやってみるべきことを試しても、それでもやっぱり続かないという人は、今のレッスン形態やスクール形態の見直しが必要です。

英会話教室では通常、入会前にカウンセリングを行い、一人一人の目的や目標に合わせたコースを勧めてくれますが、内容自体が合っていてもレッスン形態やスクール形態が違うと成果に大きく影響してしまいます。

ここでは具体的な見直しについて説明します。

自分はグループレッスンとマンツーマンどっちが合っているか

英会話教室が続かないと悩んでいる人の中には、今のレッスン形態が合っていないという場合があります。

たとえばグループレッスンに通っているけど、人前で発言するのがやっぱり苦手だと感じる場合はグループレッスン自体が不向きです。

レッスン形態をマンツーマンタイプに変えてみると、講師以外に人がいないので、無駄に緊張する必要がなくなるでしょう。

逆に英語仲間がほしいとか、他の人がいる方が勉強する気になるという人は、マンツーマンよりもグループレッスンの方が向いています。

また忙しくて時間を作れないという人、通うこと自体が億劫だと感じる人は、オンライン英会話がおすすめです。

レッスン形態を変えてみたら一気に楽しくなった、成果が出たなんて話はよくあるので、まずは自分に合ったレッスン形態は何かを検討してみるといいでしょう。

自分は長期継続型か短期集中型のどっちが合っているか

英会話学習は、人によって「長期継続型」が合っている人と「短期集中型」が合っている人に分かれます。

一般的な英会話教室の場合、8カ月~12カ月コース程度の長期プランで英語力を伸ばしていくというところが多いですが、短期集中型のスクールの場合はたった2~3カ月。

もう1年近く通っているけど全然効果を感じない、ダラダラ続けているだけでお金がもったいない気がする…なんて人は、短期集中型の方が合っているのかもしれません。

実際に、短期集中型に変えたら一気に英語力が上がったというケースは多いです。

どっちが合っているのかは人によって違うので、試してみる価値はあるでしょう。

自分は通学タイプかオンラインのどっちが合っているか

忙しくて通えないという人は、そもそも通学タイプの英会話教室ではなく、オンライン型が合っているかもしれません。

オンライン英会話の場合、24時間体制でレッスンを受けられるところも多く、深夜2時早朝5時からでもレッスンができます。

毎日受講しても月6,000円前後というところがほとんどなので、料金的にもこれまでの半額以下になる人もいるでしょう。

1回のレッスン時間は25分と英会話教室よりも短いですが、マンツーマンなのでしっかり自分の英語力を見てもらえます。

ただ料金が安い分、講師はネイティブ講師ではなくフィリピン人講師という場合も多いです。

気になる人は一度体験してみるといいでしょう。

自分に合った英会話スクールを選べば続けられる

英会話のような習い事は、成果が出ないとやる気がなくなってしまうもの。

ただすぐに辞めてしまう前に、自己額k集をしてみたり、小さな目標を設定したりと自分でも工夫してみることが大事です。

それでも続かなさそうだという場合は、そもそも今の英会話教室の種類自体が自分に合っていないかもしれません。他のタイプのスクールを体験してみると良いでしょう。

自分に合った英会話教室を選んで、英語学習を継続していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました