VOA learnig Englishは英語初心者におすすめ?使い方、学習法を詳しく紹介

VOA 英語学習 おすすめ 英語教材・アプリ

VOA learning Englishは、世界中の英語学習者のための英語学習サイト。

世界中のニュースや時事問題を題材に、英語を学ぶことができるサービスです。

海外で運営されているサイトなので、日本人向けの情報が少なく、サービス内容や利用方法について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

本記事ではVOA learning Englishの概要や利用方法、口コミなどを詳しく紹介します。

英語学習サイト VOA learning Englishとは

VOA learning Englishはアメリカ合衆国国営放送、Voice of Americaが運営する英語学習サイト。

1959年にVOAの短波放送「スペシャル・イングリッシュ」としてスタートしました。

もともとは英語を母国語としない人に向けて、簡略化された英語を使ったニュースを発信する番組でしたが、より英語教材としての色合いが強い英語学習サービスとして2014年にリニューアル。それがVOA learning Englishです。

以下、VOA learning Englishの概要を説明していきます。

3分~5分程度の短い動画が英語字幕付きで視聴できる

VOA learning Englishの動画は、どれも3〜5分程度と短いのが特徴です。

全ての動画に英語字幕がついていて、音声のみの素材でも英語のスクリプトが用意されています。

聞き取れない単語や意味がわからない単語があっても、チェックしておいて後で復習できるのがうれしいですね。

音声スピードがゆっくりでアメリカ英語が聞き取りやすい

VOA learning Englishの動画は全てのレベルを通じて音声スピードがゆっくりなので、聞き取りやすいのが特徴。

中級レベルの動画で、一般的なニュースなどの2/3程度のスピードとされています。(参照:VOA公式「about learning english」)

初級レベルでは、体感的には中級よりもゆっくりで、一つ一つの単語がはっきりと発音されているのが分かるでしょう。

また、実際に会話で使われている英語よりもスピードは遅いですが、使われている音声はクセの少ないネイティブのアメリカ英語です。

初心者でも理解できる速度で、ネイティブの発音やリズムで話される英語を学べるのがうれしいところですね。

難しい英単語が使われていない

VOA learning Englishで使われる英語は「VOA Special English Word Book」に収録されている1,500語程度に限られていて、その中にはboyやgirlといったベーシックなものも含まれています。(参考:voa news

人名などの固有名詞はリストに含まれていないので、分からないものは調べる必要がありますが、全体的な単語のレベルはかなり易しいと言えるでしょう。

ジャンルが豊富

取り上げるジャンルが豊富なのもVOA Learning Englishの特徴です。

今世界中で起きていることから、アメリカの歴史まで幅広い分野からトピックを選出。

難しいニュースや時事問題ばかりではなく、学習者のレベルに応じた学習プログラムなども用意してあり、初心者でも抵抗なくスタートすることができます。

音楽や芸術などがメインの動画もあるので、興味のあるジャンルから勉強を始めるのもいいかもしれません。

アプリやPodcastもある

VOA Learning EnglishはアプリやPodcastを使って勉強することもできます。

Podcastではジャンルごとに20種類以上のチャンネルで配信されています。(参考:https://learningenglish.voanews.com/podcasts

またVOAの公式アプリも含め、学習に便利なアプリもいくつかあるので、おすすめのものを後述します。

VOA learning Englishのレベルと主な学習方法、使い方

VOAでは、以下の3つのレベルに応じてさまざまなコンテンツが用意されています。

  • Beginning Level(初心者)
  • Intermediate Level(中級者)
  • Advanced Level(上級者)

以下、それぞれのレベルについて解説します。

初心者レベル

Beginning Levelでは、以下のコンテンツが利用できます。

  • News Words(ニュースの単語)
  • Let’s Learn English Level 1&2(英語を学ぼう レベル1&2)
  • Ask a Teacher (先生にたずねてみよう)
  • How to Pronounce(発音のしかた)
  • Talk2Us(私たちと話そう)
  • The day in Photos(その日の写真)
  • Test Your English(英語力をテストしよう)

News Wordsではニュースでよく使われる英単語をキーワードに、実際のニュースを使って単語についての説明します。

たとえば、キーワードが「Domestic」である場合、Domesticが使われている実際のニュースを流し、後半に言葉の意味や定義を解説。単語の使われ方と意味の両方を学ぶことができます。

Let’s Learn English Level 1&2は、認定を受けたアメリカ人英語講師により監修された、英語初級者向けの学習プログラムです。

日常生活を題材に、簡単な自己紹介や仕事での会話などを取り上げています。後半では講師によるプログラムの活用方法の説明も収録。

たとえば、プログラムで使われた単語を、自分で発音してスマートフォンに録音。それを聞いておかしなところがないか確認して修正する、というような具体的な学習方法なども学ぶことができます。

中級者レベル

Intermediate Level のコンテンツは次の通りです。

  • Health & Lifestyle(健康とライフスタイル)
  • Science & Technology(科学と技術)
  • Arts & culture(芸術と文化)
  • English@the movies(映画で学ぶ英語)
  • English in a minute(1分間イングリッシュ)
  • As It is(そのままに)
  • Everyday Grammar TV(毎日文法TV)
  • Learning English TV(英語学習TV)

Intermediate Levelではライフスタイルや科学、芸術や文化など、アカデミックな分野が取り上げられています。

English@the moviesではアメリカのクラシックな名作映画を題材にして、作品内で使われている英語表現をピックアップ。

前半で作品内容とターゲットとなるセリフを紹介し、中盤に正しい意味を選ばせる2択クイズが出題されます。

動画では英語圏の文化を知らないと理解できないようなセリフのニュアンスも、ゆっくりとわかりやすい英語で説明してくれるので、映画が好きな人はチェックしてみましょう。

English in a minuteでは、ネイティブが日常生活で使うようなスラングやくだけた言い回しを解説。アメリカでリアルに使われているカジュアルなフレーズを勉強することができます。

上級者レベル

Advanced Levelのコンテンツは以下の通りです。

  • Everyday Grammar(毎日文法)
  • American Stories(アメリカの物語)
  • Education(教育)
  • Words & their stories(言葉と物語)
  • U.S.History(アメリカの歴史)
  • What it takes(それがもたらしたもの)
  • News Literacy(ニュースリテラシー)
  • Let’s Teach English(英語を教えよう)

Everyday Grammarでは、まずその回で取り上げる文法事項を解説。(音声のみ、スクリプト付き)

その後、Youtubeなどからトピックに合う動画を使って解説する、という手順です。

たとえば、hangという単語を使ったPhrasal Verb(句動詞:hang up、hang on、hang outなど)がトピックの場合、それぞれが使われている動画をピックアップして、フレーズの正しい使い方を検証していきます。

最初の文法事項の解説はゆっくりですが、その後の検証で使われる動画は、ネイティブが普通のスピードで話すものなので、上級者でもやりがいのあるコンテンツと言えるでしょう。

American Storiesはアメリカの小説などの文学作品を読み上げるというもの。

読まれるスピードはゆっくりですが、大人向けの作品を取り扱っているため、内容は難しいものもあります。

コンテンツの最後には理解度をチェックするためのクイズが何問か用意されているので、リスニング学習に利用しましょう。

VOA learning Englishのアプリの種類、おすすめVOAアプリ

最近は通勤や通学中に手軽に利用できるため、アプリ版で学習する人が多いです。

ここでアプリでできることの例を挙げてみましょう。

  • スクリプトの追跡
  • 再生速度の調整
  • お気に入りの物語を保存
  • 公開されたコンテンツを検索
  • 物語を読む際に単語を検索
  • オフライン学習用にレッスンを保存

便利な機能が多いですね。

特にテキストの読んでる部分にハイライトがつくのが分かりやすいという声が多いです。

VOAのアプリにはいくつか種類がありますが、おすすめは以下の3つです。

  • VOAPod – VOAで英語を学ぶ
  • VOA ニュースで英語勉強
  • VOA News

それぞれ詳しく見ていきましょう。

VOAPod – VOAで英語を学ぶ

(画像引用:アップルストア

まずは VOAPod – VOAで英語を学ぶ(iOSAndroid)

このアプリは、アメリカ留学中に現地の先生におすすめされたという学生もいることから、ネイティブの英語教師からも高い評価を受けているようです。

中身はすべて英語ですが、読み上げのスピードはゆっくりなので初心者にも安心。

スピード調節機能がついていて、物足りないと感じたら読み上げを速くすることもできます。スピードを変えても音質にはほとんど影響がありません。

ニュースが毎日更新されるのもうれしいポイント。バックグラウンド再生ができるので、スマホで他の作業をしながら聞くこともできます。

複雑な機能がなく、シンプルで使いやすいのがVOAPodの魅力といえるでしょう。

VOA ニュースで英語勉強

(画像引用:グーグルプレイ

VOAニュースで英語勉強(iOSAndroid)も英語学習者向けのアプリ。

ダウンロードしてセッティングするときに、学習時間通知を設定することができるので、毎日規則正しく学習を続けることができます。

分からない単語をタップすれば、すぐにGoogle翻訳が開いて意味を調べることができ、調べた単語はその場でアプリに保存しておくことが可能です。

読み上げを聞くリスニングモードと学習モードに分かれていて、学習モードは以下の3つの機能が利用できます。

  • 反復学習
  • 穴埋め問題
  • シャドーイングモード

反復学習機能では、リピート機能を使って発音の練習をすることが可能。リピートの回数は2回、4回、無制限から選ぶことができます。

穴埋め問題は、音声を聞いてスクリプトの空欄を埋める問題。選択肢も表示されるのでそれほど難しくはありません。

シャドーイングモードでは自分の声をアプリ上で録音し、再生することができます。

機能が多く、初めのうちは使いづらいかもしれませんが、いろいろな学習法を試してみたい人にはおすすめです。

VOA News

(画像引用:グーグルプレイ

VOAの公式アプリがVOA News(iOSAndroid)。

他のアプリが英語学習者向けのアプリで、読み上げのスピードがゆっくりなのに対し、こちらはネイティブスピーカーがノーマルな速さで読み上げるのが特徴。

ネイティブ向けのニュースが読まれるので、TOEIC900点程度の英語上級者でも、理解することが難しいものもあるようです。

VOA公式アプリではニュースが各国ごとにまとめられていて、自分が気になる国のニュースだけをピックアップして聞くこともできます。

学習者向けの英語では物足りないという人は、こちらのアプリを試してみてはどうでしょうか。

VOA learning Englishの口コミ、レビュー

VOA learning EnglishのTwitter上の口コミを紹介します。

結構勉強に活用している人が多く、良い口コミばかりでした。

VOA learning Englishで英語を勉強してみよう

VOA learning Englishは無料で英語学習できるサイトで、アプリも出しています。

ネイティブ音声でありながら、ゆっくりとしたスピードで聞けるので、初心者でも抵抗なく学習できるのでおすすめです。

コンテンツも豊富なので、ぜひ英語学習に役立てていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました