【英語は小さい頃から?】幼児(未就学児)が英会話教室に通うメリット・デメリット。通わせても効果が出ない家庭の特徴、おすすめの英会話教室

幼児が英会話教室に通うメリットとデメリット 子供向け英語学習

未就学児でも英会話教室に通っている子は結構いますよね。

実際に私の周りでは、小学校入学前から英会話教室に習い始めたという家庭が多いです。

しかし幼児期から英会話教室に通っても、効果が感じられないという声も耳にするので、実際のところ英会話教室の効果はあるのか、効果が出ない家庭にはどんな特徴があるのかは気になるところ。

今回はそれに加えて英会話教室のメリット・デメリットや幼児におすすめの英会話教室についても詳しく説明します。

幼児(未就学児)が英会話教室に通うメリット・デメリット

幼児期から英会話教室に通わせる親は多いですが、その理由は何でしょうか。思いつくのは「英語が出来れば役に立ちそうだから」という単純な理由でしょう。

しかし実際はもっと沢山のメリットがあります。ただしその側面で、デメリットも存在するのは確かです。

ここではメリット・デメリットを見ていきましょう。

幼児が英会話教室に通うメリット

最初に幼児が英会話教室に通うメリットから紹介します。

英語に対する抵抗がなくなる

幼児期から英会話教室に通っていると、英語に対する抵抗がなくなります。

街で外国人が英語を話しているのを聞いても違和感を感じることなく、また外国人に対して物怖じすることも少ないでしょう。

逆に私たち大人の方が、相手が外国人だというだけで緊張してしまいますが、それは小さい頃からの免疫がないからなのです。

幼児期から英語を聞いている場合は、抵抗どころかむしろ身近に感じられるかもしれません。

学校の授業を楽しめるようになる

幼児期から英語を習っていると、小学校で英語が始まっても問題なく授業についていけます。

授業についていけるということは、先生が何を言っているのか分かるということ。授業が分かると自分に自信を持てますし、そんな授業を楽しめるようになります。

私の場合は小学5年生になってから英語を習いましたが、小学校1年生の時に親に連れられて英会話教室に行ったことがあるため、英語に対する抵抗はありませんでした。

しかし当時私の隣に座っていた同級生は、英語を始めて聞いたようで「何のことかさっぱり分からない」とすでに英語に対して抵抗を感じていたようです。

大人でもそうですが、一旦苦手だと思ってしまうとその科目を好きになるのは苦労しますから、最初から習っている方が気楽に授業を受け入れられるでしょう。

リスニング力が高くなり英語の感覚が身に付く

幼児期から英語に触れていると、最初は何を言っているのか全く分からなくても、自然とこのことを言っているのかもしれないという感覚が身に付きます。

それは日本語で育てる場合でも同じですよね。わざわざ言葉の意味を教えていなくても、日本語の環境に身を置いてさえいれば、子供は自然と大人が何を言っているのか分かるようになっているものです。

たとえば講師が毎回のように”Here you are.(はいどうぞ)”と言いながら何かを渡してくれるのであれば、「きっとどうぞと言っている」と理解します。

このように英語の環境に小さな頃から身をおくことで、リスニング力は高くなり、英語の感覚が自然と身に付くのです。

視野を広げられる

子供の興味は幅広いものです。

幼児期から英会話教室に通うことで、日本以外にも国が沢山あって英語でコミュニケーションがとれることや、海外文化などについても知ることができます。

たとえば幼児期に必ず通る「何で?何で?」の時期に英会話教室に通うと、海外に対しても「何で?」と思うことを沢山質問してくるでしょう。

そしてまた一つ海外に詳しくなり、さらに新しい興味分野が出てくるかもしれません。

英会話教室に通うことで子供の視野が広がる可能性があるのはメリットですね。

将来的に英語を活かした仕事に就けることも

幼児が英会話教室に通うことで、将来的に英語を活かした仕事に就けるようになるというのもメリットです。

日本は今後ますますグローバル化が進むと言われていますので、英語を活かせる仕事はさらに増えていくでしょうし、英語ができる人とできない人では、格差が広がっていく可能性すらあります。

英語ができれば将来的にグローバルに活躍できますから、子供の可能性も広がるでしょう。

余談ですが今の時点で「英語ができる人の方が年収が高い」というデータがありますから、今後はもっとその傾向が強くなることも考えられます。

いずれにしても英語のスキルを早くから身に付けるに越したことはなさそうですね。

近い年齢のお友達と楽しく学べる

幼児期から英会話教室に通えば、近い年齢のお友達に出会えます。

同じように英語を学び、歌ったりゲームをしたりして近い年齢の子たちと過ごす時間は子供にとって楽しいものでしょう。

また幼児期の子供は、周りの子供から大きな刺激をもらいます。

たとえば自分がいつも泣くような場面で平気な顔をしている子を見た後は、同じ状況になった場合でも泣かなくなったり、逆に親に甘える姿を見て真似をしたりすることもあるでしょう。

勉強以外の面でも、近い年齢の子に会うことで子供の成長に繋がるのです。

積極性が身に付くことも

幼児の英会話教室はグループレッスンが多く、歌やゲームなどで英語に慣れることをメインとしている場合が多いです。

英会話教室に通うことで徐々に集団に慣れ、周りの子に刺激されて普段は消極的だった子が積極的になるということもあります。

今まで恥ずかしがって歌を歌わなかった子が大きな声で歌うようになったり、これまで発言することがなかった子が自身を持って手を上げて発言しようとするなど、習い事で子供の成長を感じる親も多いようです。

幼児が英会話教室に通うデメリット

次に幼児が英会話教室に通うデメリットを紹介します。

費用や送り迎え、宿題など親にも負担がある

幼児期に英会話教室に通うと、親にとって費用面などの負担が出てくるのがデメリットです。

子供の習い事と言っても費用は結構かかりますし、幼児なので送り迎えは必須。

また英会話教室では、レッスンの復習を親と一緒に自宅でするケースが多いです。

「私は英語はちょっと…」と内心では思っていても、子供のためには親も一緒になってやる姿勢を見せる必要があるでしょう。

下手すると英語も日本語も中途半端に習得する可能性がある

幼児期から英語教育をすることには賛否両論の意見があります。

何故反対する人がいるのでしょうか。

反対派の専門家によると「日本語すら習得し切れていない幼児期に英語を習得させようとすると、最終的にどちらの言語も中途半端で終わってしまう恐れがある」といった見解があるようです。

専門家の言うことが真実であれば確かにそれはデメリットですし、日本語をしっかりと習得してから英語を習わせるべきなのかと考えてしまいますね。

先生や同じ教室のお友達との相性が合わないこともある

幼児期に限らないことではありますが、教室の先生や同じ教室のお友達との相性が合わないこともあるのがデメリットです。

たとえば外国人の先生に最初から抵抗を示してしまい、見た瞬間に怖いと言って泣き出してしまう子もいます。

またどうしてもちょっかいをかけてくるお友達に悩まされたり、自由過ぎる子がいてレッスンが思うように進まないといった場合は、親もこのままで良いのだろうかと考えてしまうことがあるでしょう。

その場合は子供に合った教室を探し直す方が賢明です。

どんなに評判の良い教室やカリキュラムでも、子供が楽しめないと意味がありませんからね。

遊びの延長になるだけで終わってしまうこともある

幼児コースの場合、遊びの中に英語を取り入れることがメインとなっている教室が多いので、下手すると子供にとっては「遊びに来ているだけの感覚」になってしまって、英語を習得できないことも考えられます。

親が教室に求めているレベルにもよりますが、通うと決める前に「何歳でどこまでのレベルに到達するようになるのか」各教室のカリキュラムを見せてもらうなどして、納得してから通わせるようにすることが大事です。

英会話教室によってカリキュラムは全然違います。

ある教室では5歳児の目標が「英語の挨拶を言えるようになること」「アルファベットを読めるようになること」に対し、違う教室では4歳で同じ目標だったりします。親がしっかりと把握することが大事ですね。

子供を英会話教室に通わせても効果が出ない家庭の特徴

子供を英会話教室に通わせているのに、効果を感じられないという悩みを持つ人も多いです。お金をかけて習っているのに、効果を感じないなんて悲しいですよね。

一体どうして効果を感じられないのでしょうか。

実は効果を感じない家庭には、ある特徴が共通していることが分かりました。

継続して通わせていない

英会話の場合、継続して通わせていない状態では効果は感じにくいものです。

幼児は週1回のレッスンが多いですが、正直に言うと週に1回のレッスンでは効果が出るのに1年はかかるでしょう。

効果が出ないからと言って途中で止めさせてしまうと、英語力はさらに落ちてしまいますから、英語力が付くには時間がかかるものだと覚悟して、継続させることが大事です。

またレッスン以外にも英語に触れさせたり、レッスン回数を増やすなどすればもう少し効果を感じられるでしょう。

英会話の場合は根気が必要なのです。

子供自身が英語に関心がない

子供自身が英語に関心がない場合も効果が感じられません。

人には興味のあるもの、ないものに個人差があります。

英語のアルファベットカードに興味を示す子もいれば、全く興味を示さず歌だけに反応する子もいるでしょう。

ただ子供の関心はふとしたところで火がつきますから、今は興味がなくても続けていればそのうち関心が湧くかもしれません。

無理して向き合わせようとはせず、英語を嫌いにならない程度に続けていくと良いでしょう。

教室以外で英語に触れていない

子供の記憶力は良いとは言え、英会話教室にいる間だけ英語に触れているのでは効果は感じられません。

たとえば自宅にいる間でも英語の音楽を流したり、動画を再生したり、親が英語の教材などで遊んであげることが大事です。また外出先で英語のポスターなどを見かけた時に、声に出してそれを読んであげたりするのも良いでしょう。

教室以外でも英語を身近に感じさせる工夫が幼児には欠かせません。

今の英会話教室が子供に合っていない

英語自体は好きなのに何故か効果を感じられないといった場合、英会話教室の雰囲気や講師との相性が合わない場合や、その教室のプログラムが子供に合っていない可能性が高いとが多いです。

実際に知人の子は他の教室の体験に行き、いつも以上に楽しそうな表情に親が驚いて英会話教室を変えたようです。

英会話教室によって雰囲気やプログラム、独自の教材は全く異なりますので、他の教室でも体験レッスンを受けてみて、子供が一番行きたがる英会話教室を探してみることをおすすめします。

子供は楽しいか楽しくないか顕著に表現しますので、親が子供の表情の違いを感じ取ってあげるのことが大事ですね。

幼児(未就学児)におすすめの英会話教室

幼児(未就学児)におすすめの英会話教室は以下の4つです。

シェーン子ども英会話

シェーン子ども英会話は、定員最大6名の少人数制を取っている英会話教室で、講師は全員英語を母国語とするネイティブ講師で、2才~年少コースと、年中・年長コースに分かれています。

年に2回は授業参観を行っていて、普段のレッスンの様子を保護者に自信を持って見せてくれます。

週1回40分(3才からは50分)授業で、受講費は月10,450円~14,575円と普通~やや高めですが、語学学習サービスに特化した国際規格ISO29991認証を取得するなど、第三者機関から数々の認定を受けているため、安心して通わせられる英会話教室と言えるでしょう。

子供たちはゲームや歌、講師による物語の読み聞かせなどで身近なところから英語に変換する力を養っていくカリキュラムとなっていて、口コミ評価も高いです。

子ども英会話ペッピーキッズクラブ

ペッピーキッズクラブでは、1歳・2歳、親子コースと2歳・3歳コース、4歳~6歳コースと細かなレベル分けがされています。

1歳・2歳、親子コースは、対象年齢が1歳~2歳5カ月まで、週1回35分授業で3組~8組程度の親子グループレッスンです。

2歳・3歳コースは対象年齢が2歳6か月~3歳まで、また4歳~6歳コースも同様に、週1回60分授業で7~12名程度のグループレッスンとなっています。

2歳児は親から離れると最初は当然ながら泣きますが、そのうちに慣れてお友達とレッスンを受けることが楽しくなっていくので問題ありません。

ペッピーキッズクラブのレッスンは1ユニットあたり4レッスンあり、そのうち3回は日本人講師、1回は外国人講師のレッスンとなっています。

受講費は各教室によって違いますが、たとえば東京の町田市の教室では、1歳・2歳、親子コースは月3,773円(税込)、2~6歳コースでは月7,700円(税込)です。

ペッピーキッズクラブでは1クラスあたりの定員は多いですが、1歳から英会話教室に通えて、受講費も安いのが魅力の一つとなっています。

ペッピ―キッズクラブの料金や口コミ・評判はまとめ。教材費が高すぎるとか勧誘がしつこいって本当なの?
ペッピーキッズクラブは、1歳から習える子供向け英会話スクールです。 子供が伸び伸びと英語を学べる環境にあり、2020年からの英語教育にも対応したレッスン内容になっていますが、実際の口コミや評判はどんな感じなのでしょうか。 本記事...

ペッピ―キッズクラブの料金や口コミ・評判はまとめ。教材費が高すぎるとか勧誘がしつこいって本当なの?

ベネッセの英語教室 ビースタジオ

こどもチャレンジでおなじみのベネッセの英語教室、ビースタジオでは9カ月~3歳のベビーコースと、3歳~6歳までの年少・年中・年長コースに分かれています。

べビーコースは1回40分の授業で、定員6組のグループレッスンを月2回もしくは月3回受講でき、年少・年中・年長コースは定員は6~8名のグループレッスンを週1回60分受けることが可能です。

どちらも歌や絵本、ゲームなどを通してレッスンは進みますが、日本人講師か外国人講師かを選択することができます。

日本人講師を選択した場合は、しまじろうの教材を使って「聞く・話す・読む・書く」の4点を重視し、外国人講師を選ぶとWorldwide Kidsの教材で「英語で伝えること」を重視したプログラムを受講することになります。

9カ月の赤ちゃんから英会話教室に通えるため、早い段階で英語教育を行いたいという人におすすめです。

ベネッセのBE studio(ビースタジオ)の料金、口コミ、評判まとめ。レッスンの振替はできる?
BE studio(以下、ビースタジオ)は、ベネッセが運営する子ども英会話教室です。 先生満足度は98%、レッスン満足度は97%と総合評価が高いようですが、実際の口コミや評判はどうなのでしょうか。 本記事では、ビースタジオの料金やコース...

ベネッセのBE studio(ビースタジオ)の料金、口コミ、評判まとめ。レッスンの振替はできる?

子供英会話のベルリッツ・キッズ

子供英会話のベルリッツ・キッズは、4歳~小学2年生向けコースがあります。

週1回40分授業で受講費は月13,000円(税抜き)と他に比べて高めですが、最大3名までの少人数レッスンなので一人一人の発言回数も多く、確実にコミュニケーションスキルを身に着けていくことができるでしょう。

またレッスンを英語だけで行い、日常会話の中で単語だけで伝えるのではなく、きちんと文章で話すことができるようにフォローしているのもベルリッツ・キッズのこだわりとなっています。

子ども向け英会話ベルリッツキッズの料金、サービス内容、特徴まとめ
ベルリッツは、少人数・マンツーマンに特化した英会話教室です。 大人向けの英会話レッスンでは、ビジネス英会話に強いベルリッツですが、子どもの英会話レッスンにも対応しています。 本記事では、子ども向け(キッズ)英会話ベルリッツのレッ...

子ども向け英会話ベルリッツキッズの料金、サービス内容、特徴まとめ

幼児期から英会話教室に通わせている人は多い

今回は幼児が英会話教室に通うメリット・デメリットを紹介しました。

幼児期に英語を習わせることに対して反対する意見も一部ありますが、メリットの方が多いため英会話教室に通わせたいと考えている家庭は多いです。

実際に全国の小中高生の保護者300名を対象にしたアンケートによると、約半数は英語教育を0歳~4歳までにスタートしていると回答していますし、株式会社バンダイの調査でも、10人に1人が3歳~4歳で最初に英語を学び始めたと答えています。

(参考:株式会社日本マーケティングリサーチ機構「子どもの英語教育に関する意識調査」、株式会社バンダイ「子どもの習い事に関する意識調査結果」

賛成派からすれば、全く英語ができない子に育つより、幼児期から英会話に触れて英語を身近に感じられる子に育った方が、将来的にも絶対に良いだろうと思っているのです。

ただし英会話教室に通っても効果が感じられないといった場合は、その原因が何かを考えてみましょう。

そして実際に色んな教室で体験レッスンを受けてみて、自分の子供に一番合っている教室を見つけて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました